ビタミンは栄養の基本的柱

16 6月, 2020
ビタミンは食生活に欠かせない栄養素です。ビタミンがなければ体はきちんと機能しません。様々な食品を食べることで、必要な基本栄養素を摂りやすくなります。

体が適切に機能するために必要な栄養素を摂るには、食生活におけるビタミンが基本的柱になります。主要栄養素には、たんぱく質、炭水化物、脂肪があります。そして、ビタミンやミネラルなどは微量栄養素と呼ばれます。

これらの栄養素には、体内で貯蓄が可能なため、摂取量が少なくていいものもあります。しかし、これらの不足は、健康に様々な影響を与えます。ビタミンは体に直接エネルギーを与えるものではありませんが、体の基本的柱になっています

ビタミンは栄養の基本的柱

これらの基本栄養素が体を適切に動かします。体内で合成することができず、食を通して体に取り入れるしかありません。ビタミンは、たんぱく質、脂肪、炭水化物の代謝を司ります。基本的に、食べたものすべてをエネルギーに変える役割があります。

ビタミンは、神経系、ホルモン、赤血球の適切な機能にも関わっており、健康に欠かせない基本的柱です。さらに代謝の調整も司ります

私達が適切に機能するのに必要なビタミンの多くは野菜や果物に含まれます。しかし、必要なビタミンすべてが入った食品はありません。そこで、必要とされる栄養素をすべて摂取するために、様々な食品を摂ることが大切です。

ビタミンC

ビタミンA

ビタミンAは感染と闘い、肌や粘液の健康において重要な役割を果たします。また、夜盲症の予防にも関わります。

ビタミンAは1日0.8~1.0㎍摂取することが推奨されています。ニンジン、ほうれん草、ケール、カボチャなどから自然に取り入れることができます。また、卵黄や魚にも含まれます。

ビタミンB

ビタミンB群にはたくさんの種類があります。食べ物をエネルギーに変え、神経や心血管系を健康に保つためには、ビタミンB群が基本的柱になります。

  • B1は、主に、ナッツ類、シリアル、ピーナッツ、ひよこ豆、レンズ豆に含まれます。また、肉や卵にも含まれます。
  • B2は、目や肌の健康に役立ちます。マッシュルーム、ココナッツ、レンズ豆、アーモンドに多く含まれます。また、お肉、牛乳、卵も良いでしょう。
  • B3が欠乏すると、肌や神経系に大きな影響が出ます。小麦、酵母、肉などから摂取できます。
  • B6は、中枢神経系の基本的柱です。ビタミンB6を健康的に摂取するには、レンズ豆、ひよこ豆、バナナ、アボカド、その他の果物や野菜がお勧めです。また、鶏肉、卵、豚肉にも含まれます。
  • B9は、細胞の形成を助ける非常に重要なビタミンです。レタス、トマト、ほうれん草、ナッツ類を食べましょう。
  • B12は、貧血の予防や神経系の健康において大きな役割を果たします。ニンジン、トマト、ナッツ類など多くの有機農産物に含まれる細菌に由来します。さらに、人間同様、動物も臓器や筋肉にビタミンB12を蓄えることができます。
トマト ビタミン

ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE

ビタミンCには抗酸化作用があり、カルシウムや鉄の吸収を助けます。これはキウイ、オレンジ、ライム、ブラックベリーなどの果物、ほうれん草やブロッコリーなどの野菜に主に含まれます

そして、ビタミンDは、日々私達が浴びる太陽光から得られます。また、マッシュルームや海藻などの食品にも含まれます。動物性の食品では、魚、卵、レバー、牛乳などから摂取できます。

さいごに、ビタミンEです。これは細胞膜を保護します。野菜、油、ナッツ類、全粒シリアルなどに含まれます。

これらのビタミンは、栄養の基本的柱で、体の健康において重要な役割をもちます。食品から直接摂取したり、自然に摂取することができない場合は、サプリを摂ることもできます。