運動に適したストレッチを行うためのヒント

13 12月, 2019
運動前後のストレッチの重要性については、様々なところで耳にするでしょう。ストレッチを正しい方法で行うためのテクニックや、特定のエクササイズ後にはどのようなストレッチが適切かを知っていますか?

ストレッチは、私たちの健康全般と運動やスポーツを行う際のパフォーマンスを向上させるのに役立ちます。

今回の記事でご紹介するヒントを参考に、ルーチンにストレッチを取り入れて最大限に活用してください。

ストレッチは、筋肉をリラックスさせることで蓄積した緊張を解消するのに役立つ、トレーニング後には欠かせないものです。

ストレッチは、筋肉繊維への酸素化だけでなく、柔軟性と関節の可動性の向上に役立ちます。

怪我を予防しながら健康を維持するためには、ストレッチが欠かせません。

トレーニングルーチンの効果を最大限に活用するには、今回ご紹介するストレッチのヒントに留意し、適切かつ安全にストレッチを行いましょう。

ストレッチのヒント

ストレッチには、動的ストレッチ、静的ストレッチ、反動的ストレッチがあります。

有酸素運動やウェイトトレーニングに様々な方法があるように、ストレッチをする方法もいくつかあります。

トレーニングの種類に応じて、適切なストレッチを適用する方法を知ることが大切です。

ダイナミックストレッチと呼ばれる動的ストレッチは、動きを伴うストレッチで筋肉の可動範囲を広げて温める効果があります。

しかし、完全なウォームアップと混同しないでください。

動的ストレッチは、ウォームアップルーチンの一部を形成します。

特に、スクワットやバーピーなどの特定の関節の屈曲を伴う運動を行う場合に最適です。

一方、スタティックストレッチと呼ばれる静的ストレッチは、激しい運動後に行うのが最適なストレッチで、可動範囲が許す限り筋肉を伸ばすことができます。

運動に適したストレッチを行うためのヒント

静的ストレッチは、ストレッチを30秒以上保持し、血流を増加させ、関節、腱、筋肉の緊張を解消するのに役立ちます。

バリスティックストレッチと呼ばれる反動的ストレッチは、通常の可動範囲を超えて手足を伸ばすために動的な反動をつけながら、弾むような動作で行うストレッチです。

トレーニングルーチンに応じて、適切なストレッチをすることで怪我の予防に役立ちます。

筋肉の収縮を避ける

運動中、筋肉の収縮は重要です。ただし、ストレッチ中は筋肉を収縮させないでください。

ストレッチの目的は、可動域を広げることです。緊張している場合、ストレッチは痛みを伴い、実行が困難になる場合があります。

筋肉の収縮を避けるためにも、ストレッチ中にはできる限り意識的に呼吸を行いましょう。

リバウンドを避ける

最初は、ストレッチエクササイズを行うのは簡単ではりません。

そのため、勢いや過剰な反動をつけてストレッチを行う人がいますが、これはとても危険です。

筋肉に小さな裂け目を引き起こし、筋肉が回復する過程で、柔軟性を低下させて痛みが起こりやすくする可能性があります。

フォームローラーを使用する

フォームローラーは、ストレッチにとても役立ちます。激しいトレーニングを行った後は特に、フォームローラーを使ったストレッチが欠かせません。

フォームローラーを使用する場合すべての筋肉群をストレッチすることで、筋肉の緊張を和らげ、筋肉繊維に蓄積する疲労を解消する効果があります。

またフォームローラーが筋繊維を整えることにより、トレーニングで使用する筋肉を活性化します。

運動に適したストレッチを行うためのヒント フォームローラー

ストレッチ中に強い力をかけすぎない

ストレッチルーチンを通じて柔軟性を向上させるためには、忍耐強く行うことが大切です。

手足に過剰な力をかけると、深刻な怪我の原因になる可能性があります。

柔軟性を向上するために大切なのは、優しく行うことです。

優しくストレッチを行うことで、私たちの体はストレッチ運動を徐々に吸収し、少しずつ柔軟性が向上します。

ストレッチは、ストレスを緩和しながら体をリラックスさせるのに役立つなど、私たちの精神と筋肉の健康に多くの利点をもたらします。

ストレッチをするときには、今回ご紹介したヒントを参考にしてください。

  • Mohr, A. R., Long, B. C., & Goad, C. L. (2014). Effect of Foam Rolling and Static Stretching on Passive Hip-Flexion Range of Motion. Journal of Sport Rehabilitation23(4), 296–299. https://doi.org/10.1123/jsr.2013-0025
  • Ayala, F., Sainz de Baranda, P., & Cejudo, A. (2012). El entrenamiento de la flexibilidad: técnicas de estiramiento TT  – Flexibility training: tretching techniques. Rev. Andal. Med. Deporte5(3), 105–112. Retrieved from http://pesquisa.bvsalud.org/portal/resource/pt/ibc-107471