ナス、トマト、ホウレン草のベジタリアンカレー

8 6月, 2019
カレーはベジタリアン料理で非常に人気のある調味料で、様々な料理に使われています。ナス、トマト、ホウレン草を使った野菜カレーの作り方をご紹介します。

スパイスを混ぜ合わせたカレーは、料理に直接加えることがでる調味料。またインド料理としてのカレーは、肉(ベジタリアンカレーの場合は野菜)をスパイスで煮込んだ料理です。日本ではカレーライスはおなじみですね。

今日ご紹介するレシピに使われる3種の野菜は栄養価も高く、互いに補い合う要素があります。ナスは水分が豊富で、食べることでカリウムが摂取できますし、トマトはベータカロチンの含有量が高く非常に人気があります。ホウレン草もベータカロチンが豊富で、ビタミンKとAも多く含まれています。

ナス、トマト、ホウレン草は身体に良い人気のある野菜で、多くのレシピ、特にベジタリアン向けのレシピに重宝されています。

ナス ナス、トマト、ホウレン草のベジタリアンカレー

カレーは味にインパクトがあるので、通常は追加のソースとして、パン、クッキー、野菜、ほかのプレーン味の食品をつけて食べることができます。

このブログで紹介するレシピにはライスを添えてもいいでしょう。最も人気があるライスがバスマティ米で、粒が長く、優れた芳香で、豊かな味が特徴です。

カレーのもう一つの食べ方がナンです。ナンは小麦で作られた丸くて平たいパンで、アラビアの料理で食べられるピタというパンに似ています。

カレーについてのプチ情報

カレーという単語は、タミル語の言葉である「カリ」から来ています。この言語を話す人々は南インドに住んでいます。「カリ」はライスを添えた料理全般を表す単語でしたが、イギリスの人々が、たくさんのスパイスを使った煮込み料理に対して使うようになり、「カレー」に変わっていきました。

沢山のスパイスを粉にして混ぜ合わせたものをカレーまたはガラムマサラと呼びます。出来上がった商品には主に以下のスパイスが含まれています。

  • チリ
  • サフラン
  • バジル
  • キャラウェイ
  • シナモン
  • 乾燥玉ねぎ
  • カルダモン
  • クミン
  • セロリ
  • コリアンダー
  • ナツメグ
  • ショウガ
  • マスタード
  • タマリンド
  • カイエンペッパー
野菜カレー ナス、トマト、ホウレン草のベジタリアンカレー

スパイスの分量によって、カレーの色は黄色から茶色まで様々です。

 

ナス、トマト、ホウレン草のベジタリアンカレー

前述したように、このベジタリアンカレーは、栄養価の高い3つの野菜を使います。このレシピでおよそ4人分になります。

材料:

  • ナス2本
  • トマト2個
  • 新鮮なホウレン草80グラム
  • 野菜のだし汁1カップ
  • 玉ねぎ1個
  • にんにく2片
  • ショウガ50グラム
  • クミンパウダー8グラム
  • ガラムマサラ11グラム
  • 粉末のコリアンダー5グラム
  • 粉末のターメリック8グラム
  • トマトピューレ73グラム
  • カイエンペッパー
  • ひまわり油50cc
  • 大さじ5杯のオリーブオイルまたはギー(インドのバターオイル)

作り方:

  1. 玉ねぎの皮をむき、みじん切りにします。
  2. にんにくとショウガの皮をむきます。
  3. フードプロセッサーで、玉ねぎ、にんにく、ショウガ、カイエンペッパー(種を抜いて)、残りのスパイス(ガラムマサラ、クミン、ターメリック、コリアンダー)、トマトピューレ、そしてひまわり油を混ぜます。塊がなくなり、均一に混ざったら置いておきます。
  4. ナスとトマトを洗って、細かく切ります。
  5. ホウレン草を洗って水けを切ります。
  6. フライパンに少量のオリーブオイルを入れ、ミックスしたスパイスを温めます。
  7. 次にナスを加え、絶えずかき混ぜながら、弱火で10分調理します。
  8. そこへ野菜のだしを入れ、弱火で20分煮ます。
  9. その後でトマトを加えて、さらに10分煮ます。
  10. 最後にホウレン草を加えます。
  11. 塩で味を調えてから、火からおろします。
  12. 食べる時に、コリアンダーを振りかけ、味を調えます。

このナス、トマト、ホウレン草のベジタリアンカレーでは、スパイスの量はお好みで調整してください。豆類、じゃがいも、お米を足してもいいでしょう。出来立てを食べることをお勧めしますが、冷蔵庫で数日は持ちます。