お腹周りのスリムダウンに効果的な4つのエクササイズ

31 5月, 2019
スタイルを引き締めてスリムダウンしたい時には、お腹周りに効果的なエクササイズをお試しください。

どれだけ運動を頑張っていても、お腹周りに集中して働きかけるエクササイズを行わなければ、お腹周りに脂肪が蓄積する場合があります。

本記事では、お腹周りやウエストラインに効果を発揮するエクササイズをご紹介します。

体重を数キロ減らしたいと考えている時には、バランスの良い健康的な食生活が欠かせません。

運動は大切ですが、運動だけでは腹部の脂肪を落とすことはできないため、必ずエクササイズと健康的な食生活を組み合わせてください。

体に必要な栄養素を取りながら、加工食品などの食品を避けることで、厳しい食事制限などを行うことなく健康的に腰回りをスリムにするのに役立ちます。

お腹周りとウエストをスリムダウンするためのエクササイズ

お腹周りに蓄積した脂肪を落として、ウエスト周りをスリムダウンするためのエクササイズをご紹介します。

メモの用意はいいですか?

1. サイドプランク

最初にご紹介するのはサイドプランクです。

通常のプランクが4点で体を支えるのに対して、これは2点で全体重を支えます。

体のバランスを安定させるために、体幹や腹筋をより引き締めて働かせる効果のある運動です。

サイドプランク

  • プランクの姿勢をとります。
  • ここから片方の肘は肩の下に置いたまま、反対の腕を天井に向かってあげるか、腰の上に置きます。
  • 床についていない方の足は、床についている足の上に置きます。
  • 体幹を引き締めながら、前腕と床についている足でバランスが取りながら、腰を地面からしっかりと持ち上げた状態を保ちます。
  • この姿勢を30〜45秒間保持します。
  • 反対側も同じように繰り返してください。

2. 腹筋運動

腹筋運動は、腹部の脂肪を燃焼させるのに役立つ定番の運動で、床の上に敷いたマットなどの上で行います。

腹筋運動

  • マットの上に背中をつけて横になります。
  • 足はつけてもやや離しても良いでしょう。膝は曲げてください。
  • 手を頭の後ろに置き、肘は横に向けて広げた状態を保ちます。
  • 体の上部を地面から持ち上げます。
  • 腹筋を使って状態を持ち上げる時には息を吐き、最初の位置に戻る時には息を吸ってください。
  • 難易度を上げる場合には、足を上げて交差する「シザーズ」運動と腹筋を組み合わせてください。

3. 自転車漕ぎ運動

体幹やお腹周りを鍛えながら、体重を落とす効果のある運動です。

動きはとてもシンプルですが、脂肪を燃焼する効果に加えて持久力を高めるのにも役立ちます。

自転車運動

  • 一般的にな腹筋運動と同じように、マットの上に横になり、手は頭の後ろに軽く置きます。
  • 両足を地面から持ち上げます。
  • 膝を軽く曲げ、自転車を漕ぐように片足を伸ばしもう片方の足は胸の方に引き寄せます。
  • 交互に足を動かしてください。

4. バーピー

最後はバーピー運動です。

身体中のすべての筋肉を使うこの運動は、体重を減らす効果のある素晴らしい運動です。

腕立て伏せの位置からジャンプを行なって腕立て伏せの位置に戻る全身運動です。

バーピー お腹周りのスリムダウンに効果的な4つのエクササイズ

  • 両足を腰幅に離して立ちます。
  • スクワットをするようにヒップを後ろに下げたら、手のひらが床に触れるまで体を下げます。
  • 手のひらをついたら、足を後ろに蹴り、腕立て伏せの姿勢になります。
  • 後ろに伸ばした足を手の位置まで素早く戻して、体を起こしながらジャンプをします。
  • これで1回と数えます。

今回の記事でご紹介したエクササイズに加えて、ウエストを細くするためには、食生活の改善が重要なカギを握ります。

健康的な食事と正しいエクササイズを実践すれば、スリムはウエストとお腹周りを達成できるでしょう!