ビクトル・トマスの試合分析:ハンドボール界のスター

1 11月, 2019
2003年にデビューしたビクトル・トマスは、ハンドボール界のスターと呼ばれていますが、これは彼の持つ素晴らしい防御力とスピードによります。

ハンドボール界では、ビクトル・トマスは世界最高の選手の一人と考えられています。

FCバルセロナの右翼として活躍する彼の大胆不敵さは、16年間の選手生活の中で50のタイトルを獲得したことからもわかります、

そして、世界中から賞賛される選手であるビクトル・トマスの報酬は間違いなく増え続けているでしょう。

ビクトル・トマスは、ASOBALのスペインリーグに所属するハンドボールチームの一員で、FCバルセロナ・ラッサの右翼です。

彼が成功している理由の一つが、試合で見せるスピードと強さ、そして防御力です。

ビクトル・トマスの略歴

ビクトル・トマス

ジョルディ・コトリーナ氏撮影

ビクトル・トマスは1985年に生まれました。

現在は才能のあるハンドボール選手として世界的な選手になりましたが、若い頃は常に練習に時間を費やす真面目な青年でした。

ハンドボールのプロ選手になることが彼の夢であり、現在の自分のいる場所と、家族からのサポートに感謝していると語っています。

士官候補生のチームに2シーズン所属したことから、次の3ジーズンをユースチームでプレーする機会に恵まれました。

2002~2003年には、選手として大きく成長し、FCバルセロナに所属することになりました。

ここ数年は、FCバルセロナでキャプテンとして、また審判として活躍しています。

 

ビクトル・トマスのプロフィール

ビクトル・トマスは、身長178cm、体重はおよそ80kgです。

8歳からハンドボールのファンになり、2007年のドイツ世界選手権でプロとしてデビューしました。

彼は試合に出場するたびに、その防御力が向上していると言われる選手です

また、チームの要である彼は、チームの「心と魂」であると言われており、最高得点選手リストの上位10名にその名を連ねています。

スペインリーグにおける主要選手の一人であるだけでなく、世界でもトップの選手8人の一人に数えられます。

 

FCバルセロナにおけるビクトル・トマスの役割

選手としては小柄なビクトル・トマスですが、FCバルセロナチームに大きな成果をもたらした選手です。

グラノラーズが1972年に設立したリーグにおいて、 72の無敗試合を達成しました。

ビクトル自身は、自分をFCバルセロナの大ファンだと公言していますが、彼の活躍はチーム全体を後押ししてモチベーションを維持するのに役立っています。

ビクトル・トマスは現時点で、2020年までFCバルセロナと契約を結んでおり、主要選手として活躍しています。

獲得した賞と勝利

ビクトル・トマスは、FCバルセロナに所属してから多くの賞やタイトルを獲得しています。

彼の功績をまとめました。

  • ヨーロッパカップ:3
  • ASOBALリーグ:9
  • スーパーグローブ:2
  • コパス・デル・レイ:8
  •  ASOBALカップ:7
  • EHFカップ:1
  • カタルーニャスーパーカップ:11
  •  ASOBALスーパーカップ:2

ビクトル・トマスは、チームの中でも最も多くのタイトルを持つ選手です。

彼が勝った試合やトーナメントをご紹介します。

  • 2008年北京オリンピック銅メダル
  • 2013年世界チャンピオン2013
  • 2014年デンマークで開催された欧州男子ハンドボール選手権銅メダル
  • 2016年ポーランドで開催された欧州男子ハンドボール選手権銀メダル
ビクトル・トマス

hospitaldenens.com様の写真を転載

ビクトル・トマスに関する興味深い事実

1998年にFCバルセロナに所属するまで、彼は色々なチームでプレーを行いましたが、これらの経験は彼の現在の活躍に欠かせなかったと言えるでしょう。

左腕に悪魔の入れ墨をしていますが、これは試合中に地面に足を留めておく必要があることを思い出させるために入れたと言われています。

2014~2015年は、FCバルセロナのハンドボールチームが1シーズンで7つのトロフィーを獲得した歴史的な年でした。

ビクトル・トマスの父親はハンドボール選手でありコーチです。

ソーシャルメディアが大好きなビクトル・トマスは、自分のファンとソーシャルメディアを通じて深く繋がっています。

ビクトル・トマスは素晴らしい才能を持つ選手で、これまでに達成したタイトルや勝利試合は、彼が「世界のトップ選手」と呼ばれるのにふさわしいと言えるでしょう。