循環系の健康:ウェイトトレーニングの効果とは?

12 5月, 2019
ウェイトトレーニングは健康と筋肉を維持するにはとっても大切で効果的なエクササイズです。ウェイトトレーニングは筋肉量アップと筋肉を引き締めることに大変効果的で、これを行うには持久力と体力が必要です。

トレーナーの中には有酸素系の運動を含まないウェイトトレーニングは循環系を鍛えないと思っている方もいます。ですが実際はダンベルやバーベルなどのトレーニングは循環系の健康も改善してくれるのです。

ウェイトトレーニングの大切さ

最近、基本的なウェイトトレーニングは他の新しい運動やトレーニング方法のせいで人気が下がっています。そのせいか、ウェイトトレーニングはそこまでやる必要はないと思ってる方も増えているのです。

ですが、ウェイトトレーニングは健康と筋肉を維持するにはとっても大切で効果的なエクササイズです。ウェイトトレーニングは筋肉量アップと筋肉を引き締めることに大変効果的で、これを行うには持久力と体力が必要です。

循環系   ウェイトトレーニング   効果

有酸素運動を筋トレ前後にするのが一番ですが、ダンベルやバーベルでも十分です。

有酸素運動は脂肪燃焼に役立ち、持久力を鍛えることができます。また、ウェイトトレーニングは他にも利点があります。例えば、骨粗しょう症防止、姿勢改善、体力アップや筋力低下などを防いでくれるのです。

さらに、しっかりとした引き締まった筋肉は魅力的で、多くの方が夢見るでしょう。また、トレーニングで必要なルーティンと決意は私生活でも役立ります。

多くの方がケガをしたくないので、あまりウェイトトレーニングをしません。また、ピンポイントで筋肉を鍛えるので、全体的に鍛えたい方には不向きなトレーニングです。女性の中では「男っぽい、大きな筋肉はいらない」などの理由からやる方が少ないそうです。

ですが、トレーナーの指導や正しいフォームやテクニックを学ぶことで、このようなことを避けることができるのです。

ウェイトトレーニングは循環系にいいのか?

ウェイトトレーニングには様々な利点があり、その利点のいくつかは健康管理や健康長寿、ケガ防止などと言ったものです。

循環系   ウェイトトレーニング   効果

つい最近まで、循環系の改善はウェイトトレーニングの利点とは思われていませんでした。ですが、例えばウェイトトレーニングは鍛えてる筋肉の血液と酸素の流れを乱し、その乱れで筋肉と循環能力を同時に鍛えるのです。

確かに有酸素運動に比べれば大したことではありませんが、ウェイトトレーニングの力を侮ってはいけません。

10レップのトレーニングを5セットと言ったHIITなどのワークアウトで体の酸素循環を改善することで、血液の循環力アップにもなります。

ウェイトトレーニングは有酸素運動のように、血管の状態を良くしてくれるものもあるのです。

ウェイトトレーニングにおける懸念

違うアプローチを見てみましょう。先ほど述べたように、ウェイトトレーニングはあまり健康に良くないと思っている方もいます。その理由は重りを持ち運ぶとき、体に負担がかかり、その負担が心臓や循環系を影響するからです。

プロや競合スポーツ界での包括的なルーティンは血管や動脈に負担をかけます。頸動脈や首の動脈を傷つけこともあります。

上腕二頭筋や三頭筋を鍛えるときを想像してください。重りを持ち上げるときに額や首の血管がくっきり浮かびます。

ですので、ウェイトトレーニングを始める前は、まず医師と相談することです。いくつかの検査を行い、あなたの体がこのようなトレーニングに向いてるかどうか調べてもらいましょう。

また医師は有酸素運動と一緒にウェイトトレーニングを勧めることもあります。そうすれば心臓や筋肉もよりスムーズに機能し、ウェイトトレーニングの全ての利点を取り入れることができるでしょう。

Cecconi, A., & Vivas, D. (2013). Corazón y deporte. Medicine (Spain). https://doi.org/10.1016/S0304-5412(13)70674-7