糖尿病と運動の関係

4 7月, 2019
糖尿病とその症状と戦うためには、運動はとても効果があります。しかし、糖尿病は運動中の体に、どのように影響しているのでしょうか。それを知るためには、ブドウ糖が身体活動に対してどのような反応するかを学ぶ必要があります。

定期的な運動は、全体としてより良い健康をもたらしてくれます。特定の病気の予防にもなるでしょう。しかし糖尿病を患っているなら、運動の前に用心しないといけません。糖尿病と運動の関係をしっかり学んでおくことが必要です。

身体活動の一般的な利点

何かしらの身体活動を定期的にしている人は、長生きで生活の質も良いという研究結果が出ています。多くの心血管疾患を引き起こすと言われている座ってばかりのライフスタイルを変えようという世界的キャンペーンも行われています。

糖尿病と運動の関係

血糖値の改善だけでなく、運動には他にも良い面がたくさんあります。カロリー消費が増えることで、健康的な体重に戻すことができる上、コレステロールと中性脂肪の値を正常に保ち、血圧も推奨されている範囲に保てるようになります。

毎日の運動はまた、健康感を生み出し、社会により参加できるようになります。身体活動は、健康、幸福、体重だけでなく、人の社会的な関わりにも影響を与えるのです。

糖尿病と運動の関係

糖尿病を持っている人は、何かしらの身体活動を“出来るだけ”ではなく、“必ず”するべきです。糖尿病と診断される前にしていたスポーツがあるなら、それを定期的に続けることをお勧めします。

しかし運動強度が高いスポーツは、適応期間を設けて、徐々に強度を上げていくようにしましょう。

何もスポーツをしていなかった人が糖尿病の診断を下されたら、ぜひこの機会にスポーツを始めてみましょう。運動の目的は、適正体重に戻しそれを維持すること。そして血糖値のコントロールです。

運動は、様々な方法で、血中のブドウ糖を減らすのに役立ちます。運動することでインスリンに対する感受性も高まります。運動の間と運動後の数時間、細胞は利用可能なインスリンを使って、ブドウ糖を取り込みます。

その一方で、身体活動中の筋肉の収縮により、筋肉はブドウ糖を取り込み、エネルギー源として使用します。

運動が血糖値低下に及ぼす影響は、運動後24時間続くことがあります。これにより体がインスリンに対してより敏感になります。

糖尿病の人は運動の前後に血糖値を制御することができます。このように、運動によって利益を得られるのです。自分のニーズに合うスポーツを見つけるのも良い方法でしょう。

糖尿病と運動の関係:1型

1型糖尿病に苦しむ人は、非常に辛抱強くならなければいけません。運動の効果はすぐには現れないでしょう。望ましい効果を得るためには、辛抱強く毎日運動を続けることです。

1型の人は運動するに際して、いくつかの要因を覚えておくべきです。それは運動する時間、運動の強度、そして運動の長さです。また、運動する前の血糖値と使用するインスリンの量もコントロールする必要があります。

エクササイズを始める前に、健康的な習慣を身につけましょう。糖尿病患者におすすめの習慣は、運動中に使わない筋肉にインスリンを注射すること。そして、インスリンの効果を生かすために、運動のスケジュールと食事の時間を合わせることです。

運動はできれば毎日同じ時間に行いましょう。低血糖を防ぐために、運動の前や途中で炭水化物を余分に摂取しましょう。

糖尿病と運動の関係:2型

2型の糖尿病患者にとっても、運動は多くの良い効果をもたらしてくれます。運動がハイリスク患者の糖尿病予防になると多くの研究でも証明されています。運動によって減量すれば、糖尿病をコントロールでき、さらには血圧も正常値に抑えられます。

運動には、糖尿病治療に使われる薬と同じ効果があるのです。運動は最高の自然療法と言えるでしょう。

糖尿病と運動の関係

おすすめは有酸素運動です。血液の循環を良くし減量効果もあります。同じ強度の運動を同じ量で、毎日行うことが重要です。