体脂肪を減らす8つの手軽な方法

21 5月, 2019
体脂肪を手軽に減らすことができる方法を見逃していませんか? 本記事では、私たちが考えているよりも簡単に体脂肪を減らす方法をご紹介しましょう。

質の高い睡眠

いくつかの研究は、夜間の睡眠時間が短い人が、ストレスに苦しむ傾向にあると発表しました。

ストレスが蓄積すると一日を通して代謝が遅くなり、夜間に体が毒素を除去する能力が低下します。

つまり睡眠不足によるストレスなどは、体脂肪が蓄積する原因となります。

毎晩7時間以上の質の高い睡眠を目指してください。

十分な睡眠をとることで、体が脂肪を蓄えるのを防ぐことができます。

水分補給

1日にコップ6杯の水を飲むことで代謝を促進されることがいくつかの研究から分かりました。

また適切な水分補給を行えば、休んでいる間でも体がカロリーを消費するのに役立ちます。

水分補給

目が覚めたらすぐに1杯の水を飲んでください。

夜間にはエネルギーのすべてが消化に使われています。

朝起きたら、目覚めてすぐにレモンを一切れ入れた水を飲むと、このレモンウォーターが、腸管にたまった便をきれいにするのに役立ちます。

ただし、レモンウォーターは朝起きた時に飲むだけで、残りの一日はレモンが入っていない普通の水を飲んでください。

強力な作用を持つ果物から作る天然ジュース

果物には水分が豊富に含まれているだけでなく、体内をデトックスする作用があります。

果物から作るジュースは、コレステロールと中性脂肪値を低下させ、消化機能を最大限に活用レベルを下げるのに役立ちます。

おすすめの果物は以下の通りです:

  • パイナップル
  • パパイヤ
  • ザクロ
  • オレンジ

朝と午後に1回ずつ、ここでご紹介した果物を作って天然ジュースを作りましょう。

食べ過ぎなどで肥大した胃を落ち着かせながら、体脂肪を取り除くのを助ける良い方法です。

間食に要注意

間食に要注意

間食を毎日の食生活から完全に取り除く必要はありません。

逆に健康的な間食をとる食生活は、体脂肪を減らすのに役立ちます。

バランスのとれた健康的な少量の食事を1日5回摂取するようにしてください。

少量を頻繁に食べることで、代謝が高まり体内の脂肪を燃焼しやすくなります。

また、炭水化物の摂取は適量に抑え、タンパク質が豊富な食事をとることで、運動をする際のエネルギーや運動能力の向上につながります。

正しい呼吸法の実践

鼻から息を吸いそして鼻から息を吐く呼吸法は、持久力を高めてカロリーの消費を促進しながら、心拍数を正常にコントロールします。

タンパク質の摂取量を増やす

体脂肪を減らすためには、筋肉量を増やす必要があります。

タンパク質を食べて筋トレをすると体が大きくなると考えている人がいますが、タンパク質を食べながら適度な筋トレを行うと、美しく引き締まった筋肉がつくだけでなく体脂肪が落ちるため、最終的には細く引き締まった体型になります。

ウォーキング

ウォーキングはとても効果的な運動ですが、その中でも特に効果の高いお勧めの時間帯があります。

朝は私たちの体が最も活発な状態にあるため、朝の散歩を行いましょう。

また昼食後や午後の空いた時間などにウォーキングを行うと、体内に蓄積されがちな毒素を体外に排出する効果を促進します。

運動強度を減らしながら運動頻度を増やす

体脂肪を減らすために1週間毎日運動をする必要はありません。

いくつかの研究では、運動強度や時間を減らし、運動する頻度を増やすことが良いと発表されています。

目標に向かって努力を続けることは大切ですが、辛い思いをする必要はありません。

本記事でご紹介した体脂肪を減らすのに役立つヒントを活用して、目標を達成しましょう。