シカゴ・ブルズでのマイケル・ジョーダンのプレイ

21 10月, 2019
今回は、バスケットボールの歴史を築いたチームとも言えるシカゴ・ブルズにおけるあるマイケル・ジョーダンのプレイをご紹介します。

マイケル・ジョーダンが所属していたシカゴ・ブルズは、ビルラッセルがいたボストン・セルティックスや、「マジック」ジョンソンが所属していたレイカーズとともに、史上最高のバスケットボールチームの1つと呼ぶことができるでしょう。

選手、コーチ、そしてゲームスタイルが絶え間なく変化する中で、常に最高の選手として活躍したマイケル・ジョーダンですが、他のチームでプレイをしていた時期もあるため、すべてのシカゴ・ブルズをひとくくりにすることはできません。

そのため、今回は96年のシカゴ・ブルズでのプレイを中心に話を進めます。

シカゴ・ブルズの選手

マイケルジョーダンの有名な「I’m back 」という復帰宣言の6か月後、フィル・ジャクソンが率いるチームに加わりました。

チームは次のようなシンプルな構成になりました。

戻ってきた選手、戻ってきた選手を待ち続けていたポイントガード、バルカンから加わったチームを強化する選手、そして大変な仕事をすることを自ら望む選手。

マイケル・ジョーダンのチームメイト

天才と呼ばれたマイケル・ジョーダンと帰還

マイケルジョーダンの帰還は、23歳で大活躍した伝説の選手が33歳になる1シーズン前に起こりました。

一年半の引退が、彼の才能に影響を与えなかったのは驚くべきことであり、5回目の試合では、ニックスから55ポイントを獲得しました。

レギュラーリーグでの17試合は、10回のプレーオフに加えて、コートの内外でダイナミックな活躍をしました。

「ザ・ホワイトマジック」と呼ばれたトニー・クーコッチがブルズに加入したのが、ジョーダンの引退と重なったため、クーコッチがチームを率いることになりました。

しかしジョーダンの引退後は、再び控えに回ることとなりました。

ロッドマンとハーパーによる強化

「Worm(ワーム)」というデニス・ロッドマンのニックネームは、デトロイト・ピストンズで「バッドボーイズ」としてで2つのチャンピオンシップを勝ち抜いたことから生まれました。

ロッドマンは、バスケットボールコートでの彼の活躍と奇抜さで知られていました

当時、ブルズの中心メンバーだったホーレス・グラントがオーランド・マジックに移籍したため、ブルスに移籍したロッドマンは、グラントの役割を果たすことが期待されていました。

ブルズで活躍するロッドマン

ブルスにおけるその他の強化は、クリッパーズやキャバリアーズなどのチームで一晩平均20ポイントを獲得してきた選手であるロン・ハーパーです。彼はブルズに到着した瞬間から、このチームでの自分の役割を理解していました。

「ブルズ行くと、ピッペン、クコック、ジョーダンが復帰していたんだ。自分は何をしたらいいんだ?自分を撃った方がいいんじゃないかな?自分はなんてバカだったんだろうと思ったよ。」

アンドレス・モンテスのサポートもあり、「レンガ造り、配管工事、電気工事…24時間サービスをご提供するハーパーサービスの設立です」と彼が語ったように、ピッペン、クコック、ジョーダンといった選手がやりたがらない仕事をハーパーが行い、「ワーム」であるロッドマンとは対照的な選手でした。

完璧なマシン

ブルズの4人組は、彼らの試合を生でで見たことがない世代の人たちにさえ、参考にされている活躍を遂げました

ハーパー、ジョーダン、ピッペン、ロッドマン、ロングリー、そしてベンチの控え選手であるクーコッチ、カー、ウェニントンは、相手チームを「破壊するマシン」であり、シーズン中は多くのメディアの注目を集めました。

背番号23番をつけたマイケル・ジョーダンは、レギュラーシーズンの82試合で活躍し、1試合における出場時間は平均すると38分でした。

ジョーダンの3回目の勝利では、1試合で30.4ポイントを獲得し、史上初めて、オールスター、シーズン、プレーオフの3つのMVPを獲得しました。

ジョーダンはまた、スティールでも3位を獲得しました。これは、彼の仕事がオフェンスに限定されていると考えている人には驚きだったでしょう。

マイケル・ジョーダン

チャンピオンシップでのチームの優勝

このシーズン中に、選手生活で最高レベルに達したのはジョーダンだけではなく、チームメイトである選手たちも最高の成績をあげました。

  • ロッドマンはリバウンドでシーズンをリードし、一試合あたりでは14.9でした。
  • クーコッチは第6回「マン・オブ・ザ・イヤー」賞を受賞しました。
  • カーは、3点線から51.5%の精度を得ました。
  • フィル・ジャクソンは「ベストコーチ」賞を受賞しました。
  • クラウスは、「エグゼクティブ・オブ・ザ・イヤー」に選ばれました。

この選手たちで構成されたチームは、さらに2つのチャンピオンシップを戦い、マイケルジョーダンの6度の優勝に貢献しました。