ブロッコリーニ(スティックセニョール)の特性と効能

10 9月, 2019
10種類の必須栄養素、さらにはグリーンアスパラガスやブロッコリー、ケール、ほうれん草よりも多くの亜鉛、葉酸、抗酸化物質、ビタミンCを含んでいます。

ブロッコリーニ、またはスティックセニョールと呼ばれる野菜は、ブロッコリーに似ており、アブラナ科に属します。柔らかく甘い味をしており、茎はアスパラガスの茎に似ています。また花はブロッコリーの花に似ています。

食物繊維リノール酸を多く含んでおり、減量用の食事に加えるのに非常に適した食べ物です。また抗発がん性物質であるグルコシノレート多く含み、シングリンも含んでいるため、前がん状態の細胞の除去を促進します。いくつかの研究によると、胃がん、大腸がん、肺がんになるのを防ぐ効果が期待出来るとされています。

ブロッコリーニ(スティックセニョール)の特性と効能

ブロッコリーニ(スティックセニョール)の特性

ブロッコリーニまたはスティックセニョールは、一般的なブロッコリーとカイランを掛け合わせたハイブリッド野菜です。これにより、この2種類の野菜に似た特性を持ちますが、ブロッコリーニならではの特徴も持ち合わせています。

ブロッコリーニにはオメガ3脂肪酸と腫瘍細胞を除去するグルコシノレートやイソチオシアネートなどの抗発がん物質が豊富に含まれています。

また抗酸化作用と抗炎症作用をもつフェノール化合物も多く含んでおり、中でも抗腫瘍効果も兼ね備えたフラボノイドは特に傑出しています。

栄養素に関しては、ブロッコリーニはカリウム、亜鉛、葉酸、マンガン、鉄、ビタミンB群を豊富に含んでおり、さらにはオレンジに含まれるビタミンCをも超える量のビタミンCを含んでいます。

また、食物繊維を多く含み低カロリーなため、食事のカロリーを増やさず栄養を摂りたいときには非常に便利な食べ物です。例えば、体重を減らしたい、または増やしたくない時にでも、これを食べればお腹が満たされます。

さらには腸内細菌を育てることでプレバイオティクスとしての機能を果たす植物性化合物を含んでいます。また、医薬用ととしての見込みのある抗菌物質も含んでいます。

ブロッコリーニ(スティックセニョール)の効能

上述の通り、この野菜の持つ特性は人の健康に非常に有益です。そうした有益な特性の代表には、ブロッコリーニに豊富に含まれる抗酸化物質と抗発がん性物質が挙げられるでしょう。

サラダ ブロッコリーニ(スティックセニョール)の特性と効能

ブロッコリーニの効能を見ていきましょう。

  • 腫瘍細胞に抵抗するだけでなく、心臓病や代謝性疾患を防いだりコントロールしたりする効果を期待できます。
  • 体から余分な水を排出する効果のあるすぐれた食べ物です。緊張を制御し、過剰な水分を取り除くことができ、減量のための食事の強い味方になります。
  • 多く含まれるビタミンCは免疫力を高め、細菌や微生物から身を守ることにつながります。またビタミンCは細胞のエネルギー生成を促します。
  • カルシウムとビタミンDは骨の健康を維持し、骨粗鬆症を防ぎます。
  • 食物繊維は腸の働きを改善し、便秘のリスクを下げ、大腸がんの防止につながります。

ブロッコリーニ(スティックセニョール)の食べ方

茹でても炒めても蒸しても、また生でも食べることができます。一般的な食べ方としては、塩を少々加えた湯で3分ほど茹で、水切りして食べる方法でしょうか。普通のブロッコリーと同じように扱うことができます。