電子タバコはタバコより健康に良い?

2 4月, 2019
昨今、蒸気の煙を吸う「電子タバコ」は徐々にタバコに取って代わりつつある新しいスタイルの喫煙法となっています。健康に良いとは言い切れませんが、従来のタバコを吸うよりもはるかに健康的であるといわれています。

多くの人が健康のために電子タバコをタバコの代替品と見なすようになってきています。しかし電子タバコが私たちの健康に与える影響については賛否両論あります。

一部の専門家によると電子タバコは健康的な習慣ではないとはいえ、やはり従来のタバコよりも有害性が低いと論じられています。しかしこれには多くの相反する意見があるというのも事実です。

電子タバコの人気について

多くの愛煙家は電子タバコのほうが従来のタバコより健康的で魅力的であることに気づき、タバコの代替品とするようになってきています。喫煙が健康に非常に害があるという事実が、電子タバコがますます普及する原因となっているのです。

電子タバコ  タバコ  健康

電子タバコの人気が高まっている理由の1つとして、タバコが禁止されているスペースでも電子タバコはOKなケースがあることがあげられます。

近年ではますます多くの人や施設がこういったタバコの代替品を受け入れてきています。しかし、その流れによって新しい論争も生まれてきています。それは果たして電子タバコが健康にいいのか、それとも従来のタバコとはなにか違った形で健康を悪化させる習慣であるのかということです。

電子タバコの蒸気を吸うのは健康に良いのか?

最近の研究では、電子タバコから出る蒸気を吸うほうがタバコの煙を吸うよりもはるかに健康的であることがわかっています。この検証を裏付けるためにスペイン国立研究協議会の科学者であるフアン・グリマルト氏とエステル・マルコ氏は、電子タバコのさまざまな構成要素を従来のタバコと比較して分析する方法を開発しました。

彼らはタバコの煙とは異なり、電子タバコにはニコチンしか含まれていないと解明しています。対してタバコの煙にはベンゼンのような発がん性が高いと考えられる汚染物質が含まれています。

タバコには多くの有害な成分が含まれているため、喫煙者はベンゼン、トルエン、エチルベンゼン、キシレン、スチレン、ニコチンなどを含む人体に有害な物質を体内に保持しています。

またロンドン大学では、電子タバコが人体に与える影響に関する調査を実際に実施しました。その結果、電子タバコは利用者にとって非常にポジティブであるという結果がでています。

具体的な研究内容はこうです。まずタバコから電子タバコの使用に切り替えた被験者たちを6か月後に分析し、発がん性物質が被験者の体から劇的に減少したことを示しました。

電子タバコに関する論争

複数の研究結果により電子タバコは従来のタバコよりも健康的であることが判明しているにも関わらず、それでもまだこの問題は論争され続けています。

例えば、これらの研究結果はタバコがどれほど有害であるかを結論付けるための決定的な証拠を欠いているという人がいます。しかしながら一方ではますます多くの団体が、電子タバコがタバコよりもずっと健康的であると認識してきているのは事実であるのです。

元喫煙者が誘惑されやすい体質であるという側面も議論の焦点となっています。電子タバコの承認前には、多くの医師は電子タバコは公共の場所で使用されるべきではないと警告していました。また電子タバコの販売を規制しないと、せっかく喫煙者が禁煙に成功してもすぐにまた誘惑されてもとどおりになる可能性があると指摘していたのです。

電子タバコは発がん性があるだろうとされる物質を含んでいませんが、ニコチンを含んでいます。ですから元喫煙者はすぐに元のようにタバコを吸う習慣に戻ってしまう可能性があります。

また電子タバコが普及することにより、新しい世代がニコチンなどの習慣性のある物質に手を出しやすくなり、それがもとでタバコを吸うようになるという可能性も不定できません。

電子タバコとタバコ

電子タバコ  タバコ  健康

電子タバコは従来の喫煙に比べて健康的な代替法ではありますが、それでもまずはこういった習慣を持たないことが最善であることには変わりありません。きちんと電子タバコについての理解を深め、若い世代にその長所と短所を伝えていかなければなりません。そして実際、電子タバコは健康的なのかと聞かれると、答えはおそらくノーと答えねばならないでしょう。

研究が重ねられた結果、電子タバコの蒸気を吸うことは健康的である、 あるいは少なくともタバコの煙を吸うよりもずっと健康的であると結論付けられています。しかし電子タバコもタバコもどちらも、特に太りすぎの人にはおすすめできません。

タバコの煙にはニコチン以外にも大量の有害物質が含まれていることを覚えておきましょう。これらの有害物質は体を蝕んでいき、健康を阻害します。その点、電子タバコにはニコチンしか含まれていないのでそれほど有害ではないと考えられているのです。