スポーツ選手がSNSを使うことのリスクとは?

28 4月, 2020
SNSの使用に関して、スポーツ選手にはどのようなリスクがあるのでしょうか? 何らかの発言をして問題を起こした有名人のケースを見たことがある人は多いでしょう。

SNSと呼ばれるソーシャル・ネットワーキング・サービスのリスクは、多くのスポーツ選手が理解するべき重要な問題です。多くの選手は、スポーツの法的および規制上のルールを完全に認識せずに、自分の意見をSNSに投稿する傾向があります。利益の相反、罰則、世間が持つパブリックイメージは、TwitterやFacebookを使用する際に考慮しなければならない側面です。

表現の自由は私たちが持つ普遍的な権利ですが、スポーツ選手が具体的な意見を公的に発表するとき、ある特定の原則との衝突や矛盾が起こる可能性がしばしばあります。スポーツ界がSNSという現実に追いついていないというのも、この問題の一部でしょう。

一方、アスリートは公人なので、自分の意見や声明、投稿するコメント、または投稿への返信であるリプライなどに関して、メディア上の明確な責任を負う必要があります。

いくつかの有名なケース

この中で最も悪名高いケースの1つが、パラスケビ・パパクリストウ選手です。彼女はギリシャ代表として、ロンドンオリンピックに出場予定でした。

スポーツ選手がSNSを使うことのリスクとは? 自撮りをする人

しかし競技の前に、パパクリストウ選手はTwitterでアフリカの人々を差別するような発言を行ったとされています。公開された彼女の発言は次のとおりです。「ギリシャにはアフリカ人が多くいるので、西ナイルの蚊は自分の国の食べ物にありつけていいわね」

この発言により、同国の五輪委員会により出場の停止と追放を命じられました。人々はパパクリストウ選手の発言を、オリンピックの性質、ルール、原則とは正反対であると見なしました。このケースと同様に、他にも注目に値するものがたくさんあります。

たとえば、2020年の初めに、コロンビアのランナーが競技中に犬を蹴ったためにスポンサーを失いました。この卑劣な行為は、FacebookなどのSNS全体に広まりました。そして企業は、彼の行為が自社のイメージを傷つけるとして、契約を打ち切りました。

規制や利益相反に対するストライキ

スポーツ選手は個人ですが、人々はスポーツ選手をより大きな機関、つまり、チーム、リーグ、スポーツ全体などに結びつける傾向があります。これらの機関は、スポーツ選手に規制、協定、原則などを遵守させますが、多くの場合、選手はこの現実を深く考えず、批判やコメントを投稿することがあります。

個人的な意見をプライベートな空間で表現することは理解できます。しかし、それを一般に向けて公的に行うと、様々な反応が生まれる可能性があります。

次に、広告スポンサーについて考える必要があります。企業などと契約を結んでいるスポーツ選手は、グローバルブランドのイメージになることが期待され、選手が会社の要件と矛盾する何かを宣伝する場合、利益の相反が生じます。

スポーツ選手は、これまでの人生のすべてをスポーツという環境の中で過ごしてきた、明確な肉体面の才能を持つ人が多い傾向があるため、彼らの生計を支える機関の規制や原則についてあまり知らないことが多くあります。これに加えて、機関や企業のルール、原則、方針は常に流動的です。

ソーシャルネットワークのリスク:否定的な認識

アスリートは、社会におけるロールモデルと呼ばれる多くの人が憧れる存在でもあります。そのため、スポーツ選手には表現の自由だけでなく、社会的および組織的な責任があります。ヨーロッパのサッカーと同様に、基本的にはスポーツ選手自体が商業ブランドです。

この立場にいるスポーツ選手は特に、インターネットでの発言に注意することが不可欠です。

アスリートには、リーグのルールのすべての変更を確認する時間はありません。それにもかかわらず、自分の意見が持つ社会的役割や文化的役割を理解することが非常に大切です。

不適切な発言は、プロとしてのイメージに影響を与える可能性があります。そのため、プロのスポーツ選手にとって、SNSの使用は非常に危険な場合があります。

あまり知られていないスポーツ選手でさえ、SNS発言が注目を集める可能性があります。そのため、スポーツ選手は自分のパブリックイメージと公式に発表する意見や声明に注意する必要があります。

スポーツ選手の発言が、簡単に誰かの否定的な認識を得ることがあります。そして最終的に、あらゆる種類の悪影響をもたらす可能性があります。

ソーシャルネットワークの使用目的

オンラインで何かを投稿することは、世界中から見られることを覚えておく必要があります。 TwitterやInstagramなどのSNSで公開したものは、地球上のどこにでも届きます。

そのため、投稿する前によく考える必要があります。さらに、スポーツ選手は一般の人と比べて広く検索されやすい傾向があります。

SNSで自分が何をするのかについて考えてください。各選手は、SNSのアカウントを使って何を目指すのかについて考える必要があります。

ここでご紹介したことに基づき、SNSアカウトを使って自分が描きたいイメージを強化するのに役立つような、適度なコンテンツを公開するのが一般的に良い考えです。

スポーツ選手がSNSを使うことのリスクとは? SNSを楽しむ女性

自分のすべてをさらけ出さないように気をつけましょう!

私たちは、インターネット上の意見に大きな重みがある世界に住んでいますが、すべての人が、一人の人が持つ意見のすべてを知る必要があるわけではありません。意見の中には、投稿するには乱暴すぎる意見があるかもしれませんし、簡単に誤解される意見がある可能性もあります。

若いスポーツ選手には、適度にインターネットを使う方法を教えることが大切です。将来プロとして活躍することを目指すスポーツ選手にとっては、とても重要な要因になるでしょう。

次に、エリート選手は、正しいパブリックイメージを世界に向けて発信しているかどうかを考える必要があります。これは、常にSNSがもたらすリスクと折り合いをつけることを必然的に伴います。

  • Gabriela Garton. 2015. La mujer deportista en las redes sociales: un análisis de los consumos deportivos. Revista hipertextos. Extraído de: http://revistahipertextos.org/wp-content/uploads/2015/12/garton.pdf
  • Enrico Marini. 2018. Las redes sociales como estrategia comunicativa en la especularización del deporte. Universidad Complutense Madrid. Extraído de: https://eprints.ucm.es/46097/1/T39121.pdf