糖尿病の改善にエクササイズを活用する方法

17 1月, 2020
身体を動かすエクササイズや運動は、糖尿病の症状をコントロールする上で、とても役立ちます。ただし、糖尿病患者が、日常生活、食事、またはライフスタイル全般を変更する前には、必ず医師に相談することが大切です。

糖尿病は、発生率が増加している代謝性疾患で、座りがちな生活様式などの増加に深く関わっていると考えられています。

世界の国の多くは、子供の頃から運動と健康的な生活習慣を身につけることを奨励しています。

糖尿病:膵臓

食事によって食物が私たちの体内に入ると、栄養素が胃で消化されてより小さな単位になります。

炭水化物に関しては、グルコース分子に分割され、腸に送られて血液に吸収されます。

膵臓は、内分泌と外分泌の2つの機能を持つ器官です。

膵臓の外分泌機能は、腸の最初の部分に消化酵素を分泌することで、これは消化プロセスにとって大切です。

内分泌機能は、インスリンとグルカゴンというホルモンの生成です。

インスリンは、血液中のブドウ糖を細胞内に取り込む役割を果たし、細胞によってエネルギーとして使用されます。

膵臓がインスリンを産生できない場合、または膵臓が産生するインスリンが効果的でない場合に糖尿病を発症します。

そして糖尿病を発症すると、高血糖として知られる血圧の上昇が起こります。

糖尿病の改善にエクササイズを活用する方法 健康的な食事

糖尿病の種類

糖尿病にはいくつかの種類があり、遺伝性で非常に稀なものもありますが、今回は一般的な糖尿病をご紹介します。

  • 1型糖尿病:この糖尿病は、多くの場合遺伝で、膵臓がインスリンを産生できないため、出生時に糖尿病と診断されます。
  • 2型糖尿病:現代社会では発症率が増加している糖尿病で、多くの場合、食生活や生活習慣の乱れと深い関わりがあります。2型糖尿病になると、インスリン分泌の低下に加えて、インスリン抵抗性が起こる傾向があります。2型糖尿病の患者は、最初はインスリンを必要とはしませんが、膵臓が損傷を受けた場合、治療計画にインスリンを加えるする必要があります。
  • 前糖尿病またはメタボリックシンドローム:これは病気ではありませんが、悪玉(LDL)コレステロール、中性脂肪、高血糖地、運動への耐性の低下、内臓脂肪(腹部、腰回り、臀部)などの臨床パラメーターによって定義されます。可逆的な状態ですが、ライフスタイルや食生活などに変更を加えないと、最終的に2型糖尿病を引き起こす可能性が高いと言われています。

エクササイズの利点

定期的な運動の効果は、特に2型糖尿病とメタボリックシンドロームの初期段階に顕著に現れます。

もちろん、I型糖尿病に苦しむ人々にとっても有益です。

グルコース値とインスリン値の低下

運動によって、グルコースへの体内需要が増加し、血糖値を下げるのに役立ちます。

さらに、運動中の細胞はインスリンを使用せずにグルコースを利用することがあるため、インスリン値が低下する効果が期待できます。

症状の軽減

血糖値の低下が、糖尿病の症状を軽減する可能性があります。

これは、高レベルのグルコースが糖尿病の症状に深く関与しているためです。

運動が、糖尿病の症状を軽減または予防することがあると言われるのはこのためです。

糖尿病の改善にエクササイズを活用する方法 糖尿病と運動

運動への耐性の向上

体はグルコースをエネルギー源として使用することに徐々に慣れ、エクササイズによって、体が代替エネルギー源を使用して効率的に機能するでしょう。

その結果、エクササイズを快適に感じるようになります。

外見の改善

2型糖尿病や前糖尿病は、座りがちなライフスタイルと深い関わりがあります。

これらの症状を発症している患者のほとんどは、筋肉量が少なく、過剰な脂肪が蓄積しています。

健康的な食生活と定期的な運動により、見た目の美しさに数ヶ月で気づくなどの利点もあります。

エクササイズを継続することで、体脂肪率が低下して筋肉量が増加するのに役立ち、その結果、運動が外観を改善するのに役立つでしょう。

上記のすべてを考慮すると、2型糖尿病のコントロールに関しては、エクササイズが不可欠であることに疑いの余地はありません。

専門医に相談して、自分のニーズにあった運動計画を立てましょう!

  • Shiroma, E. J., Cook, N. R., Manson, J. E., Moorthy, M. V, Buring, J. E., Rimm, E. B., & Lee, I.-M. (2017). Strength Training and the Risk of Type 2 Diabetes and Cardiovascular Disease. Medicine and Science in Sports and Exercise, 49(1), 40–46. https://doi.org/10.1249/MSS.0000000000001063
  • El ejercicio y el control de la glucosa en la sangre: American Diabetes Association®. (n.d.). Retrieved August 30, 2019, from http://archives.diabetes.org/es/alimentos-y-actividad-fisica/condicion-fisica/empezar-de-forma-segura/el-ejercicio-y-el-control-de.html
  • Diabetes. (n.d.). Retrieved from https://medlineplus.gov/diabetes.html
  • Ejercicio y diabetes. (n.d.). Retrieved August 30, 2019, from https://www.fundaciondiabetes.org/infantil/183/ejercicio-y-diabetes-ninos
  • Colberg, S. R., Sigal, R. J., Fernhall, B., Regensteiner, J. G., Blissmer, B. J., Rubin, R. R., … American Diabetes Association. (2010). Exercise and type 2 diabetes: the American College of Sports Medicine and the American Diabetes Association: joint position statement. Diabetes Care, 33(12), e147-67. https://doi.org/10.2337/dc10-9990
  • Pan, B., Ge, L., Xun, Y.-Q., Chen, Y.-J., Gao, C.-Y., Han, X., … Tian, J.-H. (2018). Exercise training modalities in patients with type 2 diabetes mellitus: a systematic review and network meta-analysis. The International Journal of Behavioral Nutrition and Physical Activity, 15(1), 72. https://doi.org/10.1186/s12966-018-0703-3