健康的な有酸素運動ができていますか?4つのポイント

9 4月, 2019
水泳やジョギング、自転車、クロスフィットなどの心臓に負担をかける運動をする時は、ある程度知識を持っていないといけません。

運動をする時、よく心臓血管の病気が気になる時があります。特に高齢の方はそうですよね。有酸素運動をすることで心臓血管の病気を防ぐことができますが、激しい運動は逆効果になります。ですので、今回はあなたの有酸素運動を行う際の4つのポイントをお教えしたいと思います。

まず知っておいてほしいことは、有酸素運動はとても効果的だということです。カロリーを燃やし、呼吸器系と循環器系の働きを改善します。しかし、無理に行うと逆効果になる時があります。

水泳やジョギング、自転車、クロスフィットなどの心臓に負担をかける運動をする時は、ある程度知識を持っていないといけません。では、その例を見ていきましょう。

健康的に有酸素運動を:4つのポイント

あなたの心臓を健康に保つため予防すること、また激しい運動に耐える耐久性を保つことは大事です。運動する時に心に留めてほしいガイドラインを紹介します。

1.自分の限界を知ること

あなたの運動に対する動機、熱意、やる気は良い結果を残す原動力になります。しかし、限度を超えて行うことは危険です。

徐々に運動に慣れていくと、いつ休む時か、またいつ休息を取るべきか教えてくれます。そして、そのサインを無視してはいけません。特に少しご年配の方には、激しい運動が負担となり、心臓血管のシステムがそれに耐えれない可能性があります。

2.環境を考えること

これは特に夏や冬のことを指します。高温や低温の環境で有酸素運動をすると体が危険にさらされます。

高熱、脱水状態、また突然の気温の変化は呼吸器系の問題、またはもっと重症な心血管合併症を引き起こす可能性があります。

健康  有酸素運動  ポイント

このアドバイスは、このような季節に運動をしてはいけないということではありません。1日の中で、寒すぎる時間、暑すぎる時間を避けて行う方が良いと言うことです。さらに、風が吹いているのか、湿気が多いのか、雨が降っているのかなど環境に注意して行わなくてはなりません。

同時に、寒い天候の中での有酸素運動は適切な注意を払えていれば最適な環境となります。免疫システムを強くし、あなたの運動パフォーマンスを大きく改善してくれるでしょう。

しかし、このような環境は全員にお勧めというわけではありません。その人の体質などによっては冷たい、乾いた空気が肺に入ると、深刻な症状を招くことににもなりうるからです。

3.運動前に健康診断を受診すること

どのスポーツを始めるにしても、健康診断を受けることをお勧めします。自分一人で運動している人、また個人的なトレーナーと行なっている人、クロスフィットを始めようと思っている人など、どんな人もまずは医師の診断を受けることが大切です。

心電図、超音波検査は健康問題をいち早く知ることのできる検査ですし、問題なくエクササイズを行うためには医師からの承諾があると安心ですよね。

4.専門家との話し合い

できれば、有酸素運動に詳しい専門家の指示を得ながら行うことと良いでしょう。専門家とは、自分の体について、より具体的な情報をくれる医師であったり、またエクササイズの計画をより良いものにしてくれるトレーナーのことを指します。

あなたの運動のレベル、家族の遺伝など可能性のある健康被害などを知っているトレーナーなら、あなたに合った計画を立ててくれるでしょう。専門家を持つことで、健康のことを考えながらエクサイズを向上させることができます。

あなたの結果と進捗を測るために、フィットネスに様々な方法を取り入れるようにして下さい。技術はあなたの助けとなり、またいつやめれば良いかも判断できます。

健康  有酸素運動  ポイント

健康の健康を守るための習慣

今までのアドバイスはフィットネスに関するものでした。日々健康でいるために、以下のポイントや知識も参考にしてみてください。

また、健康的な性生活を送ることも大事です。体を活性化し、新陳代謝を活性化するホルモンを作り出します。

最後に、定期的な健康診断もお勧めします。たとえ何か症状がなくても、前もって病気が検出されたり、早期に治療をすることができるため、必ず受診をお勧めします。