様々な方法を試そう!ランニングで持久力を高める方法

20 9月, 2019
ランニング中の持久力を高めるためには、今回の記事が役に立つでしょう。メモの用意はいいですか?

ランニング中の持久力を高めるためには、さまざまな方法があります。

今回は、身体能力を向上させてより良いランナーになるためのいくつかの方法をご紹介します。

ランニングで持久力を身につける

ランニングをする人の多くは、健康維持や体調の改善、そしてより速くより長距離を走ることなどを目標にしていますが、徐々に体を「慣らす」ことが大切です。

また、「持久力」とは、長期間にわたって適度に持続する力を維持する能力を指します。

特にマラソンをはじめとする長距離を走るランナーにとっては、苦痛を軽減しながら自分のペースで長距離を走り抜くために不可欠です。

ランニングで持久力を高める

心血管系や筋肉の強度が呼吸に影響を与え、持久力を測定する目安になります。

また、精神状態も持久力に影響を与えます。

いずれにせよ、今回の記事でご紹介するアドバイスを参考に、より完全なランナーを目指しましょう!

 

持久力を高めるためのさまざまなランニング方法

1.-ゆっくり走る

持久力を高めるために行う最初のランニング方法は、ゆっくりと走ることです。

パフォーマンスを向上させるためには、ゆっくりとしたペースでランニングを始めてください。

多くの人が、最初から張り切って最高速度を出そうとしますが、そのレベルを維持することができず、すぐに疲れてしまいます。

筋力の基盤を構築し、酸素を最適な方法で使用する力を身につけて向上させるためには、ゆっくりと走り始めましょう。

具体的には、疲れるまで距離を伸ばすことができる適切なランニングペースを見つけることです。

安定した速度を見つける方法をご紹介します。

ランニングで持久力を高める

適切な速度とは、走りながら軽めの会話を継続できるペースです。

また心拍数を計測するモニターなどをつけ低強度で走り続けると、心拍数が徐々に低下して、長距離を走り続けることができる持久力が身につきます。

 

2.-長時間走る

ランニングに必要なリズムを身につけたら、走る時間を長くしましょう。

持久力を向上させるためには、毎週のワークアウトの中に、いつもより長めのランニングを1回取り入れてください。

体が、これまでよりも長時間のランニングに耐えられない場合も心配する必要はありません。

必要な時間や距離を達成できるまで、徐々に体を鍛えていきいましょう。

予想外の怪我を予防するためには、一度の時間を増やすのではなく、毎週数分、走る時間を伸ばしてください。

目標を達成するのに時間がかかる場合がありますが、可能な限り最高の方法で確実に到達することができます。一貫性とモチベーションを保持してランニングを続けてください。

3.-定期的に走る

最後に大切なのは、定期的にそして継続してトレーニングを行うことです。

短期間に長距離を走ってその後休んでしまうよりは、毎週何回か、短い距離でも継続して走り続けることが大切です。

ランニングで持久力を高める

週2回の自主トレーニングを行ったり、他の人と一緒にグループトレーニングに参加するのは、ランニングのトレーニングを始めるのに良い方法であり、持久力を向上させるための安全な方法です。

短い間隔で長距離を走ってしまうと、怪我をするリスクが高まります。

また筋肉痛が長期にわたって治らない場合は、ランニングを完全にやめて体を休ませる必要があるという兆候です。必要に応じて医師の診察を受けてください。

定期的にそして適度な休息日を取りながらランニングを続けることが、持久力を向上させるための鍵です。

体は、小さな目標を設定して達成していくことでやる気が持続するだけでなく、体が徐々にペースや距離に適応するため、怪我のリスクを減らすことができます。

最後に、さまざまな方法でランニングして持久力を高めたい場合には、健康的なライフスタイルの維持が大切であることを忘れないでください。

タバコやアルコールなど、私たちの健康に有害なものは持久力に直接影響を及ぼしますし、長距離を走るためにはバランスの良い健康的な食事が欠かせません。

ランニングのトレーニングを行った後も、健康的なライフスタイルや食生活の維持を心がけることで、持久力を高めるのに役立ちます。