炭水化物抜きダイエットって本当に効果あるの?!

4 5月, 2019
多くのダイエット療法で、毎日の食事から炭水化物を抜くことを提案していますが、炭水化物が重要な機能を果たしていることを忘れてはいけません。

生活にトレーニングや食事制限を取り入れようとする時に、まずする事の一つが炭水化物を抜くことでしょう。この炭水化物抜きダイエットに関しては多くの都市伝説があります。今日は事実を明らかにして、本当に炭水化物を抜くべきなのか調べてみたいと思います。

 

炭水化物は必要?

答えは「イエス」です!炭水化物は私たちの体に必要な栄養素です。いつかの重要な機能を果たしています。

  • エネルギー。炭水化物を摂取すると、エネルギー貯蔵として使用され、グルコースに分解されます。つまり適切な量を摂取していれば、すぐに燃焼されるようになっています。
  • たんぱく質を貯蔵する。炭水化物は私たちの体の燃料として働きますが、体がより多くのエネルギーを必要とする時、炭水化物は筋肉を強くするために、たんぱく質を蓄えるのを助けます。
  • 組織の発達に必要。炭水化物は、神経系に関連した体内の組織形成に使われます。
炭水化物抜きダイエット

  • ケトン体を防ぐのに役立ちます。炭水化物を摂取しないと、体はエネルギーを得るために脂肪を使用するため、ケトンとして知られる老廃物が生まれます。これらは、様々な合併症、とくに心臓不整脈や骨粗鬆症を引き起こすことがあります。これらのケトン体は、それだけでは除去することが不可能です。
  • 炭水化物に含まれるセルロースは、腸管の通過を調節します。これは、大腸がんの予防など、多くの機能にとって有益です。

食事から炭水化物を「ほぼ」抜くとどうなる?

炭水化物というのは一つの物を言うわけではありません。炭水化物の中のいくつかは、撮り過ぎると肥満につながるため、健康を損なうことがあります。

過剰に摂取することを避け、炭水化物は適度な摂取を心掛けましょう。それには、パン、米、パスタ、小麦粉などの炭水化物をマメ科植物、全粒穀物、ナッツ類に置き換えることをおすすめします。後者は体が必要とする栄養を与えてくれ、次のような効果も得ることができます。

脂肪を燃やす

前述したとおり、炭水化物を蓄えるとエネルギーが貯蔵されます。しかし、摂取量が少ないと、体は脂肪を燃やし始めます。これによりボディラインが変化することとなります。

しかしこれは諸刃の剣です。脂肪だけが燃焼されるとケトン体が生成されるので、燃焼する脂肪と消費する炭水化物の量のバランスを取ることが重要です。

炭水化物抜きダイエット

もっと満足の結果に

体重を落とすためには、満腹にしてはいけないと多くの人が信じていますが、それは都市伝説です。理想は少量でも満腹を感じることです。もっと食べたいと思う理由の一つは、インスリンを分泌させる食べ物が原因で、血糖値が下がるからです。これは炭水化物で起こることです。

したがって、炭水化物の摂取量を制限し、健康的な脂肪の摂取を増やすと、食欲を抑えることになり、過食を防げます。ナッツは両方を含んでいるので、目的を達成するための良い代替食品であり、最高のおやつだと言えるでしょう。

筋肉の強化にも

おそらく一番嬉しい効果の一つが筋肉の強化でしょう。摂取する炭水化物の量を減らし、たんぱく質の摂取量を増やすと、筋肉がつくでしょう。炭水化物にはたんぱく質が一切含まれないので、筋肉量を増やすのには役立ちません。

炭水化物を減らしたり、抜いたりという話をする時に言う炭水化物というのは、小麦粉、砂糖、澱粉に含まれる精製炭水化物のことを意味しています。今まで見てきたように、炭水化物は私たちの体に必要なので、精製食品の摂取を減らし、穀物、ナッツ、野菜、果物に含まれる良い炭水化物をもっと摂取するようにしなければいけません

これらのポイントを抑えれば、体重が減り、体は快調になることでしょう。これが究極の目標です。