体に影響を与える5つの悪習慣とは?

10 2月, 2019
これから紹介する5つの習慣は、体に悪い影響を与えるので出来るだけ避けるべきです。

あなたが知らないうちにやっている悪習慣によって、実はあなたの生活に影響を及ぼしたり、体にも修復不可能なダメージを与えているかもしれません。

自分自身の行いによって、知らないうちに自分の健康を害していることは多々あります。私たちの良い、または悪い行動が、私たち自身に大きな影響を与えるのです。

人間には無限の可能性があります。私達は情報を理解、調査、そして探求する心を持っています。さらに、物事の原因を追求し、または問題を防ぐこともでき、逆に物事が起こるように調整すらできるのです。

また現代医学の発達で開発された素晴らしい薬があるからといって、毎日私たちの体を傷つける行いを許すのは間違いです。私達の小さな悪習慣により、私達の体はゆっくり確実に蝕ばまれていくのです。

体への5つの悪習慣

論理的に、なぜこのようなことを行うのでしょうか?答えはたくさんあります。体に悪影響を及ぼす習慣は、ただ快楽を得る為に行われているところがあります。

または、生活の中で都合が良いので、そして慰めのために行う人もいます。もちろん体に悪影響を及ぼすことを知らずに行ってしまうというケースもあります。

これから紹介する5つの習慣は、体に悪い影響を与えるので出来るだけ避けるべきです。

1.十分な休息を取らない

日常生活の中で受けた刺激や誘惑、また与えられた責任は、時に休息不足を引き起こしてしまいます。これは単に睡眠のことを話しているわけではありません。もっと基礎的な意味を持っているのです。

携帯電話やテレビ、またはパソコンを見ずに、ベッドに入ったのはいつですか?1日の出来事をゆっくり考える為に、静かにリラックスした時間はいつですか?このような行動はとても大切です。静寂は、時に心を満足させ、落ち着かせる効果を持っているのです。

しかし、私達は遅くまで働いたり、家に閉じこもって非活動的になるなど、こういった間違った習慣も持ち合わせています。

仕事についてはどんなケースでも解決策はあるので、未来のことをあまり心配しすぎないようにしてください。

悪習慣 健康

2.座りっぱなしの生活

多くの人は、体を動かさないことに危険性を感じています。しかし、生活習慣を変えたくない人もいるのは確かなことです。

エクササイズ不足の1番の問題は、新陳代謝を遅く、筋肉や骨を弱くして重要なホルモンの生成量が減少することです。これが続くと心臓病になる危険性が増加します。どうして30分歩く時間をとることをためらうのでしょうか?

また毎日の食事も大きな問題です。忙しい現代社会により、健康的な食材を買う時間もなく、また食事を作る時間さえない状態です。

そして私達の多くはファストフードに依存してしまいます。私達の健康と幸せを、利便性に交換しているようなものです。

3.制限

自分の体を管理することはとても良いことです。目的達成のため満足感を得ることができ、物事への動機付けにもなります。

しかし、甘いもの、アルコール、また不健康な食べ物を過度にとってはいけません。限界を知り、悪影響にならない程度で止めることが重要です。

悪習慣 健康

4.細かいケア

体のバランスや健康を維持するためには、悪い習慣を一時的に我慢するだけではなく、完全に断ち切ってしまうのが一番です。例えば、歯の健康を保つ為には毎日歯を磨かなくてはなりません。また、定期的に歯科に行き、定期検診をすることで、歯の健康をよく保つことができます。

さらに、毎日ストレスにさらされている目も労わるべきです。最近増えている、コンピュータービジョン症候群といった病気も予防しましょう。

また、皮膚や髪の毛、爪といた細部に至るまで、健康に気を使うべきです。痛みがあるときや、何か問題が起きた時に初めて、体を労わるようなことがないようにしっかり管理しましょう。

5.貧素な食事

車の製造会社が推奨しているガソリンを使わず、安いガソリンを使ったら車は長く走ることができるでしょうか?危険だと思いませんか?

悪習慣 健康

車だけでなく、自分の体も労わってあげましょう。毎日不健康な食事をする、朝食や他の時間の食事を抜く、また夜食を摂ることは生活の質を下げてしまいます。

食事を遅い時間に食べたり、たくさん食べ過ぎることもよくありません。体が食べ物の消化に時間を取り、休むことができず、体の機能が止まってしまいます。

このように、実は私達が認識している以上に、悪い習慣はたくさん存在します。自分自身が自分を管理し、体が必要としている習慣を持つようにしてください。体をよく管理すればするほど、すぐに、体の良い変化や、気分の向上を感じられるでしょう。