「隠れ肥満」は基礎代謝が原因:細身なのに肥満?

1 5月, 2019
多くの人は外見でその人の特徴や性格を描きますが、そのイメージは的確ではありません。体の形の他に目には見えない深刻な健康問題を抱えているのかもしれませんよ。

多くの人が「痩せている=健康」や「お腹がポッコリでてない=健康的で理想」と考えがちですが、必ずしもそうとは言えません。見た目は直接健康を表すものではありません。たとえ健康的と思われている方でも、基礎代謝が低いこともあるのです。

また、多くの方は健康的な生活を送ってると信じ、運動や定期的に健康診断などに行きません。このような行為は後々申告な結果を招くでしょう。

 

細身なのに肥満?

隠れ肥満 基礎代謝

多くの方は、この二つの要素は別々に存在し、同時に存在することは信じがたいと考えられていると思っています。細身な方は肥満ではないですが細身でいながら肥満な体質を持つ可能性は十分あるのです。

余分な体脂肪を持っているが、自分の身長や年齢に等しい「理想な体型」かもしれません。このような「隠れ肥満」を「正常体重肥満」と言うのです。

人の体脂肪率、そしてその表示された数値はどのように分別されるのかを示すのが「BMI指数」です。しかし、BMI指数は最も効果的に情報を得ることができないのです。BMI指数では「正常」と示されていても、お腹などに脂肪がたまっているかもしれません。

また、BMI指数は極めて一般的であり、幅広い体質や体型などを簡単にまとめて表示します。なので、いくつかの図面データを見比べるてより現実的な結果を得ることができます。

身長と体重だけを使った方程式では我々の健康状態を計算することはできません。他にも様々な要素が健康を影響するのです。

細身な方でも、高血圧、糖尿病や高脂血症などの病になったり、インスリン抵抗性などが乱れたりするので、一見「普通」に見える人でも様々な健康問題を抱えることもあるのです。

最も重要なんのは体脂肪率です。なぜなら上記に書いたような病気などは余分な体脂肪で始まるからです。

「隠れ肥満」:その生活とは?

隠れ肥満 基礎代謝

あなたの身近にいつも食べていても、全く体重が増えない友達や親戚はいますか?「どうやったらああなるんだろう?」や「どうして全然太らないんだろう」と思ったこともありませんか?もしかしたらこの「奇跡の基礎代謝」には裏があるのかもしれません。表では、細くて健全ですが体内や内臓に脂肪が溜まっているかもしれないのです。影に潜む脂肪、これが病気の鍵を握っているのです。

実は「隠れ肥満」は普通に体が大きい肥満な方よりはるかに危険な体質なのです。コレステロールなどの脂質異常問題は誰でもなりますし、このような問題はお腹がポッコリ出てる方のイメージが強いですが、「トリグリセリド」と言った中性脂肪が血流に大量に存在することで現象を引き起こすのです。

外見が健全でも、内面もバッチリヘルシーとは限りません。内臓脂肪は心臓や肝臓、腎臓などの周りを包む脂肪で、心臓などの機能に影響してしまうのです。

また、体型が大きくても健康をしっかり維持してる方もいます。内臓脂肪(内臓や目に見えない)が低く、皮下組織(お腹など目に見える)が多いのです。

さらに、隠れ肥満を招く要素はいくつか存在します。遺伝、ストレス、運動しない生活と栄養バランス(炭水化物でインスリンの量を増やして内臓脂肪がたまりやすくなる)が挙げられます。

脱「隠れ肥満」:目指すべき目標は?

隠れ肥満 基礎代謝

自分で「健康的」と思っていても、食生活や私生活に気を配ることは悪いことではありません。少し変化を加えることで、脂肪異常問題など無症状疾患などを避けることもできるのです。

目に見える「皮下脂肪組織」は努力して目でその結果や働きを確認することができます。ですが目には見えない内臓脂肪は変動どころか、存在が確認できないため、非常に困難なことです。ですが、血液検査などでしっかり把握することが可能です。

水分、特に水、を沢山飲むことが第一歩です。尿に溜まった脂肪を体内から押し出せます。野菜を使ったスープ、ベジブロスなどもおススメです。空腹の状態でレモンやグレープフルーツジュースを飲む事で体にデトックス効果をもたらし、脂肪が溜まりにくくなります。

また繊維は便秘などを改善し、オメガ3はストレス解消、生野菜は食欲を満足させます。糖分揚げ物や炭酸飲料も制限して健康的な生活を送りましょう。