グラスコートで輝く:史上最高のテニス選手

25 10月, 2019
テニスの歴史において、グラスコートと呼ばれる天然芝のコートにおける試合を制する人が、多くのトーナメントを制しているようです。今回はグラスコートで輝く史上最高の選手たちについて分析を行います。

テニスの世界では、天然芝のコートであるグラスコートでのプレイは簡単ではありませんが、ウィンブルドン選手権では天然芝のコートで試合が行われるため、天然芝の上でもその力を発揮できる選手は、史上最高のグラスコートプレイヤーと呼ばれることがあります。

天然芝でのプレイをマスターするためには、各選手それぞれに独自の軌跡があり、選手によってその方法は異なりますが、共通するのは忍耐強さと卓越した勝つことへの思いです。

もちろん、天然芝向けの特定のテクニックを習得することも大切であり、天然芝を制することが歴史を作ると言っても過言ではないでしょう。

グラスコートにおける女性選手のパワー

グラスコートを制する女性テニス選手

グラスコートを制した史上最高の選手の中には、その軌跡が世界中で認められている卓越した女性選手が数名います。

彼女たちの名前は、テニスファンでなくても耳にしたことがあるのではないでしょうか?

最も有名なのはウィリアムズの姉妹で、妹のセレナ・ウィリアムズが7つの賞、姉のビーナス・スウィリアムズが5つを受賞しました

また、1999年に引退した元ドイツのテニス選手であるシュテフィ・グラフも史上最高の選手で、ウィンブルドングランドスラムで1988年、1989年、1991年、1992年、1993年、1995年、1996年の7回優勝しました。

 

グラスコートにおけるフェデラー選手の進化

史上最高のテニス選手と呼ばれることもあるロジャー・フェデラーについてご紹介します。

彼はウィンブルドンで7回、ハレ・オープンで8回優勝している、グラスコートで史上最も多くのタイトルを獲得している選手です。

スイス出身のフェデラーは、グラスコートでは152回の勝利と24回の敗北を記録しており、現在でも「史上最高のグラスコートテニス選手」と言う揺るぎない地位を確立していると言えるでしょう。

最高のサーブとボレースタイル持っているフェデラーですが、テニス界で最速と言われるコートにおいて、自分のサーブとバックハンドを活用し、そのパフォーマンス力を維持しながら進化させました。

天然芝のコートで試合を行う選手

コートの王様:ピート・サンプラス

テニス界でフェデラーがその頂点に立つ以前は、主にグラスコートでは、ピート・サンプラスが最高の選手と呼ばれていました。

強力なサーブとボレースタイルを持つ選手であるサンプラスは、天然芝での試合に強く、ウィンブルドン選手権では7回優勝しています。

また彼は、同じトーナメントから7つのグランドスラムを獲得したオープン時代の最初の選手としても知られています。

ウィンブルドントロフィーに加えて、他のグラスコートの試合でも様々なタイトルを獲得したサンプラスは、101勝20敗の記録を持っています。

ピート・サンプラスは、自分の全盛期ならばロジャー・フェデラーを破ることができたかもしれないと語りました。

「ロジャーは、グラスコートでは本来のサーブとボレーの力が発揮できていないと思う。私がもし彼と試合をしたら、彼を不快にさせることができると思います。サーブを打ち、彼のバックハンドにプレッシャーをかけ、そこから試合を進めるのが理想ですね。90年代半ばならば、グラスコートで僕に勝てると思っていた人はいなかったと思います。あの頃の自分ならロジャーを倒すことができるかって?もちろんですよ。」

–ピート・サンプラス–

気難しいが素晴らしい選手:ジョン・マッケンロー

気難しい性格の選手だと言われたジョン・マッケンローですが、当時は、グラスコートのおいては史上最高の選手の1人だと考えられていました。

アメリカ出身のマッケンローは、グラスコートでは、合計121勝とわずか20敗と言う記録を持っています。

ウィンブルドンでは3回優勝し、8つの様々なタイトルを保持する選手です。

 

アイスマン:ビヨン・ボルグ

グラスコートを制するテニス選手

最後にご紹介するのが、絶対に忘れてはいけないビヨン・ボルグ選手です。

彼は先例を破り、クレイコートとグラスコートのどちらも得意な選手です。

スウェーデン出身のビヨン・ボルグは、グラスコートで6つのタイトルを獲得していますが、そのうちの5つはウィンブルドン選手権のトーナメントでの連続勝利です。

ビヨン・ボルグボーグのサーブとボレースタイルが、クレイコートとグラスコートの両方を克服するのに役立ち、61勝11敗という記録を保持したまま、26歳の若さで引退しました。

もちろん、今回ご紹介した選手以外にもクレイコートを制した選手は多くいますが、今回ご紹介した選手たちは、世界レベルの史上最高のグラスコート選手と呼ぶことができるでしょう。