脱水症にならないためのポイント:症状と予防について

22 4月, 2019
脱水症は体にとって大変危険な症状です。健康に暮らしていくためには、この症状にならないようにきちんと自己管理をする必要があります。脱水症にならないための簡単な方法として、一日を通して定期的に水を飲むという事があげられます。

水はヒトの体にとって基本的な要素です。非常に重要な成分であるのでもし充分な量が補給されないと命の危険にさらされるかもしれません。ですからスポーツを練習している間などを含め、常に脱水症にならないように注意しないとなりません。

水はヒトの体の約70パーセントを占めていますが、摂取量が不足するなどしてそのパーセンテージが崩れると、脱水の症状に陥る危険性があります。

発汗、排尿、嘔吐、下痢といったような理由で体の水分が排出されることもありますし、例えば発熱と糖尿病は特に多くの量の水分を失う原因となります。

脱水
※ 頭痛は脱水症が引き起こす副作用の一つです。

生体の機能を正常に動かすためには水が必要不可欠です。例えば栄養素を体中に運んだり、汗をかくことによって体温の調節を可能にするなどといった基本的な機能に対してものすごく大切な成分であるのです。

脱水症になりやすい人とは

脱水症になりやすい人は普段から特に注意が必要です。例えば体温調節ができにくくなった高齢者の方、まだ手のかかる年齢の小さい子供たち、そして水分を失いやすい疾患にかかっている方などがあげられます。

他にもスポーツ選手や妊娠中および授乳中の女性は特に水分補給をすることに気を配っておかないといけません。また気温が高くて暑い時には万人が予防策をとるべきです。

脱水症が引き起こす症状とは

脱水症が起こると体にわかりやすい症状が現れます。代表的な症状として以下のようなものがあげられます。

  • のどの渇き
  • 尿の色の変化
  • 疲労
  • 頭痛
  • 口の渇き
  • 目の渇き
  • 発汗の減少
  • 筋肉のけいれん
  • めまい、むかつき、嘔吐
  • 動悸
脱水症  ならないためのポイント

こういった症状を軽視すると重度の脱水症を引き起こすことになり、命を危険にさらす可能性がでてきます。中でも代表的な症状である「のどの渇き」は、体が水を必要としていることの一番わかりやすい目安になります。しかし実際には、のどが渇く前に水を飲むべきだといわれています。

また、尿の状態については普段から気を付けておかないといけない重要なポイントです。水分補給が十分であれば尿は澄んでいるはずなのですが、脱水状態になるとどす黒く濁ってきます。

汗をかくのはべたべたして気持ちが悪いものではありますが、これは体にとって重要なシステムです。運動中に汗が出なくなってきたなと感じたら、すぐに水を飲むようにしましょう。

脱水症にならないためのポイント

脱水症にならないための簡単な方法は常に水分を補給することです。特に水がおすすめで、1日の推奨摂取量は1〜2.5リットルとされています。さらに確認のためにもう一度言いますが、のどが渇いたと感じる前に水分補給することが大事です。

何かをする前、最中、そして後に水を飲むように習慣づけましょう。また暑い日には日光に過度にさらされないようにし、それができない場合は常に水分補給を怠らないように重々気をつけるようにしてください。

脱水 脱水症  ならないためのポイント
※ カフェインは水分補給に悪影響を及ぼします。

家庭でできる脱水症対策

脱水症の予防に役に立つ、簡単なレシピを2つご紹介いたしましょう。

  1. 水差しに約2リットルの水を入れ、小さじ8杯の砂糖と小さじ1杯の塩を加えてよく混ぜ合わせます。この液体を一日かけて飲み干します。
  2. 500ミリリットルの水に脱脂粉乳を大さじ2杯、適量の塩を加えます。それをよく混ぜてミルク状にし、小さじ半分の乾燥生姜パウダーを加えます。これを1日に2〜4回飲んでください。

ラッキーなことに私達は水が簡単に手に入る地域に住んでいます。普段の生活で水というものを意識することはあまりありませんが、生きていく上で不可欠な要素であり、そして感謝しながら有効に使っていくものでもあるのです。