早すぎる死:若くして亡くなったスポーツ選手

14 3月, 2020
若くして亡くなったスポーツ選手についてご紹介します。彼らの思い出は、私たちの記憶と心の中に今でも生き続けています。

スポーツ界のスターが亡くなるのはとても悲しいニュースであり、さらに輝かしい未来が待っている若い選手の場合はなおさらです。

今回の記事では、多くの人にその早すぎる死を惜しまれた、若くして亡くなったあとも私たちの心に生き続けている、有名なスポーツ選手たちについてお話します。

若くして亡くなった才能のあるスポーツ選手

スポーツ選手が亡くなったニュースの中には、キャリアのピークに亡くなった人や引退後に亡くなった人もいます。

中にはスポーツ以外の場所で起こった事故によって亡くなった選手がいます。

1. アイルトン・セナ

F1チャンピオンに3回輝いたアイルトン・セナは、歴史上最速のドライバーの1人でした。

彼は1984年にドライバーとしてのキャリアを開始し、10年の間に優勝41回、表彰台80回、そして最速ラップ19回を獲得しました。

この悲劇は、1994年のサンマリノグランプリでウィリアムズチーム所属のドライバーとして運転していた時に起こりました。

当時34歳だったセナは、7周目のターンに失敗し、300 km / hでコースを離れました。

早すぎる死:若くして亡くなったスポーツ選手 アイルトンセナ

この衝撃により、深刻な頭部外傷を負い現場で気管切開を受けました。セナはすぐにヘリコプターでボローニャ病院に運ばれましたが、数時間後に死亡しました。

2. フローレンス・グリフィス・ジョイナー

世界最速の女性と呼ばれたジョイナーは、インディアナポリスでは100mを10.49秒で、一方、ソウル五輪では、400mをわずか21.34で走りました。

これは、長年誰も打ち破ることができなかった2つの記録を破るという素晴らしい成績でした。

早すぎる死:若くして亡くなったスポーツ選手 ジョイナー選手

これらの競技の後、ジョイナーは陸上競技から引退し、ビジネスとメディアの出演に専念しました。

しかし、1998年わずか38歳のときに、重度のてんかん性痙攣で自宅で亡くなりました。

3. アントニオ・プエルタ

アントニオプエルタは、 2004年にサッカーのプロ選手になるとセビージャでディフェンダーおよびミッドフィールダーとしてプレーしました。

早すぎる死:若くして亡くなったスポーツ選手 プエルタ
画像:Libertad Digital

2007年8月、プエルタはヘタフェとの試合中にピッチで心肺停止に苦しみました。職員は彼をロッカールームに連れて行きましたが、彼はそこでも数回失神しました。

その後、地元の病院に搬送されましたが、わずか22歳で亡くなりました。

4. マルコ・シモンチェリ

マルコ・シモンチェリは、MotoGPレース中に亡くなった若いドライバーの一人です。

イタリア出身のシモンチェリは2002年にデビューし、2008年には250ccの世界選手権タイトルを獲得しました。

しかし、2011年10月のマレーシアのセパンサーキットで、24歳の若い選手であるシモンチェリ(注目の画像を参照)は、バイクから転落しました。

シモンチェリが地面に倒れていた時、バレンティーノ・ロッシとコリン・エドワーズはコースを変えることができず、彼を轢いてしまいました。

マルコ・シモンチェリは、医師たちが45分間彼を蘇生しようと試みましたがその甲斐なく亡くなりました。

5. アレクシス・バスティーン

2008年北京オリンピックに出場したフランスのボクサーは、オリンピックでメダルを獲得するほどの才能を持っていましたが、アルゼンチンでの飛行事故により、28歳で亡くなりました。

リアリティ番組の撮影中に、彼はヘリコプターに乗り込み、後に別のヘリコプターに衝突しました。

ボクシング選手アレクシス
画像:Yahooニュース

6. ドラジェン・ペトロヴィッチ

ドラジェン・ペトロヴィッチ、ヨーロッパの最も重要なバスケットボール選手の一人でした。

1964年にクロアチアで生まれた彼は、そのプレースタイルで、NBA初の外国人選手となりました。

アメリカのポートランドトレイルブレイザーズでプレーし、後にニュージャージーネットでプレーしました。

ペトロヴィッチ選手

1997年6月、彼は代表チームとの練習でクロアチアにいたときに交通事故に遭い、その28年の短い人生を終えました。

視界が悪かったことや、正しくシートベルトをしていなかったことがこの事故の原因だと考えられています。

今回ご紹介したスポーツ選手以外では、フェルナンド・マルティン(サッカー)、ベシク・クドゥホフ(レスリング)、ダン・ヘルドン(モーターレース)、マルコ・パンタニ(サイクリング)、サミー・ワンジル(陸上)などがいます。

  • Chinchero, R. En el cementerio de Morumbí, Sao Paulo, Ayrton Senna está… vivo. Diciembre de 2019 – Motorsport https://es.motorsport.com/f1/news/cementerio-morumbi-sao-paulo-ayrton-senna/4612016/
  • Pelegrin, J. Doce años sin Antonio Puerta. Mundo deportivo. Agosto de 2019. https://www.mundodeportivo.com/futbol/sevilla/20190828/472998807/antonio-puerta-sevilla-muerte.html