ストレッチの重要性について

10 2月, 2019
怪我を避けるためにも、エクササイズ前には準備が必要です。またエクササイズの後にも体を元の状態に戻すため、筋肉をリラックスさせるようにしましょう。

運動をするときに、時々私達は大事なことを忘れてしまいます。それはストレッチです。実はエクササイズをすることと同じくらい大切なことなのです。今回はストレッチについて正しく理解するために、ストレッチの重要性について話していきたいと思います。

ストレッチの重要性とは?

エクササイズは健康的というのは事実ですが、エクササイズをすると体が普通の状態で無くなります。そのため、このエクササイズをする時、体はいつも普通の状態に戻ろうとする働きが起こるのです。

ストレッチのメリットには次のようなものが挙げられます。

エクササイズ後にストレッチをしないと、筋肉が受けた負荷から回復できません。怪我を起こしやすくなり、重度の怪我のリスクも高まります。これには慢性的な怪我、腱鞘炎のような症状も含まれます。

このように、ストレッチの重要性を知れば、きっとあなたはストレッチを始めるでしょう。

 

さらに運動後ストレッチをすると、全体的な運動の質も上げてくれます。ストレッチによって早く回復した筋肉は新たに力が蓄えられて、次の運動をすぐ始めることができます。

正しいストレッチとは?

運動前にストレッチをする人が多いと思いますが、どのようにストレッチをすれば良いでしょうか?

  • 十分な時間を投資する。全ての筋肉のストレッチをするようにして下さい。そのためには、やはり十分な時間が必要です。10分程度を目安に行いましょう。ストレッチの時間を最優先にして、正しく十分行うようにして下さい。
 ストレッチの重要性

  • 正しい姿勢で行う。ストレッチは、静止状態や、急に激しく動いたりせず、正しい姿勢や体勢で行うようにして下さい。
  • 下半身から行う。血液の流れを刺激し、全体ができるように、ストレッチは足から始めて、頭で終わるようにして下さい。足の後ろの腱、四頭筋、腹部、首、また腕も忘れないようにして下さい。
  • 呼吸とリラックス。呼吸はストレッチの時の大事な鍵になります。ある動きの最後に息を吸い、またストレッチを始めるため息を吐きます。目を閉じ、リラックスして、集中して、何回か深く呼吸します。
  • 筋肉を引っ張る。ストレッチは簡単な運動ではありません。ストレッチしている筋肉は、何か力を感じますが、痛みは感じてはいけません。もし痛みを感じるならば、ストレッチの仕方を間違っていると思います。
  • 各ストレッチは、30秒で行う。
  • 筋肉が痛む時は、引っ張りすぎている可能性があります。運動を辞めて、痛む箇所をマッサージして下さい。そのままゆっくりストレッチを再開して下さい。

ストレッチの重要性もありますが、ストレッチをしない方が良い状況もあります。

  • 骨にひびがあり、また怪我をしている時。
  • 関節炎がある時。
  • 骨関節炎など骨に関する異常がある時
  • 痛みがある時。この時は何か異常がある時なので、病院診てもらいましょう。どういう症状で、どう治せば良いかアドバイスをもらってください。

運動による怪我や病気を防ぐことを考えると、運動後のストレッチがどれほど重要かわかったと思います。ストレッチの仕方がわからないようであれば、ジムのトレーナーにも質問してみるのも良いと思います。