毎日5分!縄跳びを続けることで得られる効果5選

5 3月, 2019
今回は、1日わずが5分で素晴らしい効果が得られる縄跳びについて詳しくご紹介します。

縄跳びと聞くと、子供の時に体育の授業でやったと思い出す人もいれば、プロのボクサーがやる運動だと考える人もいるでしょう。

しかし縄跳びは誰でもその効果を実感することができるおすすめの運動です。

今回は、1日わずが5分で素晴らしい効果が得られる縄跳びについて詳しくご紹介します。

毎日縄跳びを続けることの利点

高価な器具やジムの会員権が必要ない手軽で楽しい運動である縄跳びは、忙しくて時間がない人や運動があまり得意ではない方におすすめです。

縄跳びの利点のいくつかをご紹介します。

こちらもご覧ください:減量に関する5つの間違いとは?

1.減量に役立つ

縄跳びは「完璧」な有酸素運動の一つで、ボクシングやクロスフィットなどのルーチンの一つであるだけでなく、毎日実践することができる数少ないトレーニングの一つと言えるかもしれません。

1日5分の縄跳びでもカロリーの消費効果が期待できます。

高い強度で1分間縄跳びをすると、およそ13カロリー消費すると言われています。

この数値は、自転車やハイキング、またはズンバやエアロビクラスよりも効果が高いことを表しています。

縄跳びに勝る唯一の運動の運動というとランニングですが、ランニングはランニングマシンか外を走る場所が必要です。

その点縄跳びは、縄跳びさえあればどこででも、そして少ないスペースで行うことができます。

縄跳びをする女性

2.筋肉へのレジスタンスを加える

縄跳びをすると心血管系機能を著しく強化する効果があるため、心臓や肺にとっても非常に良い運動と呼ぶことができます。

また、徐々に強度とスピードを上げたり、ジャンプの複雑さに変化を与えるなど、縄跳び運動により多くのトレーニングを加えることで、レジスタンス運動としての高い効果が期待できます。

スポーツに加えて、階段の上り下りや掃除などの家事や家庭での行動が、運動を行う時の疲労レベルと低下させながら、血液の酸素かを正しく行います。

こちらもご参照を:トレーニングバンドを使った背中のエクササイズ5選

3.筋肉を引き締める

縄跳び運動の多くは脚の運動ですが、それ以外の筋肉も使われています。

それは、腕、肩、胸、腹筋とさらに腰です。

そのため、縄跳びは短期間で体を引き締める完璧なエクササイズだと言われており、短期間で体のたるみを解消する効果が期待できます。

4. ストレスを軽減

縄跳びをはじめとする一般的な有酸素運動は、私たちの緊張とストレスを緩和する効果が期待できます。

職場でストレスを感じるほどひどい一日を過ごした時は、家に帰って5分以上縄跳びを続けてください。

汗とともに、毎日の生活の中に現れる小さな悩みを解消する効果が期待できます。また落ち込んでいる時にも、特に縄跳びをお勧めします。

縄跳びをすると、脳の機能が活性化されて幸せホルモンと呼ばれるエンドルフィンが分泌されます

縄跳び 効果

5. コーディネーション能力とバランスを改善

子供でもできる簡単な運動だと考える人もいますが、縄跳びをするためには腕と脚を調和させなくてはいけないため、コーディネーション能力とバランスを改善する効果が期待できます。

動きに慣れてきたら、スピードや動きの複雑さを増やしましょう。

縄跳びには様々なバリエーションがあり、同時に脚を上げるだけでなく、片足ずつ跳ぶ方法もあります。

音楽に合わせて跳んだり、ゆっくりとした動きと速い動きを切り替えることもできます。

縄跳びの利点はこれだけではなく、免疫力を高めることで風邪などを発症するリスクを減らしたり、その楽しさからとても楽しい気分になることに加えて、非常に安価なので手軽に始められることです。

  • North, T. C., McCullagh, P., & Tran, Z. V. (1990). Effect of exercise on depression. Exercise and Sport Sciences Reviews. https://doi.org/10.1249/00003677-199001000-00016
  • Trecroci, A., Cavaggioni, L., Caccia, R., & Alberti, G. (2015). Jump rope training: Balance and motor coordination in preadolescent soccer players. Journal of Sports Science and Medicine.