うつ病とスポーツの関係性について

7 3月, 2020
うつ病の緩和や解消にスポーツは役立つのでしょうか? スポーツが原因でうつ病を発症する可能性はありますか? 今回はうつ病とスポーツの関係について分析しましょう。

スポーツとうつ病には、密接な関わりがあります。

スポーツは、精神面での不快感などを緩和する効果があると言われていますが、これは真実なのでしょうか?

今回は、スポーツが私たちに及ぼす心身への影響について説明し、特にうつ病を発症するリスクが高い人への影響について掘り下げます。

スポーツとうつ病の関係が、別の側面を持つことはありますか?

実は、スポーツ選手の中にはうつ病に悩む人も少なくありません。そして原因がスポーツであることが多くあります。

うつ病とは?

うつ病という言葉が、単に悲しんでいたり落ち込んでいる時に使われることがありますが、これは間違った使用方法です。

世界保健機関(WHO)は、うつ病を気分障害疾患として定義しており、心理的要因、環境的要因、そして遺伝的要因などもその原因としてあげられます。

うつ病の主な症状

一般的に、うつ病にはさまざまな症状が伴い、症状は軽度から重度のものがあり、一時的な症状から永続的な症状まで様々な形で発症する可能性があります。

うつ病の主な兆候は次のとおりです。

  • 感情面の疲労:過度のストレス、孤独、気分が悪くなる、いらいらする、絶え間なく起こる悲しみ。不安感などが起こります。
  • 神経系の変化:うつ病は、中枢神経系の機能および構造の変化と関連しています。主に、ドーパミンとセロトニンという神経伝達物質の生成の欠陥や不規則さと関わりがあるとされています。
  • 認知障害:うつ病の人は、記憶や注意を伴う複雑な機能面での認知能力が低下する傾向があります。

これらの症状以外にも、うつ病は、遺伝的、生物学的、心理社会的な要因の影響を受ける可能性のある複雑な問題であることに注意することが重要です。

うつ病とスポーツの関係性について 落ち込む選手

うつ病とスポーツ

前述したように、スポーツがうつ病の治療に役立つという一般的な意見がありますが、これはうつ病という複雑に対して誤解をまねく可能性があります。

スポーツは抑うつ状態と戦い、予防するために使用できる多くの方法の一つであるのは間違いありませんが、奇跡的な効果をもたらしたり即効性のある治療法ではありません。

スポーツはうつ病の予防にどう役立つか?

次の要因により、スポーツはうつ病を予防するためのツールの一つと考えられています。

  • エンドルフィンの生成の増加:視床下部から分泌されるエンドルフィンという神経伝達物質には、鎮静作用があります。スポーツはエンドルフィンの生成を増加する効果があります。
  • 自尊心の改善:スポーツは心身の健康に良い影響を与えます。スポーツによって見た目が改善されると、自尊心を高めるのに役立ちます。
  • 社会的な絆の確立:前述したように、孤立と社会的無関心は、チームや団体スポーツで軽減することができる感情です。チームスポーツをすると、チームメイトやコーチから励まされ、やる気が高まります。
  • モチベーションの向上:スポーツを行う時には、自分に挑戦することができます。短期間で実現可能な目標を立て、それを達成することで、モチベーションを高めるのに役立ちます。

うつ病に良いスポーツは?

心理面において、うつ病は様々な原因に起因する病気です。

つまり、一人でスポーツを行うだけでは十分ではないため、次の基準を満たすスポーツを選ぶことをお勧めします。

  • 多様化したスポーツ:運動やスポーツルーティンは単調でないものを選びましょう。楽しく多様性のあるスポーツを選ぶことで、認知能力と運動能力を向上させる効果が期待できます。
  • 期待をしすぎない:スポーツだけではうつ病を治さないことに留意してください。

スポーツとうつ病の別の側面

スポーツがうつ病の緩和に役立つツールになる反面、一部の人はスポーツが原因でうつ病を引き起こすことがあります。

これは、スポーツに人生を捧げるプロのスポーツ選手に多く当てはまります。

スポーツに起因するうつ病

スポーツが原因でうつ病を引き起こす可能性があります。最も一般的な要因は次のとおりです。

  • 燃え尽き症候群:スポーツ選手が、自分のこれまでの犠牲や努力が無価値だと感じたり孤独を感じるときに、うつ病を発症するリスクが高まります。
うつ病とスポーツの関係性について 疲れを感じる女性

  • 怪我:多くのスポーツ選手は、怪我から回復する鍵は精神面だと考えています。不安がスポーツ選手を「暗い穴」の中に引き込むことがあります。また、接触するタイプのスポーツで脳震盪が起こり、進行性の認知機能低下と抑うつ症状につながる可能性があります。
  • スポーツからの引退:これまで自分が情熱を捧げてきたスポーツからの引退は、どの選手にとっても転機となります。引退に対して心の準備が十分にできていない選手の場合、うつ病に苦しむ可能性が高くなります。

結論として、スポーツがうつ病の緩和や予防に役立つツールであるのは、忘れてはいけない大切なポイントですが、プロのスポーツ選手にとっては、異なる影響を与える可能性があることにも留意しましょう。

うつ病は、さまざまな要因によって起こる深刻な病気です。 そのため、必ず専門医の診察を受けて適切な治療を開始することが不可欠です。

  • Amorosi, M. (2014). Correlation between sport and depression. Psychiatria Danubina, 26, 208-210. Recuperado de Scopus.
  • Nixdorf, I., Frank, R., & Beckmann, J. (2016). Comparison of athletes’ proneness to depressive symptoms in individual and team sports: Research on psychological mediators in junior elite athletes. Frontiers in Psychology, 7(JUN). https://doi.org/10.3389/fpsyg.2016.00893
  • Yrondi, A., Brauge, D., LeMen, J., Arbus, C., & Pariente, J. (2017). Depression and sports-related concussion: A systematic review. Presse Medicale, 46(10), 890-902. https://doi.org/10.1016/j.lpm.2017.08.013