柔道を行うことのメリットとは?:精神のスポーツ

3 5月, 2019
武術の一つである柔道は攻撃的で危険なスポーツのように思えるかもしれません。しかし実際は柔道を行うことによって創造力を向上させ、多くのメリットを得ることができます。

柔道は子供から10代の若者のための最も包括的なスポーツの一つとして、ユネスコによって公式に認められました。柔道を行うことには心身ともに多くのメリットがあります。この記事では柔道とは何か、そしてどんなメリットがあるのかについて掘り下げていきます。

柔道とは?

柔道は日本生まれであり、その言葉は「柔(やわら)の術を用いた道」を意味します。武器を使わずに、技を使って相手を制する武術です。

柔道

柔道を行うには肉体的にも精神的にもそして感情的においても技術を身につけなければなりません。柔道を行う人にとっては柔道とは単なるスポーツ以上のものであり、ライフスタイルであると考えられています。

また柔道では全身を使うので体の調子を整え、自信がみなぎり、集中力がつきます。

そしてお互いを尊重し合う武道であるので、体力や能力に関係なく、老若男女問わず行うことができます

柔道を行うことのメリットとは?

肉体的なメリット

柔道をするとカロリーを燃焼することができますし、総合的なスポーツを実践したい人には理想的です。また新陳代謝を活性化させるので、体重を減らして健康を保つための素晴らしい方法であるといえます。

息を吸ったり吐いたりすることに集中して正しく呼吸する方法を学びますので、これが肺の換気を良くして喘息などの呼吸器疾患を改善するので、呼吸器系に良い影響があります。

また血の巡りが良くなり心血管系をよりよく働かせることができるので、高血圧や心臓病などを予防することができます。

他にも、体のバランスが改善されて筋肉の弾力性と関節の柔軟性が高まります。そして関節症などの症状によって引き起こされる不快感を軽減します。

さらには消化機能をコントロールし、腸の運動性を促進し、肝臓や膵臓のような臓器さえも調子を整えることができます。柔道で得る技術や体の構えは神経系に良い影響を与え、記憶力を向上させ、疼痛耐性を高めます。

柔道は筋肉の調子を整え、体と心の調和を育むのに最適です。さらに感情や精神面での観点から見るともっと大きなメリットがあります。

精神的なメリット

柔道では体の動かし方を学び、そして肉体的にも精神的にもバランスが良い状態を得て、そこで成長し進歩していくことができます。

また自分自身や他人を尊敬することを学ぶ素晴らしい方法でもあります。恥ずかしさを克服し、攻撃性をうまくコントロールできるようにもなります。

恥ずかしがり屋の人は見知らぬ人と接触することへの恐怖心を克服することができ、自分の体を通して自分自身を表現することを学ぶことができます。またそうすることで、自分に自信がでてきます。

柔道は自分が持つ負の感情を手放すための建設的な素晴らしい方法でもあります。不満に対する耐性を高めることによって、攻撃的な気持ちを正していくことができるのです。

自己評価を高める

柔道

柔道は自己評価を高めるのにも役立ちます。練習を重ねていく上で自信がつき、楽観的な考え方ができるようになり、精神的に明るい気分になることができます。

練習をするときは何よりも集中力を維持することが大切です。柔道においては行動する前に考えるということが重要であり、感情的になってはいけないと考えられています。

柔道はいろんな面でメリットの多い運動であり、年齢や性別に関係なくあらゆる人が行うことができます。

多くの場合は趣味として簡単な技術が学ばれていますが、柔道には試合があるので人と競争する目的を持つこともできます。

健康に多くのメリットがあるので専門家によっても推奨されています。柔道を行うことにより、肉体的にも精神的にもバランスよく成長していくことができるのです。

この日本生まれの武術は単なるスポーツ以上のものであると考えることができます。体を訓練するだけでなく素晴らしい人格が形成されるので、対人関係もうまくいくようになるでしょう。