エネルギーとバイタリティを高めるためのヒント

8 4月, 2019
だるく感じたり、エネルギーがない状態は日々の生活の問題となります。体のだるさや疲労により何も楽しむことができなくなってしまうこともあるのです。

バイタリティとは活動的でエネルギーの溢れた状態のことです。日々の活動をエネルギッシュに行うためにバイタリティは重要です。

今回の記事ではエネルギーを高めることのできる日々の習慣のシンプルな改善点をまとめていきましょう。

生産性に富み、健康的で幸福な生活をする鍵はバイタリティを保つことです。そのために4つの異なるエネルギーレベルがあることを押さえておきましょう。

フィジカル:これは体力についてです。これはエネルギーをベストな状態に保つために非常に重要です。フィジカルエネルギーはエクササイズヘルシーな食事を通して得ることができます。

エモーショナル:これは感情、考え、そして振る舞いについてです。良いエモーショナルエネルギーを得るためには感情のコントロールの仕方を覚え、良い人間関係を持ち、楽観的な考えができるようにすることです。

メンタル:毎日遭遇する問題に向き合うには良いメンタルエネルギーを持っていることが大事になってきます。そのため、家族と友達、そして仕事のバランスを保つことが不可欠です。

スピリチュアル:これは手にすることができないものと向き合うことです。もし自分の人生のあり方を受け入れることができ、長所を理解できた時には、多くのスピリチュアルエネルギーを得ることができるでしょう。

バイタリティ 笑顔の女性 バイタリティ エネルギー ヒント

では、エネルギーレベルを保つためのヒントを見ていきましょう。

睡眠

常に元気でいるためには夜に良い睡眠をとることが重要です。多くの人が睡眠トラブルを抱えています。そのため遅い時間のエクササイズは避けることが推奨されます。

夕食時や就寝前の時間はどんな運動も行わないようにしましょう。

また、紅茶やコーヒーのようなカフェインの入ったものやアルコールは、特に夜には飲まないことをおすすめします。これらは体を刺激し、数時間の間眠気を飛ばしてしまいます。

睡眠をとる女性 バイタリティ エネルギー ヒント

加えて、外からの光が部屋に差し込まないか確認しましょう。本やテレビ、コンピューターで忙しい精神状態にならないようにします。また、ストレスを忘れリラックスするためのひとつの方法としてベッドに入る前に温かいシャワーを浴びるというのもいいです。

エネルギッシュでいるために、標準的な血糖値を日中に維持することはとても大切です。1日を通して変動を抑えるために、十分なタンパク質を食事で摂ったり、ナッツ類やフルーツを間食で食べるようにしましょう。

またオートミールや全粒粉のパン、野菜、豆類などに含まれる複合炭水化物も良いです。これらの食べ物は完璧なエネルギー源であり、ゆっくりと血流に放たれていきます。

さらには、この栄養素は絶えず栄養を体に与え続けるため、ジャンクフードを食べてしまうことからも遠ざけてくれます。

一方で、精製糖を多く含む食べ物は避けなければいけません。エネルギーを素早く高めることができますが、短い間のみであり、結果として低血糖を招いてしまいます。

エネルギーを与える栄養素

体は食べたものをエネルギーに変えるため広い範囲のビタミンとミネラルを必要とします。ビタミンB群はエネルギー生成のための基本となります。

ビタミンCもまた重要な栄養素のひとつです。ビタミンCは脂肪酸を体の力に変える細胞に運搬する役割を担うカルニチンの生成に不可欠という研究もあります。

鉄分もエネルギーレベルを保つのに必要です。鉄分は酸素を細胞に運搬する役割を担います。

エネルギーを高めるためのエクササイズ

エクササイズは不可欠です。しかし、ものすごい量の運動をする必要があるわけではありません。ウォーキング、サイクリング、またはスイミングなど1日30分間のワークアウトでも多くのエネルギーを得ることができます。

エクササイズをすることでストレスは減り、血液循環は改善、酸素や栄養素を体全体に運ぶことができます。さらに気分や睡眠の改善、骨の保護、そして筋肉を鍛えることができます。

脱水状態にならない

食事で水分が不足すると、体内機能が脱水症状を起こすとともに眠気を誘発します。日中に多くの水を飲むことは大切です。また他の飲み物でも水分摂取することができます。

もし睡眠を改善したいと考えているなら、カフェインの摂りすぎは控えることを覚えておきましょう。

フルーツや野菜も多くの水分を含んでいます。また言うまでもなく、これらには体のためになる栄養素も含まれています。