ランニング:健康維持のために行う体への効果とは?

15 4月, 2019
ランニングには効果が多くありますが、怪我をしないように細心の注意をして行うようにして下さい。特にランニングをやりすぎないように気をつけましょう。

ランニングは体の広範囲を使うエクササイズの1つで、全身に効果があります。この記事では健康のため行うランニングの効果について紹介したいと思います。

ランニングは体型を整えるために適したエクササイズと言われていますし、その他にも多くの効果があります。では、ランニングの最も大きな効果とは何なのでしょうか?

ランニングの大きな効果の1つとしては、ランニングを続けられたりまた続けられなかったとしても、最終的には肉体や精神的にも鍛えられるという点があります。バランスの良い食事と組み合わせるならば、体重も減らせれます。これに加えてランニングで体型を整えたり体の各箇所を強める事ができます。両足、腹部、腕、また腰の各箇所に効果的な働きがあります。

参考記事:アスリートに最も適した食事療法とは何だろう?

ランニングを成功させるには両足の動きが重要であること、またモチベーションを高める事も大事です。ランニングの効果を得るために長い距離を走る必要はありません。平均的な距離で走ることで健康に効果をもたらす事ができます。

健康のためランニングを行う効果とは何か?

1.肺活量を高める

ランニングによってまず肺活量が高まります。ランナーはランニングをする時たくさんの酸素を吸う能力が必要です。

参考記事:毎日を大きく変える小さな変化

ランニングをする時は、あなたのペースとそのペースで行くことのできる距離で走るようにして下さい。これによってランニング初心者の場合、スピードを保つために走ってもどの辺りの距離で体がついていけなくなったのか確認する事ができます。この状態に心配することはなく、トレーニングを積む事によって徐々に肺活量が増え改善されていきます。

2.健康的な心臓を作る

2番目の重要な効果は、ランニングをする事によって心臓病にかかる確率が半分に減るという研究結果が出ているという事です。早く走るともっとたくさんの血液を心臓は全身に送り出さなければなりません。これを繰り返すと、結果的に心臓が強くなります。

ランニングは心臓を強くする事ができる最適なエクササイズです。特にスピードをより出して走ると効果が高まります。しかし適度な血液と酸素が体に送られる事が大事です。ランニングによって同時に、心臓発作を起こす確率も減り、またコレステロールの値も安定させる事ができます。

「時が過ぎると本当の戦いは、諦めろというあなた自身の声に打ち勝つ事だということを知るでしょう。」

−ジョージ・シーアン

ランニング 体 効果

3.アスリートとしてのパフォーマンスを上げる

ランニングのトレーニング中は体中に酸素が充満します。定期的に走ると体は最も早く、最適な方法で酸素を筋肉に分配し使うようになります。こうすることによって一般的に体はエネルギーを得て、より良いパフォーマンスを行うことができるようになります。またランニングをすると体の柔軟性も高められます。

4.体重を減らす

多くの人は体重を減らしたいためにランニングを始めます。実際ランニングはカロリーを燃やすのに最適で、体重を減らせるエクササイズです。もしすでにあなたが標準体重ならば、ランニングはそれを維持する事も助けてくれます。反対に、もしあなたが数キロ体重が重いならばランニングによって、その余分な体重を減らす事もできます。

食事を調整し食べたカロリーより燃やすカロリーを増やす事が大事です。これが減量の黄金比です。ランニングに関していうならばまずスケジュールを決め、体重を減らすようにモチベーションを上げるトレーニングプログラムを考える事をお勧めします。またインターバルトレーニングも行ってみて下さい。すぐに効果が見られると思います。

5.ストレスを減らし、幸福度を上げる

他のスポーツの同様にランニングはストレスを減らしてくれます。うつ病にも効果があります。ランニングによりいつも新鮮な気持ちになりポジティブな気持ちにさせてくれます。こうする事で考え込まず、日々の悩みから解放されます。またストレスも減り、否定的な考えも出てこなくなります。

ランニング 体 効果

そして心身がリラックスし新しい考えを生み出し、問題を解決に導きます。ランニングするときに考えると、もっとはっきりした考えで物事を見る事ができます。同じようにストレスに関連した問題も解決してくれます。夜にはぐっすり眠ることもできるようになります。

6.姿勢を正す

ランニングは体をいつもベストな状態に保つ助けとなります。体を鍛えるのにもまたウエストにくびれを作るのにも良く、また頭をいつもあげて生活することもできるようになります。姿勢の改善に役立ちます。

ランニングには効果が多くありますが、怪我をしないように細心の注意をして行うようにして下さい。特にランニングをやりすぎないように気をつけましょう。もし怪我をしてしまったならば完全に回復するようにまず心がけ、走る速さも考慮し、徐々に上げていくようにすると良いでしょう。そうすることによってランニングの効果をもっと感じるようになると思います。