サウナに入ることの6つのメリット

4 4月, 2019
サウナに行くと日常のストレスから解放され、体が休まり、有意義な時間を過ごすことができます。現代人にとってはリラックスするということが難しく、なかなか実現できない課題となっています。

今日では都会から田舎まであらゆる場所でスパやサウナを見つけることができます。サウナは昔から健康に良くて気軽に楽しめることから、多くの人に親しまれてきました。ここではそんなサウナに入ることで得られるメリットについてまとめていきますのでどうぞご覧ください。

 

サウナのメリット

映画なんかではちょっと太った男性同士のビジネスミーティングにサウナが使われたりする場面があります。実際はカップルで出かけたり、友人と会うための場所にも使われたりします。

サウナは肉体にも精神にも効くといわれています。ただし利用前にはサウナに入ってもよいかどうか、まず医師に相談するようにしましょう。

サウナがもたらしてくれる主な効能は以下の通りです。

1.血圧を安定させ血行を促進

サウナで皮膚が温まり始めると心臓が活発に動き、全身の血のめぐりが良くなります。循環がスムーズになり、体から毒素を排出するのを促します。心臓に疾患のある場合は長居しないように気を付けましょう。

サウナ

2.殺菌作用

昔から人々は細菌から身を守るために水と蒸気を使っていました。多くの微生物は高温では生存できないため、ロシアやフィンランドでは出産をサウナで行っていたともいわれています。

もし風邪や軽度の感染症にかかっている場合は躊躇しないでサウナを利用すると良いでしょう。サウナを出た後、爽快な気分になれること請け合いです。

3.リラックス効果

現代社会ではストレスにまみれた生活を強いられています。いつも忙しく、責任を果たすことに必死にならざるを得ない状況に追い込まれています。サウナの良さはこういった緊張状態からいったん解き放たれて、精神を落ち着けて全身をリラックスさせることができる点にあるといえるでしょう。

ですから、忙しい一日が終わった後にサウナに行くことをおすすめします。暖かい部屋でほんの数分過ごせば、活力がまた取り戻されるでしょう。週末を使って遠出に出たり、長い休暇を取ってカリブ海に出かけて休む必要はありません。時間がない毎日の生活の中でサウナに少し入ることでリラックスすることができるのです。また、不眠症に悩む人にとっても効果的な方法であるといわれています。

4.肌をきれいにする

体温が上がり汗が出ると、毒素を体から出すために皮膚の毛穴が広がります。工場から排出される光化学スモッグや地下鉄の駅などのバイ菌がいっぱいの空気が汚れた場所で肌をさらしていた場合でも、サウナに入ればきれいに流し落とすことができます。

単にお化粧を落としたり洗顔ができるだけでなく、都会の空気による肌の汚れを除去するのにも最適だということです。

サウナ  メリット

5.鎮痛効果

けいれんや筋肉痛がある場合、一般的には患部に温水シャワーを浴びたりヒートパッドを当てることが推奨されています。サウナに入ることでもこの効果が十分に得られ、たとえば関節炎、捻挫および他の関節痛に対する治療に効果的です。

特にジムで激しいトレーニングを行った後はその後サウナに行くと良いでしょう。筋肉が休まり、素早く回復することができます。

6.呼吸を改善

サウナに入ると「毛穴が開く」と先ほど述べましたが「肺も拡張」されます。もし咳をしていたりインフルエンザや気管支炎を患っている時、サウナの熱と蒸気が呼吸を助けて鼻づまりなどを和らげてくれます

もちろん病気にかかっていなくても、ウイルスなどを取り除いて呼吸器系の調子を整えるためにもサウナに行くことは大変良い習慣であるといえるでしょう。