ランニングマシンでカロリー消費量アップ!

3 3月, 2019
アドバイスを取り入れてランニングマシンを使うときのカロリー消費量をアップさせましょう!

ランニングマシンでのエクササイズは効果的な体重減少方法の一つです。ですが、いくつかのアドバイスを参考にすればさらに消費できるカロリー量が増えます。なので、今回はそのガイドラインとして参考にできるアドバイスをまとめて紹介します。エクササイズルーティンに変化を加え、ランニングマシンでより多くのカロリーを燃やしましょう。

一例として、体重減少で最も効果的なテクニックは同じエクササイズを繰り返さないことであると発表されました。実は、最も良いのは「リズィスタンス」(抵抗力)と「インターバルトレーニング」を合わせたものが目標を達成する一番の選択と言われています。その条件に当てはまったものをいくつか見ていきましょう。

ランニングマシンでカロリー消費アップ

次回ランニングマシンでエクササイズをされるときには、以下のアドバイスを参考にしてみてはどうでしょう?

1.速度を上げる

最初のアドバイスは走る速度を徐々に上げることです。出だしは軽いジョギングでスタートです。そして、カロリーを消費するために次第に速度を上げます。また、全速力でスタートすると、体力を一気に消費してしまうので要注意です。

ランニングマシンでカロリー消費アップ!

速度とエクササイズの強度を合わせるのがカロリーを燃やすナンバーワンオプションです。なので、あなたの持久力を計り、体の「限界」を割り当てる必要があります。また、前回のエクササイズより負荷のレベルを上げることが理想です。こうすれば体をさらに鍛え上げられるのです。

2.腕、手首・足首に重りを付ける

二つ目のアドバイスはウエイトグローブやリストバンドなどを身に着けてランニングに挑むことです。もちろんゆっくり走る必要がありますが、筋肉量を増やし、エクササイズのインテンシティーを上げることができるのです。もちろん安全のために正しく装着して走りましょう。

この場合、加算された負荷をサポートするために速度を下げて走ってみてください。体力トレーニングですが、筋肉量を増やし、心臓・肺の健康も改善できます。その結果、より多くカロリー消費に繋がります。ですがこのテクニックはランニングマシン熟練者におススメします。初心者には少し難しいかもしれません。

「目標を高く設定して、そこにたどり着くまで止まらない。」

3.インターバル

三つ目のアドバイスはインターバルトレーニングを取り込んだもので、時間短縮にもなりますし、何より腰やお腹周りの脂肪を燃やすのに効果的です。

ランニングマシン カロリー 消費 アドバイス

一定した速度で走るのは長距離を走る方へのトレーニング方法です。ですので、より早いインターバルでインテンシティーを上げることが理想です。一定の速度で走るより、2分間高めのインテンシティーのペースで走るほうがより多くのカロリーを消費できるといった調査結果もあります。

また、適度なインテンシティーから始める方法もあります。それは30~60秒間早く走り、そこから元の速度に戻るかあるいはより早く走ります。なので、自分が着心地よく入れる速度を選択する必要があります。

4.傾斜調整

四つ目のアドバイスは傾斜を変えることです。傾斜を高く設定することにより、簡単にカロリー消耗アップになります。ですが、やり過ぎないように気を付けてください。傾斜の高さによって走る速度も変化を受けます。無理せず体が慣れるまで頑張りましょう。

また、上り坂・下り坂は筋肉や循環器にそれぞれのチャレンジを与えます。そのため、ランニングマシンを使用する際、5分程傾斜を変えることをおススメします。登山をイメージして傾斜は頻繁に変えましょう。傾斜を変える前はできるだけ全速力で走り、その速度を維持しましょう。体はより多くのエネルギーを出します。その結果、カロリー消費につながるのです。

次回ランニングマシンを使う時は今回のアドバイスを参考にしてみてください。疲れを感じたら、しっかり休み筋肉が回復するのを待ちましょう。最後に、エクササイズするときは体の声にしっかり耳を傾けて怪我のないようにしてくださいね。