毎日ランニング:健康全般を改善する素晴らしい方法8選

11 2月, 2019
今回ご紹介するのはランニングの健康上のメリットの一部です。ランニングを習慣にして健康維持や改善に役立ててみましょう。

最近ランニングの人気が高まっています。また冬が終わり春になると、経験豊富なベテランランナーに混じり、初心者の方も走り始めるでしょう。

初心者ランナーとしてランニングを始めようと考えている方は、本記事を参考にしてランニングの健康上のメリットを学びましょう。

毎日のランニングを行う健康上のメリット

理想としては毎日走ることをお勧めしますが、スケジュールなどの点から難しい場合は週3回を目標にしてください。

今回ご紹介するのはランニングの健康上のメリットの一部です。ランニングを習慣にして健康維持や改善に役立ててみましょう。

こちらもご覧ください:ランニング後に取るべき行動5つ!

1.脳機能の促進

最初にご紹介するのはランニングの脳への効果です。

ランニングは、細胞機能に必要な脳内のミトコンドリアの数を増やす効果があり、他の分野でも効率よく活動できるようになります。

外で走る女性

個人的、または仕事に関する大きな決断をするとき、数分間外で運動をすると、状況を冷静に分析して、決断力を改善する効果があることに気づくでしょう。

2.心血管系の健康を改善

毎日、または週に数回走ると心血管系の健康を良い状態に保つことができます。

走ることで、心臓はより多くの血液を送り出し、肺はできるだけ多くの酸素を消費することになります。

つまり走ることで、様々な活動に役立つ持久力が向上する効果があります。

こちらもご参考に:ランニング後に取るべき行動5つ!

3.がんの予防

いくつかの研究によると、走ることでガンの発生率が低下すると言われています。

これは肺がんや結腸がん、前立腺がん、および乳がんに関して当てはまると言われています。

運動が新しい良性細胞の発達を促進し、体が悪性細胞を生産するのを妨げるからだと考えられます。

また、がんを発症したとしても、屋外で走ったりジョギングをするがん患者は、がんから生存して回復する可能性が高いことが証明されています。

がんの治療は定期的に運動や体を動かす活動をしている人にはより効果的に働くと言われているのです。

4. 関節の強化

ランニングは、多くの運動の中でもとりわけ、関節炎や関節の病気を患っている人々に有害で​​あると考えられていた時期もありました。

しかし現代では、様々な研究が進み、正しい方法で行えばランニングは関節の強化や関節の炎症による不快感を予防する効果が期待できます。

5.骨粗鬆症のリスクを軽減

骨に悪影響を及ぼす骨粗鬆症は、世界で何百万もの人々を苦しめています。

骨粗鬆症は加齢やカルシウムの摂取量と密接に関わりあっているため、女性や45歳以上の人々は特に発症するリスクが高まりますが、運動が骨粗鬆症の発症リスクを軽減する効果があると言われています。

ビーチを走る女性  ランニング 健康 メリット

しかし、ランニングは骨粗鬆症にとって大切な脚や腰の骨のミネラルの密度を高める優れた方法の一つなのです。

6. カロリーを消費する

毎日のランニングの主なメリットの一つがカロリーの消費効果です。

ランニングをすると多くのカロリーが消費され、体内の脂肪が燃料として使われますそのため、適度なスピードで走ることで効果的にカロリーを消費することができますよ。

7. エネルギーレベルの向上

仕事をしていてもすぐに疲れることはありますか?

疲れすぎて仕事が手につかない時や、週末の予定はひたすら眠るだけだという場合はランニングをお勧めします。

ランニングを始めると徐々にエネルギーが向上し、私たちを悩ませる疲労感が軽減します。

8. 肌の状態を改善

毎日走ることで肌の状態も改善されます。

ただし外を走るときには必ず日焼け止めとサングラスを使用し、肌の赤みや早期老化を予防しましょう。

毎日走ること、そして日焼け予防をすることで高価な美容品に頼らずに、若々しい肌を維持することができるでしょう。