休息の重要性について知っておこう

13 12月, 2019
多くの運動選手は、少なくとも1週間に1日の休息を取ります。特に大きな大会などの後は必ずそうするはずです。

休息は運動と同じように、またそれ以上に大事なことです。休息なしには、運動したことも無駄になるだけでなく逆効果になります。休息と回復の時間はいつも優先されるべきことです。

運動選手にとって、限界を超えての練習や、挑戦はもちろん大切ですが、休むことも重要です。多くの運動選手が休息の重要性を過小評価したり、忘れてしまいがちなのです。そして疲れを引き起こすようになり、結果が出なかったり、怪我をすることもあるでしょう。

多くの人が休息の重要性を理解できないといいます。しかし実際、休むことも運動の一部なのです。これが言葉本来の意味なのです。

運動の1セットの間に休憩を入れる、1セッションと次の間に休憩を入れましょう。また朝と夜の間、また1週間に数日休む、といった流れが理想です。

アマチュアの運動選手は、週に2日は練習なしで休むということが一般的に推奨されています。実は週に3日の方がもっと良いです。専門性の高いまたプロの選手は様々な休み方があります。またトレーナーはそれぞれの日に違う筋肉を鍛えるように、強度の違う補足的な練習メニューを提供してくれるでしょう。

どの部分で休息が重要なのか?

筋肉の回復

運動するとき、有酸素、または無酸素運動であれ、あなたは限界を超えながら体を動かすことがあると思います。それゆえ、激しい運動を行ったならばある程度の時間、体が通常の状態に戻る、またはリセットされる時間が必要です。

この休息の時間、体では重要な働きが起こっています。その中の一つが、グリコーゲンが通常の数まで再生される事です。これは筋肉が燃料を必要とした時にブドウ糖へ作り変えられる物質です。

筋肉の成長

ボディビルディングの時、棒や重い機具を使った運動は返って筋肉の繊維や組織を壊してしまう可能性があります。その後、運動をしない間、消費したプロテインを使って組織が再生されます。これが筋肉の成長につながります。休息というのはジムに行かない、ということだけではありません。十分は睡眠をとることも大事な休息です。夜の時間に体の再生作業が多く行われるからです。

精神の休息

いくらスポーツに熱心に取り組んでいても、必ず休息に時間が必要になります。重度なトレーニングや競技の時は特にそうですし、今までの頑張りに耐えるように精神が緊張してしまうものです。

しかしこの緊張に毎日耐えることは不可能です。精神、心を落ち着かせ、正しく休ませなかった場合、やる気が低下し、物事が上手く行かなくなり、目標の達成もできなくなります。燃え尽きてしまうことは仕事だけではなく、同じようにスポーツでも起こり得ることです。

休息を取らないことの結果

多くの運動選手が、1日、またはそれ以上休息をとった後に、活動能力の低下を感じているそうです。しかし、このことについて決定的な証拠があるわけではありません。実際は正反対なので、2週間以上の休息をとった場合に活動能力は低下すると言われています。

多くの運動選手は、少なくとも1週間に1日の休息を取ります。特に大きな大会などの後は必ずそうするはずです。

世界の有名な運動選手は休息の価値をわかっています。では、なぜ私たちはそれに従わないのでしょうか?彼らは競技前には最高の体の準備をし、最高の医師またコーチを持ち、また何よりも誰よりも大きなプレッシャーの中で戦っています。こういった選手の良い例に従わない人達は損をしていますよね。

また、十分な休息を足らないとどうなってしまうのでしょうか?

怪我

多くの痙攣、拘縮、また原線維の亀裂は、運動のしすぎから起きます。1、2日の休息を取らず、運動選手は怪我により、2、3週間の休暇を取らなくてはならなくなるでしょう。

さらに、スポーツの練習で休息を取らないとストレスによる怪我も起こしかねます。関節や骨が継続的に緊張状態で動かされ、また衝撃が加えられ、裂けてしまったり、折れてしまったりします。

倦怠期、目標の未達成

前にも述べたように、休息は激しい運動の後、体の変化を受け入れるために必要な時間だと述べました。これらの休息時間を取らないと運動選手は活動能力が低下してしまいます。

そして心配や落胆、生産性の現象、疲労が蓄積し、しれが加速すると倦怠期に陥ります。これは運動計画の失敗と、過度の運動で怪我を引き起こします。運動選手はこういった失敗をすべきではありません。

次回、休息を取る時はあなたの体のバッテリーを充電することに専念しましょう。休息の時にすると良いのは、バランスのとれた食事を取ることです。それと一緒に肉体を酷使することのない娯楽を楽しんで、心も休ませてください。