スポーツで血の巡りを良くしよう!

13 5月, 2020
定期的に、そして徐々に強度を上げて運動する習慣をつけると、血の巡りを改善することができます。さまざまな病気や問題を防ぐためには座ってばかりのライフスタイルは避けなければなりません。

特に40歳を過ぎると、血液循環が悪くなりがちです。これは血管がもともと持っていた柔軟性を失い、血液の流れが悪くなるためです。スポーツをすることで血の巡りをよくすることができるのをご存知でしたか? これはスポーツがもたらしてくれる様々なメリットの一つです。

血液の循環が悪いと、深刻な健康問題を引き起こしてしまう恐れがあります。多くの人が血の巡りについて心配するのはそのためです。この問題の解決、そして全般的な健康を維持するのにもスポーツはとても役に立ちます。

定期的にスポーツをすると、静脈還流が改善され四肢までしっかりと血が巡るので、血液循環が良くなります。以下、スポーツをすることで血の巡りが良くなる理由をさらに理解していくためのキーポイントをご紹介します。

血の巡りが悪くなる原因

血液循環は血を細胞に届けるということなので、身体にとって欠かすことのできないシステムです。ですので、私たちの健康の大部分が、その機能がうまくできているかどうかにかかっているのです。

座ってばかりの生活、遺伝的あるいはホルモンに関する要素、または喫煙などの悪習慣のために、歳をとるにつれて血液循環は悪い影響を受けていきます。何かがおかしいということを示す最もよくある症状は、足のむくみ、ぴりぴりするような感覚、四肢の冷え、そして脚に静脈瘤ができることなどがあります。

スポーツが血の巡りを改善する

すでに触れたように、運動は血の巡りにとても良い影響があります。運動を定期的に行うと、特に脚などの四肢へしっかりと血を送ることができるようになります。また、静脈還流にも良い影響があります。

スポーツをして血液循環が良くなると、静脈瘤ができるのを防ぐこともできます。この血管は見た目が良くないだけでなく、とてもイライラさせられる症状を引き起こしたり深刻な合併症につながることもあります。

血の巡りが良くなるスポーツのタイプ

スポーツは血の巡りを良くしてくれるといっても、すべてのスポーツがそれに適しているわけではありません。実際、スポーツの中には役に立つどころか害をもたらしてしまうものもあるのです。

血の巡りを良くするのに役立つスポーツがどんなものなのかを知りたい場合、基本の原則はそれが有酸素運動であるということです。つまり運動を一定時間続けなければならないので、中・長時間の運動である必要があります。ウォーキング、スイミング、サイクリングなどがこの目的にぴったりの運動です。

一方で短時間の運動はあまり役に立ちません。例えば短距離走者やバスケットボール選手の行うような運動は血液循環の改善には向きません。力を使ったり衝撃のあるようなスポーツもおすすめではありません。

また、足を地面に打ち付けるような運動は避けるべきです。地面に足を打ち付けると、その衝撃が静脈還流を妨げ、脚の中に血が残ってしまうのです。

こういった運動は身体を重く感じさせ、むくみなどが増えてしまうかもしれません。そのため、アスファルトの上を走ったり、足に合っていない靴を履いたりしないようにすることも大切です。

スポーツ 血の巡り

血の巡りを良くするのにお勧めのスポーツ

血の巡りを良くするためにお勧めのスポーツがありますのでご紹介します。

  • サイクリング:圧力をかけすぎず、リズムを保ってペダルをこぐことで、血液循環の改善に役立ちます。
  • ランニング:こちらも血の巡りが悪い方におすすめです。衝撃を抑えてモチベーションにもなってくれる良い靴が一足あれば始められます。膝や足への怪我をしないように、アスファルトの上を走るのは避けられるといいですね。
  • スイミング:これは体のために最も完成されたスポーツの一つです。血の巡りを改善するのにもってこいであり、心臓や肺にも多くのメリットがあります。
  • ゴルフ:意外かもしれませんが、ゴルフも血液循環の改善に役立つスポーツなのです。このスポーツを行う中で丘を登ったり降りたりして長距離を歩くことになるので、静脈還流を刺激するのにとてもいいのです。
  • ダンス:こちらも血液循環の改善にはぴったりです。クラシカルダンスでもコンテンポラリーダンスでも、ダンスホールでのダンスでも、血液循環を改善し柔軟性を高める素晴らしい方法です。さらに、人と交流したりリラックスしたりすることもできます。
スポーツ 血の巡り

ここでも、運動をすることは病気を防ぐ強い味方になるということがお分かりになったことでしょう。スポーツは血の巡りを良くし、体を強くし、それだけでなくリラックスして楽しい時間を過ごすことにもなります。みなさんもぜひ体を動かしましょう!