腸内フローラを改善し活性化させる4つの方法について

6 5月, 2019
腸内フローラは私達の腸にあります。主に腸では体内に栄養が吸収されます。腸は体にとって重要な働きがなされる場所で、いつも良い状態に保っていなければなりません。

細菌は危険な物質と混ざり合い体によくない働きをすることがあります。しかし体内の細菌の働きはそうであってはならず、腸内フローラと呼ばれる細菌なしでは体の消化システムはうまく機能しないのです。

腸内フローラは私達の腸にある細菌です。数は数百万もあり、体がうまく機能するように助ける働きをしています。ここではどう腸内フローラを改善させるかを紹介し、体の機能改善の助けになればと思います。

腸内フローラは私達のにあります。主に腸では体内に栄養が吸収されます。腸は体にとって重要な働きがなされる場所で、いつも良い状態に保っていなければなりません。

参照記事:オートミールの驚くべき効果とは?

1.良い衛生習慣

他にもいろいろな方法はありますが、食事は腸内フローラをを貯めるための一番良い方法です。腸内フローラを育てるために良い衛生習慣を持つことが大事で、悪い環境は腸内フローラを減らしてしまったり弱めたりしてしまいます。もし腸内フローラのバランスが悪いようであれば、衛生習慣を見直す必要があるでしょう。

腸内フローラ   改善  活性化  方法

まず食事を作る前に良く食品を洗うことが大事です。洗うことはそこまで時間かかかりませんが、これによって多くの細菌や汚れがなくなります。こうすることでいろいろな病気から私達を守ることができるのです。

またもう1つの大事な習慣は、食事を作る前と食べる前に手を洗うことです。もし汚れた手で食べ物を食べてしまうのであれば、食事前に食べ物を洗うのも無意味になってしまいます。

この習慣を幼い時から行うことが大事です。もし子供がいる家庭であれば、幼い時から食べる前に、食べ物や手を洗うことを教えることが大事です。こうすることによって良い衛生習慣を持つようになり、大人になってもこの良い習慣を続けるようになります。

2.プロバイオティクス食品を食べること

腸内フローラ   改善  活性化  方法

プロバイオティクス食品には生きた微生物群が含まれています。これらの小さな微生物群によって腸内フローラが活性化されます。また免疫システムも強くなり、病気やウィルスから体を守るようになります。以下に挙げるプロバイオティクス食品をぜひ毎日の食事に取り入れてみて下さい。

  • ケフィア。ケフィアの1番の効果は、発酵したラクトースを問題なく飲むことができる点です。通常2種類のケフィアがありますが、これがミルクケフィアと水ケフィアになります。スムージーのように飲んだり、野菜のピューレに入れたり、また切った果物にかけて食べることができます。
  • ヨーグルト。ヨーグルトを食べることも腸内フローラを増やす方法の1つです。もし自分で作れるならばナチュラルヨーグルトとなり、より体に効果的です。そのまま食べても良いですし、切ったフルーツやシリアルにかけたり、ジャムに混ぜて食べるのも良いでしょう。
  • ザワークラフト。北ヨーロッパ地方で有名な発酵させたキャベツのことです。材料はシンプルで、キャベツ、塩、そして水だけて作ります。専門店や薬局で買え、牛肉料理か鶏肉料理の添えて食べるのが一般的です。

3.ダイエットサプリメント

もし腸内フローラの調子が良くなく治療を要する場合は、食事の改善だけでは十分ではありません。このような時はダイエットサプリメントを飲むと良いでしょう。カプセル状にして飲むことで腸内フローラを改善させることができます。

しかし最初は食事のみで腸内フローラを整えるようにしてみて下さい。それでも難しいようであればダイエットサプリメントを使用するようにして下さい。サプリメントは薬局で購入でき薬剤師か専門家の意見を聞いてから買うようにすると良いでしょう。

4.全粒穀物を食べる

腸内フローラを改善するもう1つの方法は、全粒穀物を食べることです。この全粒穀物を簡単に摂取することができるのは全粒パンです。全粒パンは腹持ちもよく、体に良い効果がある食べ物です。また全粒穀物は脂肪分を一切含んでいません。

また全粒穀物に含まれる3つの成分は、形が崩れることなく体内に残るためより効果的な働きをします。この3つの成分は、小麦胚芽、胚乳、また、ふすまです。また全粒穀物はビタミンが豊富で消化活動を助ける働きもします。