ライバルの歴史:アイルトン・セナとアラン・プロスト

1 11月, 2019
F1界でもっとも知られているライバル同士といえば、アイルトン・セナとアラン・プロストではないでしょうか? 才能溢れる二人のF1ドライバーは、時代を牽引しました。

アイルトン・セナに言及せずにアラン・プロストについて語ることは不可能であり、逆もまた同様です。

F1史上最大のライバル関係でであった人気ドライバーの二人は、コース内外での非難、批評、怒り、緊張など…多くのストレスに悩まされていました。

しかし、セナとプロストの両ドライバーは、疑いの余地なく、F1の伝説となる選手だったと言えるでしょう。

二人のライバル関係は、マクラーレンチームのチームメイトであったときにピークに達しましたが、プロストの引退直前にライバル関係が終わったにも関わらず、二人の新しい関係はセナの悲劇的な死により終わりを迎えました。

ライバル関係の始まり

1984年春、ドイツのホッケンハイムリンクで、セナとプロストは出会いました。

この時は、ストリートカーと呼ばれる一般車でのフレンドリーでなんの言い争いも起こらないはずのレースでしたが、レース終了時にはそうではなかったと言われています

ライバルの歴史:アイルトンセナとアランプロスト:ドイツGP
grandprix247.com様のご厚意による転載。

プロストは記者会見で、レースの直前には楽しく話をしたけれど、レースが終わってからは、セナは二度と彼に話しかけてこなかったと語りました。

当時のプレストは、すでにマクラーレンに所属するドライバーであり、セナはトールマンチームとともにF1でドライバーとしてのキャリアをスタートさせていました。

ベテランのドライバーとルーキーの対決だったと考えても良いのではないでしょうか?

 

1988年:激しいライバル関係の始まり

セナとプロストは、マクラーレンで同じチームに所属しましたが、これによって二人のライバル関係が始まりました

二人の関係は、最初のシーズンは比較的穏やかでしたが、これは「少なくとも次のシーズンと比較して」穏やかだったと言えます。

セナがマクラーレンに所属したのは、プロストがすでにマクラーレンで数シーズン活躍し、素晴らしい評判を得てからのことでした。

シーズンを通して二人は高いレベルで競い合い、勝利を分かち合いましたが、ポルトガルGPでは、相手への思いやりを失うような出来事が起こりました。

セナがピットでプロストをコーナリングし、速度を落とすどころかアクセルを踏み続けてレースに勝利したのです。

その後、セナはこの行為に関して謝罪を行いました。

シーズンの最終レースである日本グランプリには、両者とも優勝を目指して出場しました。

このレースはF1史上最高のレースの1つと呼ばれており、セナはスタートで失速しましたが、雨の中で見事なカムバックを果たし、世界チャンピオンとなりました。

1989年:プロストが優勝する

アイルトン・セナとアラン・プロスト
Stuart Seeger様のご厚意による転載。

 

次のシーズンは、両ドライバー間の緊張が高まることが想定されていました。

サンマリノGPで、プロストはセナを「先に第1コーナーに進入した者がレースの主導権を得る」という紳士協定に反した」と非難しました。

サーキットの内外で、二人の間に対立が起こり始めたことが顕著になった事件の一つでした。

シーズンの展開は、以前ほど二人が競うものではなく、プロストが好調な中、セナは様々な故障に見舞われました

そして、二人の争いは、日本GPで爆発しました。

セナは、タイトルを獲得する可能性を維持するためには、プロストを追い抜かなければなりませんでした。

日本GPで、二人の車がぶつかりましたが、セナはレースに戻り勝ちましたが、最終的に失格となり、プロストが世界チャンピオンとなりました。

そしてプロストはフェラーリと契約しました。

1990年:セナが優勝する

アイルトン・セナとアラン・プロスト

1990年、アイルトン・セナは最高レベルで競い合い、トップドライバーとしての地位を維持しましたが、プロストにはまだ選択肢が残っていました。

1990年のタイトル争いも、主にフェラーリに移籍したプロストとセナの間で争われ、3年連続両者の戦いとなりましたが、最終的に5勝のプロストを押さえてセナが2度目のチャンピオンとなりました。

ライバル関係の終わり

ライバル関係は数年続きましたが、1993年にアラン・プロストが引退する前のプロストの最後のレースで、2人は表彰台で抱き合って冗談を言いました。

これにより、F1史上最強のライバル関係が終了しました。

後に、セナはプロストなしのレースは、以前と同じではないことを認め、お互い連絡を取り合っていました。

悲劇の事故によりセナの人生が終わってしまった時、プロストはセナの棺桶を運ぶためにブラジルに飛びました。

その後、プロストはアイルトン・セナ財団のメンバーになりました。