脚と腹部の体液貯留を解消する方法:悩ましい問題

30 3月, 2019
自分たちの体をどれだけ大切に扱い、ケアを行なっているかによっても体のコンディションは変化します。体内組織などに体液などの水分が蓄積されるのも、その一つです。

体液貯留やむくみは一般的に起こる健康上の問題で、体重の増加と間違われることがありますが、体重増加とは異なる要素が原因となって起こります。

今回は、そんな脚や腹部の体液貯留を解消するのに役立つ方法をご紹介します。

 

体液貯留は病気とは見なされない症状ですが、何か病気の兆候である可能性もあります。

女性の体重の50%、そして男性の体重の60%を水分が占めていることからも分かる通り、私たちの体内が正常に機能するために水分が欠かせません。

私たちの体内に存在する様々な臓器は、体内の水分値との調和によってバランスを保っています。しかし、このシステムが正常に機能しないと過剰な水分や体液を体内に保持することになりますが、心配は無用です。

体液貯留を解消するのに役立つ方法があるので一緒に見ていきましょう。

原因

体液貯留を解消するのに役立つ重要な鍵を学ぶ前に、その原因について理解することが大切です。

体液貯留の主な原因は次の通りです:

  • 座りがちな生活習慣:身体活動によって私たちの血液循環が促進されます。特に、足と心臓をつなぐ静脈内の血液の流れば、身体活動によって促進されます。つまり正常な血液循環が欠如する場合、つまり座りがちな生活を送っていると、血液の流れが停滞して、体液貯留の原因となります。
  • 過度の塩分摂取による栄養不良
  • 心臓または腎臓の問題
  • ホルモンの変化:女性の場合、妊娠または月経が原因でホルモンの変化や乱れが起こる可能性があります。
  • 薬の摂取:薬の中には、副作用として体液貯留を引き起こすものがあります。
  • 長時間立ったり座ったりする生活
腹部のむくみ 体液貯留 解消  脚 腹部

体液貯留を解消する方法

体液貯留は主に足に起こりますが、脚や腹部などの他の部分でも発症することがよくあります。

一度現れると対処が難しいように感じるかもしれませんが、諦めてはいけません。

今回ご紹介するシンプルなアドバイスに従って、健康的な脚と腹部を維持してください。

こちらもご参照を:体液貯留を予防する方法とは?

有酸素運動

有酸素運動は減量効果のある運動として知られていますが、実は血液循環を促進する運動でもあるため、血液の流れを促進して体液貯留に効果的に働きかけると言われています。

有酸素運動は体液貯留に高い効果を発揮する方法なので、まず最初にこの運動を行うように心がけてください。

有酸素運動はLISSトレーニング、HIITトレーニング、そしてズンバなどのカーディオクラスなど、多くのオプションがあります。

こちらもお試しください:ホームカーディオ:家で行える5つの効果的なエクササイズ

タイトな服を避ける

私たちの体は自由に血液を循環させる必要があるため、タイトな服を着用すると血液の流れに悪影響を及ぼす可能性があります。

スカート、ジーンズなどのズボン、ベルト、靴下、下着など、体に過度の圧力をかけるタイトな服を着用しがちな人は、血流が妨げられるため体液貯留を発症するリスクが高まります。

健康的な食生活の維持

果物、野菜、豆類を含む健康的な食生活を維持するように心がけてください。

加工食品やナトリウムが多く含まれた食品は避け、調理する際にはできるだけ塩を使用しないようにしてください。

塩の摂取量が増えれば増えるほど、体はより多くの水分を体内に保持します。

利尿作用が期待できるパイナップルときゅうりを食生活に加えることをお勧めします。これらの食品は体液貯留を解消する効果があると言われています。

パイナップル 体液貯留 解消  脚 腹部

脚を上げたままにする

1日2回、脚を上げて体内の循環と体液の流動性を向上させましょう。

脚を上げる時には、軽いマッサージを行うとより効果が向上しますが、体液貯留が痛みを伴わない時にのみ、マッサージが効果的です。

痛みがある場合は、血行が改善されて痛みや腫れが落ち着くまで待ちましょう。

体液貯留は病気ではありませんが、何か病気を発症している兆候である可能性も否定できません。

そのため、体液貯留が起きたからといってすぐに病気だと心配する必要はありませんが、生活習慣を改善して健康な毎日を送るように心がけてください。

今回ご紹介した解消方法は、症状の緩和だけでなく体液貯留の予防策としても効果的です。