ドライナッツを食べることの驚きのメリット

12 3月, 2019
アーモンド、カシューナッツ、ヘーゼルナッツ、ピーナッツ、ピスタチオ、またはパインナッツの中から好きなものを選び食事に加えましょう。

ドライナッツは水分量が50%以下の硬い殻に覆われたナッツのことです。

ドライナッツに含まれているエネルギー量は非常に高く、多くのタンパク質、脂質が含まれています。ビタミンB群もまた含まれていることが多いです。そして中には数少ないリンを含んだ食べ物の一つであるものもあります。

ドライナッツを食べるメリット

・ドライナッツはビタミンBやビタミンE、銅、鉄分、リン、カリウム、セレンが含まれているためガンになるのを防ぐ効果が期待できます。

食物繊維が豊富なため、便秘や腸の病気の発症を防ぐ効果が期待できます。

高カロリーであり、1キロあたり約5000キロカロリーが含まれています。

ドライナッツ

葉酸やアミノ酸(リシン)が含まれており、血管の病気を防ぐ効果が期待できます。

・カルシウムを多く含むため、骨を強くしたり、成長を促す働きをしたり、または骨粗しょう症の予防にもなります。

・リノール酸やオレイン酸の働きによって血液循環の改善や心臓の健康状態、コレステロール値を改善できます。

更年期に悩まされる女性にとっても理想的な食べ物で、フェトエストロゲンを多く含むため、症状を抑えることができ、特にホットフラッシュを防ぐことが期待されます。

貧血を持った人にとっては、鉄分を含むドライナッツはとても有益なものになります。

・精子の動きを活発化させる亜鉛とセレンを多く含むため、男性の生殖能力向上が期待できます。

・ヘーゼルナッツに含まれる微量元素は動脈硬化症のリスクを下げる働きをします。

・オメガ3が含まれているため関節炎に悩む人にとって有益なものとなります。

・ドライナッツを20日以上食べ続けることで、悪玉コレステロール値を下げることが期待されます。

医者の診断

神経系に対して鎮静作用があります。特に潰瘍を患った人に対し有用なものとなります。

ドライナッツを扱う上で考慮すべきポイント

・ドライナッツは適した容器に入れ、乾燥し、しっかりと換気された場所で保管しましょう。

・アーモンドかクルミを食べる際は、十分に熟しているか確認しましょう。もし十分に熟していない場合は有害物質を含んでいる恐れがあります。

・ナッツ類に対しアレルギーを持った人が多いです。食べるときは必ずアレルギー反応が出ないことを確認してください。

ドライナッツを食べることは、高血圧肥満、ダイエット中、またはアレルギーを持った人に対しては推奨できません。

・ローストされたドライナッツは成分が失われている可能性があります。そのため生のものを食べるか、10分水に浸しておいたものを食べる方が望ましいです。

その他の考慮すべきポイント

塩味のついたドライナッツは食べないようにしましょう。塩分は腎臓に負担をかけてしまう過度な飲酒を助長してしまう恐れがあります。

また、高血圧症の人たちにとってナッツ類は深刻な結果を招く恐れがあります。ナッツ類は脂肪を硬化させる働きがあり、身体組織に蓄積し水分を含んでいきます。これはセルライトの原因となります。

ドライナッツは1日置きに食べることをおすすめします。調理された栗を6つか一掴みのヘーゼルナッツがいいでしょう。

・新鮮なチーズ、豆類、シリアルなどと一緒にサラダとして食べるのはもちろんですが、朝食間食、メインディッシュの一部としても食べることができます。

ドライナッツ メリット

高いパフォーマンスを必要とするアスリートやよく動く子どもたちに、また頭を使った仕事をする人にもうってつけの食べ物です。有機リン酸塩が含まれており、リンは脳代謝を促すために特に重要な要素となるためです。

上記のように、ドライナッツにはいくつものメリットがありますが、いつ、どのように食べるべきなのかもしっかりと考えるようにしましょう。