歩数を増やすためのアドバイス

31 5月, 2020
毎日、歩数を測ると、より活発で健康的なライフスタイルを送るのに役立ちます。見た目が良くなるだけでなく、肥満や心血管系の病気の予防にもなります。

毎日、歩数を測ることはあまり重要ではないように思われるかもしれませんが、これは、より健康的なライフスタイルを送る助けになります。そこで、トレーナーやフィットネスのプロは毎日歩くことを推奨しています。ここでは、これが難しい人のために、歩数を増やすためのアドバイスをご紹介しましょう

1日の歩数が健康を表します。世界保健機関(WHO)は1週間で150分以上歩くことを推奨しました。座りがちの生活、肥満、心血管系の病気を予防するためです。

そして、この発言のすぐあと、専門家は150分では足りないと考え、1日1万歩を推奨するようになりました。しかし、この歩数はまだ疑問視されており、十分ではないとの見方もあります。そこで、新たな目標は1日1万5千歩です

そこで、新たな疑問が湧きます。これを達成するのはどのくらい難しいのでしょうか?  1日の歩数を増やすには、どうしたら良いでしょう?

歩数を測る重要性

以前は歩いた時間を測っていましたが、今は歩数を測るのが一番だと考えられています。これにより、どのくらいの距離歩いたかが分かります。そして、どの程度運動したかも分かります。

体の脂肪の蓄積を防ぐため、健康的な運動の目標は、1日250~500カロリーの燃焼です。しかし、これを達成するには、12~16㎞歩かなければならず、現代の生活では厳しい目標です。

そこで、日常的に十分な運動をするためにいい方法を見つけなければなりません。次のアドバイスを参考にすると、健康目標達成のため、歩数を増やすことができるでしょう。

歩数を増やす

移動手段として歩く

多くの人は決まったスケジュールがあり、歩いて仕事に向かうのは難しいと思うかもしれません。定刻に仕事を始めるため、バスやタクシーを使ったり、自分で車を運転する人が多いでしょう。しかし、少し早めに家を出ると、歩いて職場へ向かうことができます。継続的に1日の歩数が増えます

この方法を使うと、汗だくになり職場に着くこともなく、1日に必要なエクササイズを楽しむことができるでしょう。また、帰りに歩くこともできます。

会社やマンションでエレベーターを使わず、歩数を増やすのもいい方法です。難しくなく、1日を通し、時間を有効に使い、歩数を増やしていきます

1日の歩数を増やす:職場でエクササイズ

現在、働き手が仕事中であっても、動くことは大事であると、多くの雇用主が理解しています。ですから、職場にいながらエクササイズをするといいでしょう

ここでの目的は、座りっぱなしを防ぐことで、立ったり、建物を歩き回ることで解消できます。足りないように思うかもしれませんが、どれもカロリーの燃焼に役立ちます。

職場で回転いすを使っているのであれば、座りながら足踏みができます。この運動を繰り返すと、歩数が増え、カロリーの燃焼につながります。

ジムに行こう!

理想的なのは、忙しい中で時間をとり、運動することです。当然ですが、激しい運動をすればするほど、素早く体重を落とすことができます。そのため、ジムに行くこと、少なくとも数日おきに少し激しい運動をすることが理想的であることを頭にいれておきましょう

ジム 歩数を増やす

推奨される12~16㎞を達成するのは簡単ではありません。そこで、ジムに行ったり、エアロビクス教室に通うなどをすると、歩数が増え、目標達成に近づきます。日常的に運動することを忘れてはいけません。

また、週末を利用して運動するといいでしょう。時間がないために自分の体がケアできていないのであれば、少ない自由時間を使う他ありません。目標達成のために日々の歩数を増やすと、体に効果が表れるでしょう