牛乳の代替品:人気の植物性ミルクについて

20 2月, 2020
最近では、植物性ミルクがスーパーなどでも手軽に手に入るようになりました。植物性ミルクは、従来の牛乳の代替品にお勧めの飲み物です。

植物性ミルクは、主に乳糖不耐症に苦しむ人々やベジタリアンやビーガンなどの食事法を実践する人に人気の飲み物ですが、乳糖不耐性や食生活に関係なく、すべての人に健康的な選択肢の一つです。

ここからは、一般的な植物性ミルクとその特徴をご紹介します。植物性ミルクの種類は豊富で、選択肢が多いこともお勧めの理由の一つです。

1. 豆乳

植物性ミルクの中で最も一般的なのが豆乳です。

プレーンなものから、バニラやチョコレートなどの風味がついた豆乳まで、様々な種類の豆乳が販売されています。

牛乳の代替品:人気の植物性ミルクについて 豆乳

牛乳の代替品として植物性ミルクを選ぶ時には、糖度の高さを確認する必要があります。

特に糖尿病の人は、プレーンタイプの天然の豆乳を購入してください。

牛乳と同様に、豆乳には大量のタンパク質と炭水化物が含まれているだけでなく、食物繊維、カルシウム、ビタミンBも豊富に含まれています。

そのため、お勧めの健康的な植物性ミルクの一つと言えるでしょう。

2. ライスミルク

ライスミルクは、米粉と米タンパク質から作られています。

消化不良の人には、特にライスミルクがお勧めです。植物性ミルクの中でも、ライスミルクが特に消化されやすいと考えられています。

ライスミルクには、病気の予防に役立つマグネシウムやセレンなどの抗酸化物質が含まれているため、免疫力を高める効果も期待できます。

3. ココナッツミルク

これまで、ココナッツミルクはあまり知られていない植物性ミルクでしたが、最近ではその人気が高まっています。

ココナッツは、そのまま果物や食べ物として、飲み物として、そしてスキンケアなどの材料として使われます。

牛乳の代替品:人気の植物性ミルクについて ココナッツミルク

ココナッツミルクは、ココナッツという果物の果肉から作られていますが、理想の濃度になるまで水で希釈します。

ココナッツミルクの主な特性は、リンやカルシウムなどのミネラルの含有量が高いことである一方、主な欠点は、植物性ミルクの中で最もカロリーが高いことです。

これは、ココナッツミルクには飽和脂肪酸と炭水化物が含まれているからですが、ココナッツミルクが不健康な飲み物であるという意味ではありません。

適量を守って飲む場合は、牛乳の健康的な代替品となるでしょう。

4. アーモンドミルク

アーモンドミルクは、トーストしたアーモンドの皮を取り除き、水と一緒に混ぜて作ります。

主な成分はアーモンドなので、炭水化物の優れた供給源ですが、市販のアーモンドミルクは、水を加えると同時にそれ以外の成分を加えていることがあるため、手作りではないアーモンドミルクの中には、完全に自然な選択肢とは言えない製品もあります。

一般的なアーモンドミルクには、健康上の多くの利点がありますが、糖度が高いという大きな欠点があります。

市販品を選ぶときには、砂糖が添加されているかなど、その成分を注意深く調べることをお勧めします。

乳糖不耐性、ベジタリアン、ビーガン、または健康のために牛乳の代替え品をお探しの方は、植物性ミルクをお試しください、

最近では味もおいしくなっており、従来の乳製品とほとんど変わらない風味の植物性ミルクを楽しむことができます。