きちんと食べないとトレーニングの意味はない?

13 5月, 2020
食べ物は、体の燃料となり、ジムで行うトレーニングの結果に良くも悪くも影響します。自分の食を気にかけていますか?

現代社会では、運動の70%が食生活に左右されるとされています。では、結果を出すためには、厳しいトレーニングと食のどちらがカギとなるのでしょうか?ここでは、厳しいトレーニングかきちんと食べることか、どちらがいいかを説明します。

実際、運動かきちんとした食生活のどちらかが満足感をもたらすと考える人はたくさんいます。しかし、多くの場合、この両者が補完し合うことが重要です

フィットネスの成功の大部分は食事が関係するとよく聞きますが、これにはいくつかの前提があります。まず、この言葉は、厳しいトレーニングをしている人向けであるということを頭にいれておきましょう

つまり、ウェイトリフティングをする人や、真剣にスポーツをしている人向けの言葉です。反対に言うと、座っていることが多い人や時々スポーツをするという人には当てはまりません。

また、エクササイズに関し、トレーニングをする人全員が、必死にトレーニングにはげんでいるのではないということもあります。運動はするけれど、激しくない、あるいは、質が高くないという場合です。この記事を読み進め、矛盾するようなこのトピックについて学んでいきましょう。

厳しいトレーニングをしなければ、結果はみられない

フィットネスにおいて、食生活が基礎であることは間違いありません。しかし、これは、質の高いトレーニングを行う時のみです。

例えば、エクササイズの質、時間、激しさにおいて、適切なトレーニングを行っていない人はポジティブな結果を得ることは難しいでしょう。厳しい食事制限をしていても、筋肉においてはこれが当てはまります。

サラダ

一方で、体重を落とすことや今の体重の維持が目的であれば、この目標達成のために、食生活大切です。しかし、多くの場合、これが目標ではないため、質の高いエクササイズをしない限り、ポジティブな結果を得ることは難しいということを知っておきましょう。

悪い食習慣と厳しいトレーニング

別のケースを見てみましょう。きちんと食べずに、質の高い、厳しい運動をする人はどうでしょう

厳しいトレーニングと個人の食生活には非常に深い関係があります。たんぱく質や多量栄養素など栄養豊富な食事には、十分なカロリーが含まれており、筋肉は増強されます。

しかし、健康的な食事をしていても、運動しなければ、健康を目指すことは難しいでしょう。

また、たんぱく質が不足する場合、運動をしても、筋肉の適切な生成は行われません。成長はみられず、目標は達成されません。どんなにトレーニングをしてもダメです。

計画が成功へのカギとなる

自分の運動に沿った、正しい食事が分からないのであれば、トレーナーや専門家に相談してみましょう。目標の達成に近づくための手出すけをしてくれます。

結果を出したいのであれば、食がカギとなると言えます。しかし、しっかり動き、質の高いトレーニングをしなければ、食生活のみで目標を達成することはできないということは頭に入れておく必要があります。

野菜を食べる

そこで、フィットネスの成功の70%が食に左右されるという考えに賛同するのではなく、バランスの取れた食事と厳しいトレーニングが結果を導くと言った方が良いでしょう。