早く寝るべき5つの理由

11 4月, 2019
適した時間に、適した状態で休むことは健康と日々のパフォーマンスに大きな影響を及ぼします。特にスポーツをしているのであればなおさらでしょう。

多忙な生活を送ることに慣れてしまい、8時間の睡眠をとることは目標を遠ざけているように感じる人もいるのではないでしょうか。しかし専門家は、毎晩数時間の睡眠しか取らないことにより健康上のリスクがあると警鐘を鳴らしています。本記事では、早く寝るべき理由と、休息の時間の大切さについて解説していきます。

 

早く寝るべき理由

早く寝て、質の良い睡眠を維持すべき理由はいくつもあります。人間の体は肉体的にも精神的にも健康でいるためにリラックスする時間が必要なのです。では、毎晩質の高い8時間の睡眠をとることで得られる主なメリットを紹介していきましょう。

1.抗酸化作用

夜に良い睡眠をとることはフリーラジカルに対抗したり、細胞損傷を防ぐことにつながります。またこれは認知症や冠状疾患などの多くの変性疾患を防ぐための基礎となります。

睡眠をとる女性 早く寝るべき理由

十分な量の睡眠により、老化現象を遅らせることができます。また肌の表面、骨、そして筋肉の抵抗力を改善することができます。

2.肉体的、心理的な消耗に対抗するための体のバランス

早く寝ることにより、肉体的、思考的、そして感情的な消耗を処理しやすい体になることができます。一方で、睡眠障害患者は憂鬱感、不安感、ストレス、怒りをより感じやすくなります。

こういったことからも質の高い睡眠は多くの肉体的や心理的な病気から身を守ることにつながります。さらには、絶えず疲れた状態でいることを回避することは、エネルギーレベルや気持ちの改善のためにも重要なことです。良い睡眠がとれれば、新陳代謝や仕事のパフォーマンス、または個人としてのパフォーマンスの向上といったことにもつながります。

3.健康的な体重の維持

睡眠が不足している人は肥満傾向にあることが多いです。そのため、健康的な体重を維持することは早く寝て睡眠時間を確保すべきひとつの理由です。また体重過剰は糖尿病や高血圧、その他の心血管疾患などさまざまな病気のリスク要因になります。

4.よく寝ることで耐久力を改善できる

人は日々の仕事の責任を果たすために高レベルのストレスに身を置いています。かといって私生活を軽視することはできません。一般的には平日は遅くまで起きていて、朝は早く起き1日をはじめる人が多いのではないでしょうか。

一見シンプルな日々のルーティーンのようですが、これは幸福な生活に対し厄介なリスクをはらんでいます。適切な休息をとらない人は、メンテナンスを行わない機械のようなものです。遅かれ早かれ、十分な睡眠をとれていない、もしくは良い睡眠がとれていない人は当然壊れてしまうでしょうし、そこから得るものはありません。

新しい1日、仕事、挑戦、そして新たに生まれる感情へ向かうための準備に体を回復させる必要があります。睡眠は直接、細胞内代謝や免疫システムに影響するのです。そのため良い睡眠をとれている人は痛みに強く、そして病気になることもあまりありません。

5.よく寝ることでアルツハイマー病のリスクを軽減できる

最近の研究ではアルツハイマー病は1日に5時間以下の睡眠しかとらない人に多いということが証明されています。アルツハイマー病は6時間から8時間の睡眠時間の人にも見られますが、同時に睡眠障害を抱えています。

もし早く寝るべきか悩んでいるのであれば、脳を守り、アルツハイマー病を防ぐために必要なことであるということは考慮すべき重要な要素でしょう。

早く寝て良い睡眠をとるためのチップス

習慣を変えること、そして生活の質を改善することは一般的に自身の選択次第です。もしより良い質の睡眠をとりたいと考えるのであれば、シンプルに毎日そうなるように気持ちを向けることが必要です。

以下のガイドラインとチップスを参考に、睡眠の質を改善してみましょう。

睡眠障害に詳しい医者に診てもらうことも重要なことです。自然素材や薬を用いた処方を提案してもらうことで、ストレスを軽減できより良い睡眠をとれることにつながるでしょう。