悪い食習慣を正そう!改善のためのステップについて

19 4月, 2019
食事療法は長期的な結果に結びつけるためのベストな方法とは言えません。しかし、食習慣の改善は結果はすぐに現れないにしても、長く効果を期待できる選択肢です。

年初めや誕生日の後に「体重を落とす」という目標を立てる人も多いのではないでしょうか。多くの人が食事制限だけがそれを可能にする唯一の手段と考え、選択しています。しかし食事制限は苦痛を伴い、食習慣の改善といった点でも決していいステップであるとは言えません。

ファドダイエットの代わりに食習慣を改善する

ファドダイエットをせずに食習慣の改善を求めるのであれば、結果はゆっくり現れますが、それほど努力も必要ありません。さらにはこの結果も長い時間続くでしょう。また典型的な食事制限はリバウンドを招くことも多いです。食べるべきでないものを口にしてしまうとすぐに落とした体重が元に戻ってしまうのです。

食習慣   改善  ステップ ダイエット

よくある問題は、まるでファーストフードを頼むかのごとく、すぐに結果を求めてしまうことです。しかしファドダイエットで得られる結果は一時的なものであり、ただの見せかけにすぎません。確かに体を細くできるでしょう。しかしその代償は何なのか、ほんの一時、体を細くするために何を諦めないといけないのか考えたことはあるでしょうか。その多くは健康面に現れます。

食習慣を改善するチップス

体重を落としたいと望んだり、または消化器官や腸、肝臓の病気を治したいと考えている人もいるでしょう。食習慣を改善することで、体全体がよりよく機能しだすことを感じることができます。体重が落ちるのみならず、腹部の違和感を止めることにもつながります。さらにはよりエネルギッシュになることで、病気にかかることも減り、肌も綺麗になるでしょう。

1.新しくヘルシーな食習慣をつくる

食事制限とは名前の通り、食べる量、または食べていいものの種類を減らすことです。一方でヘルシーな食習慣では、基本的に度を越した量でない限り何でも食べることができます。

何年にも渡り口にしてきたジャンクフードやアルコールといった体に有害なものに立ち向かうのは簡単ではありません。これらは一夜にして絶つことができるものではないのです。

食習慣を改善する上ですべきは新しいものを追加することです。例えば、朝にスムージーを飲むようにしたり、パンは全粒粉のパンに変えることもいいでしょう。コーヒーを飲むときはいつもより小さいコップにする、食事の時間を早めるなどもいいです。

2.少しずつ改善していく

これは競争でも、スピードテストでもありません。変化はゆっくり、静かに行い、徹底的に行うものではありません。脳を気持ちよくするカフェインの入ったコーヒーを飲むことを突然やめれば、当然欠乏により苦しむことになります。

一般的に突然の変化によって長期的な結果を求めることは難しいです。苦痛の時間を過ごした挙句、まだきちんとスタートもしていないにもかかわらずやめてしまうことになることが多いのです。食習慣の改善はマラソンのようなものです。持久力とゆっくり進むことが重要なのです。100メートル走ではありません。

食習慣改善ステップ 食習慣   改善  ステップ ダイエット

3.惨めな思いをしない

食事療法において問題となることのひとつがプロセスを楽しめないことです。肥満やコレステロール、腹部の違和感などが原因で食べることをやめることを要求されます。また、楽しむことができないと、ついやめる理由を探してしまいます。

食習慣の改善ではこの点においても快適に感じることができます。揚げ物を食べたいと思いながらしかたなくサラダを食べることはありません。量は減らしながらも揚げ物を食べることができます。そしてそれを他のヘルシーメニューで補足するようにします。

4.選択肢がないと感じない

栄養面での改善を考えるのに適した時期は、太りすぎる前、または高血圧になる前です。そうすることで義務として捉えることにならずにすみます。多くの人が医者に診てもらった後や健康診断の結果が優れなかったときに食事制限を試みます。しかし多くの場合、初めての試みで諦めてしまいます。

食習慣の改善をするためには、自分自身が体にいいことだと納得する必要があります。学習したり、情報を集めたり、または健康な食事をとる人の話を聞いたりすることで、生活に健康的な習慣をスムーズに取り込めるようになるでしょう。