ランニング後の間違い:気を付けたいポイント5つ

21 3月, 2019
今回はランニング後に避けるべき間違いを紹介します。

ランニングした後はしっかりリカバリーワークアウトを行う必要があります。今回はよくやってしまう間違った行動を紹介したいと思います。

このような間違いを改善することによりケガなどを防いだり、より長距離なランニングに挑戦できます。アドバイスを参考にして次回のランニングに生かしてみてください!

ランニング後の間違った行動

1.ストレッチをしっかりしない

ランナーの中にはちゃんと筋肉を回復させない方がいます。どのような運動でも、必ず終わったらしっかりストレッチするようにしましょう。筋肉の手入れの基本であり、柔軟性アップにもなるのです。より幅広く筋肉を動かせるのは筋肉がまだ温かいときです。

ランニング後の間違え:気を付けること5つ ランニング 間違い

もちろん体もゆっくりと体温を調整するのに時間がかかります。ストレッチはこの体温調整に役立つのです。ストレッチすると体力回復が早まり、また体がいい感じほぐれ気持ちよく感じるでしょう。たった10分間でケガも防げ、気分転換にもなります。

2.栄養が足りてない

また、運動前にしっかり栄養を取り入れるのと同じように、運動後も栄養を取り入れた「リカバリー」が大事です。健康に良いですし、筋肉回復にも役立つのです。タンパク質や炭水化物で体力を回復させましょう。

果物、野菜、豆、オーガニックな動物性タンパク質プロテインシェークは体が失った栄養を素早く回復します。また、運動後は出来るだけ早く栄養補給を行うことです。

3.水分補給が甘い

代謝老廃物、または乳酸、は体を激しく運動させた後に大量に作られます。体はこの不必要物を処理する必要があり、水分補給をすることによって老廃物を処分します。

ランニング後の間違え:気を付けること5つ ランニング 間違い

そのためランニングの2時間後以内に、水やスポーツドリンクなどをたっぷり飲むことをお勧めします。これで筋肉に十分な栄養と酸素が回るのです。

「実力でかけていることは欲と110%の努力で埋められる。」

-ドン・ジマー

4.体の合図を無視

小さな痛みなどはランナーの中で頻繁にありますが、たまに大きなケガをすることもありますよね。このようなケガは体の出しているサインにしっかり答えないからです。

運動やスポーツをしてると体の手入れやメンテナンスが大事です。体の痛みは体があなたに何かの異常を伝えたいからです。医師に相談したり、一日体を休めるなどといった行動をとるのも大切です。

5.十分に休まない

最後に、身体能力を最大限に発揮するにはしっかり休むのが鍵の一つです。休むことで体は一日の労働や疲れをリリースするこができるのです。なので十分睡眠をとり、筋肉や腱、骨を休めましょう。

また、長い間睡眠不足が続くとケガや病気の発生率が上がりますし、体力なども低下します。

休むことはトレーニングの一つです。あなたのエクササイズルーティンにも十分な睡眠時間を組み込みましょう。

ランニング後の間違った行動は割と簡単に克服できます。まずは自分が間違った行動をとっていることに気づくようにしましょう。今回のアドバイスであなたのランニングスキルもはるかに上達するでしょう!