フォーミュラワン:女性のF1ドライバー

4 11月, 2019
女性のF1は、男性ほどの人気はありませんが、実は存在しています。また近年では、才能のある女性ドライバーが増えているため、状況は常に変化しています。

女性のF1への参加は少なく、これまでは補助的な役割を果たす女性が、チームに何人かいる程度でした。

また女性ドライバーがレースに参加するのは、稀なケースをのぞいてほとんど一般的ではありません。

女性ドライバーは物理的な観点から見ても、男性ドライバーよりも不利だと考えられていましたが、F1に性別は無関係であり、運転技術の高さが大切だと女性ドライバーをサポートする人たちのおかげで、状況は常に変化しています。

女性ドライバーだけのレースもありますが、女性ドライバーは男性との混合レースでも問題なく戦うことができます。

大切なのは、F1という場所で女性も参加できるようなプラットフォームを作成して、十分な宣伝を行うことでしょう。

 

F1に女性がいない理由

F1の女性の割合は非常に低いですが、全く女性がいないわけではありません。そして逆に、カートレースにおいては多くの女性ドライバーが活躍しています。

F1レースではアシストステアリングがないため、その操作にかなりの力を必要となり、それが女性にとっては非常に難しいと考える人もいます。

ただし、女性が少ない理由はそれだけではなく、資金面、つまりスポンサーなどによるサポートの体制がまだ整っていないという現状があります。

10人の女性ドライバー

現在までに、わずか10人の女性がF1の厳しい世界に入ることができ、この10人の中の5人だけがレースに出場しました。

残りの5人はテストドライバーとして活躍しました。

F1の女性ドライバーの先駆者といえば、イタリア人ドライバーのマリア・テレーザ・デ・フィリッピスです 。

1958-1959年のシーズンでは、第2戦モナコGPに出走し、初めてF1にエントリーした女性ドライバーとなりましたが、この時は予選落ちとなりました。

その後、第5戦となるベルギーGPにも参戦すると、予選を19位で通過しF1デビューし、決勝でも、10位完走を果たしました。

フォーミュラワン:女性のF1ドライバー マリア・テレーザ・デ・フィリッピス
マリア・テレーザ・デ・フィリッピス/写真提供:El Confidencial

レラ・ロンバルディがマリアの成功に続きました。

レラは、F1史上、他のどの女性よりも多くのF1レースである合計17のレースに参加し、1975年F1スペインGPで6位入賞して0.5ポイントを獲得しました。

これは、女性としてはF1史上初の入賞記録であり、唯一得点を獲得した女性でもあります。

その後は、ディヴィナ・ガリシア、デザイア・ウィルソン、ジョバンナ・アマティという3人のドライバーが登場しましたが、彼女たちはレースに参加することはできませんでした。

スペイン人ドライバーであるマリア・デ・ビロタのように、歴史上に名前を残すことに成功した女性ドライバーがいます。

彼女は将来有望なドライバーでしたが、マルシャのテストドライバーとして重傷を負い、翌年に命を落としました。

将来有望な選手たち

F1において、女性ドライバーがその地位を確立するのは簡単なことではありませんが、F1チャンピオンになるという夢に向かって戦っている女性ドライバーたちがいます。

  • タチアナ・カルデロン:今年で26歳になるコロンビア人ドライバーであるタチアナは、F1において、ザウバーから名称変更したアルファロメオ・レーシングチームにおいて、引き続きテストドライバーを務めています。 GP3とF3での長いキャリアを持つ彼女でも、F1での地位を獲得するために現在も努力を続けています。
  • シモーナ・デ・シルベストロ:スイス出身のドライバーであるシモーナは、インディカーシリーズの69レースでデビューし、2位を獲得しました。彼女の夢はF1に出場して優勝することです。現在はポルシェと契約を交わし、2019-20年に行われるシーズン6からワークス参戦を開始するABBフォーミュラE選手権のテスト兼開発ドライバーに就任すると同時に、複数のラウンドに同行する予定です。
  • マルタ・ガルシア:2017年初頭、スペイン人のドライバーであるマルタは、ルノースポーツアカデミーの若手才能プログラムと契約しましたが、 9か月後にこのプログラムが継続されないことが決定しました。そのため、将来有望とされていたマルタですが、その将来は現時点では不透明です。
フォーミュラワン:女性のF1ドライバー カルメン・ヨルダ
カルメン・ヨルダ/写真提供:El Mundo

女性ドライバーによる選手権

元F1ドライバーであるバーニー・エクレストンは、引退前にF1における女性の存在を高めることへの支持を示しました。

また、女性向けの選手権の開催を提案しました。

F1における男女の不平等を解消するためには、女性向けのF1選手権を並行して創設するのも良いアイディアですが、これは逆に、男女の分裂を促進する恐れがあるとして、反対している人もいます。

そのため、女性ドライバー向けの選手権の開催については、現在でも議論が続いていますが、女性向けの選手権の開催によって、女性ドライバーが活躍する場が増え、最終的には男女の区別なくレースが行われるようになる第一歩になるのではというのが多くの人の意見です。

そのため、2019年に発足した女性ドライバーに限定したフォーミュラカーによるWレースには、多くの期待が寄せられています。