ランニングのスキルを磨く!効果的な方法とは?

20 2月, 2019
全てのランナーは体幹と腹筋部分を鍛えることが大事です。このトレーニングは、競技中の時間の改善や、耐久力を養うことができます。

もしあなたがランニングスキルをさらに磨く方法を知っていれば、怪我の防止やスピードアップだけでなく、いつもエネルギーを感じながらエクササイズをできるでしょう。また、あなたのランニングのレベルに沿って、技術を磨くことはとても簡単です。

ランニングスキルはとても簡単に改善する事ができます。上級者レベル、中級者レベル、初級者レベル、どのレベルでもランニング方法を改善することは可能です。ぜひこれから紹介する、簡単で実用的な方法で、ランニングのスキルを改善してみて下さい。

競技中に使えるランニングスキル

体幹を鍛える

全てのランナーは体幹と腹筋部分を鍛えることが大事です。このトレーニングは競技中の時間の改善や、耐久力を養うことができます。

専門家は毎日たった5分のエクササイズで、腹筋、腰、胴体の安定性を鍛えることができると話しています。またこれは怪我を防ぐ効果もあります。

かかとを使い走ることを避ける

かかとに体重をかけて走ることを避ける走り方で、ランニングスキルを磨くことができます。このスキルは、ランニングの際に効果的で、かかとに体重をかけて走ると足に大きな衝撃が走り、怪我を促進させてしまいます。専門家によると、かかとに体重をかける行為は、一歩踏み出すごとに、ランナーの足に大きな負担をかけてしまうということです。これによって、走るときのスピードが落ちてしまいます。

かかとをつけて走らないため、いくつかのエクササイズが効果的です。歩幅を狭めて走ることと裸足で走ること、これが効果的な方法です。シューズを履かないことによって、かかとを使わず走ることを余儀なくされます。こうすることによって、違いに大きく気づくはずです。

歩幅を狭めて走ることも効果的です。臀部の下の箇所を使いながら、歩数を増やしてみてください。

集中

競技や運動中に完全に集中して行うことは難しいように思えます。

専門家は、十分に休息を取り、意識を集中させた状態で競技等に臨むことが大事だと話しています。ランナーは限られた時間の中で、頻度高く、正確に力を出し切ることを要求されます。

理想的な姿勢とランニングスキル

正しい姿勢は、ランニングには重要なことです。これは上半身はまっすぐに背筋を伸ばしだ状態で腹部と腹筋に力が入り、顔を前に向けて頭をしっかりあげた状態で走ることです。

反対に、両腕は体に近い箇所で振り、90度に曲げた状態にします。体の位置と両腕は、競技中にペースを守り、また力を蓄えるために重要になってきます。

ランニングスキルを改善する方法

ゆっくり走る

多くの場合、ランナーはスピードを重視します。しかし、専門家はゆっくり走ることを重要視しており、ゆっくり徐々に長い距離を走るようにすることを勧めています。これからはスピードや時間は重要ではなく、ゆっくり改善していくようにしてください。

膝の角度

ランナーにとっての重大な問題は膝の正しい角度です。特に、膝をあげるときに問題があります。

この問題を改善するために、いくつかのエクササイズがあります。膝をあげて歩くことは、走るときに正しく膝を持ち上げて走る練習にもなり、効果的です。

コーディネートエクササイズ

コーディネートエクササイズ行うことも、ランニングスキルを磨くことができます。これらのエクササイズは、筋肉を鍛え、筋肉の同調関係を助けます。

お勧めするエクササイズは、バットキック、ハイ・ニードリル、ストレイトレッグラン、などです。このエクササイズによって、足幅の改善、膝の角度や耐性も改善できます。

適切なシューズを履く

自分に合ったシューズを履くことも大事です。実用性が重視されるべきです。快適で履きやすいシューズを選ぶようにしてください。そうしないと、足の力が弱くなたり、怪我を引き起こしてしまいます。

有名なブランドで色々なシューズを見つけることができますが、最低限のサポートしかしてくれないものもあります。足首のサポートをしっかりしてくれるシューズを選ぶようにしてください。

これらの簡単なランニングスキルを改善する方法によって、確実にランニングを改善することができます。簡単に実践できるものが多いですが、忍耐と一貫性を持って取り組むことが大切です。