詳しく知りたい:NBAドラフトの仕組み

27 10月, 2019
毎年恒例のNBAドラフトにおいてコミッショナーが使用するシステムは、幸運な3チームがドラフトの第1指名権を獲得できる抽選方法です。

1950年に、23歳未満のプレーヤーを球団が指名するためのシステムとしてNBAドラフトは生まれました。

1984−1985年のシーズン以来、NBAは毎年、世界最高のバスケットボールリーグの未来に影響を与える選手を選ぶロッタリーを行います。

NBAドラフトは、2ラウンドで構成されるアメリカの「ロッタリーシステム」で、毎年6月末に開催されますが、現在のNBAドラフトは、どのような仕組みになっているのでしょうか?

新しい才能をリーグに迎え入れるのに不可欠なのが、このドラフトです。

NBAドラフトロッタリー

NBAドラフトと呼ばれるロッタリーの手順は、数値の組み合わせによる複雑なシステムをベースにしています。

抽選の前に、それぞれの球団は、1〜14の中からランダムに数字が配置された4つの数字を受け取ります。

この数字は重複することはありません。

NBAドラフトの仕組み:透明性
Sportball様のご厚意により転載。

シーズン中のポジションとバランスに応じて、チームはより多くまたはより少ない数字の組み合わせを受け取ります。

最下位のチームには、250与えられ、一位のチームには5だけが与えられる仕組みです。

可能な1001の組み合わせのうち、1000の組み合わせが配布され、誰にも配布されていない組み合わせが抽選で現れた場合は、再度抽選を行います。

次はNBAドラフトロッタリーの詳細をご紹介します。

 

抽選の実施

ロッタリーそのものは、関係各球団の代表とNBA承認のジャーナリストのグループが見守る中で行われます。

トップ3の重要性

時間制限のある複雑なシステムを使用して、ボールに書かれた4つの数字を取り出します。

この数字により第1指名権を持つチームが決定します。

同じように抽選を繰り返して、第2指名権と第3指名権を持つチームが決まります。

NBAドラフトの仕組み:抽選
El Mundo様のご厚意により転載。

 

残りのチーム

最初に第3指名権を得られなかったチームは、シーズン終了時の順位に配置されます。

数字が書かれたボールが出てくる順番などを操作することは不可能だからという理由で、この方法が公式に採用されています。

NBAは、不正の疑いを払拭するためには、この方法が理想的だと考えています。

透明性を高めるため、NBAドラフトは、その様子がテレビで公開されるだけでなく、サイトでもその動画が公開されています。

テレビ放送

ここまで簡単に説明したNBAドラフトですが、ロッタリーが終了してから約30分後に、その結果が公開されます。これは、各チームのポジションが、翌月に発表されることを意味します。

このために、各チームの代表が召集され、テレビのショーを担当するNBAの副委員長の指示の下でテレビに出演します。

テレビの参加者は抽選の結果を知りませんが、公平さを保つために、チームの代表は携帯電話の使用を禁止され、情報がリークするのを防いでいます。

 

ドラフト完了後

ドラフト抽選が完了すると、NBAを構成する30チームのそれぞれが、翌月にポジションを発表します。

ここから、来シーズンに向けた短期、中期、または長期の目標という観点から最適な戦略に取り組み始めます。

来シーズンへの計画を建てる時には、選手のトレーニングプラン、移籍の可能性がある選手やその選手への選択肢などを含めた、現在の選手への評価や市場調査も行われます。

NBAドラフト:その後の行動

ドラフトが行われた日に先立ってトレードを行うのは稀ですが、シーズン終了後から、各チームは選手のトレードなどを行うことができます。

今回の記事が、北米バスケットボールリーグであるNBAのドラフトの仕組みを理解するのに役立つことを願っています。

複雑なシステムですが、とても興味深く面白いので、次回は注目してくださいね。