ココナッツオイルのいろいろな効果について学ぼう!

8 7月, 2019

ココナッツオイルは主に飽和脂肪酸でできています。この脂肪酸が成分のほぼ90%を占めています。この飽和脂肪酸は体に悪いと思われがちですが、実は体には多くの効果があるのです。

ココナッツオイルは多くのことに使用されています。例えばデザート、シェイクやシリアルバーにも使われています。その他にもいろいろな効能や用途があります。この記事を読んで一緒にココナッツオイルについて勉強しましょう。

ココナッツオイルの成分

飽和脂肪酸に加え、ココナッツオイルには不飽和脂肪酸、ビタミンKとE、そして鉄分が含まれています。ココナッツオイルの一番の特徴はその多様性です。ここではこの驚くべき食品のその多様性について説明していこうと思います。

ヘアーコンディショナー

ココナッツオイル

ココナッツオイルは毛細血管を活性化させます。また定期的に使用すると髪の毛を明るく強くし、健康にします。とても脂肪分の多い製品ですが、髪の毛にはとても効果的です。以下に使用方法を紹介したいと思います。

  1. シャワーを浴びる1時間前に、髪の毛に大さじ2杯のココナッツオイルを塗ります。髪の毛が濡れている必要はありません。全ての髪の毛に馴染むように全体に染み込ませます。塗り終わったらタオルで頭を巻きます。1時間後、いつも通りお湯で髪をゆすぎ洗います。
  2. また縮毛にも効果があります。髪をクシでといて家を出る前に手に少しココナッツオイルを塗って髪になじませます。この時髪を洗う必要はなくオイルがヘアーラッカーの様な役割をし、髪を守ります。

ボディーローション

スーパーマーケットや専門店で見つけることができると思いますが、多くのボディークリームはココナッツからできています。ココナッツオイルは抗生物質で抗菌作用もあり、シワやシミをを防ぐ効果があります。

このように脂分が多いので簡単に肌に染み込みやすく、深い肌の層まで届きやすい特徴があります。敏感肌、荒く炎症をこしやすい肌にも効果的です。

自家製のココナッツボディクリームも作ることができます。ココナッツバター3に対してココアバター1を用意し、これをよく混ぜたら出来上がりです。

古い角質を落とす

ココナッツオイルは自然に角質を落とす効果があります。ここでココナッツオイルを使った角質落としの作り方を紹介します。これを使うと肌を綺麗にするだけではなく、肌を再生する働きもあります。

  1. 温かいお湯で石鹸を使い顔を洗います。こうすることで肌が綺麗になり、お湯で洗ったため毛穴が開きます。
  2. コップに砂糖を入れ、ここにココナッツオイル大さじ2杯を加えます。
  3. これを顔に塗って軽くマッサージをします。
  4. オイルを塗ったまま10分間放置します。
  5. その後、綿の布などでオイルを落とし、再度温かいお湯で顔を洗います。

料理の材料

ココナッツオイル

このオイルは料理にも使うことができます。ココナッツオイルを入れ物に入れて台所に置いておくと良いでしょう。簡単にどんな料理にも使うことができ、その効果を楽しむことができます。以下に使用方法をあげます。

  • 小さじ1杯ほどをハーブティー、紅茶、またコーヒーに入れます。飲み物が美味しくなり飲みやすくなると思います。食生活に簡単にココナッツオイルを取り入れることができる方法の1つです。
  • 炒め物に使うこともできます。この使い方はあまり知られていませんが、ぜひ試してみて下さい。ココナッツオイルを使うと炒め物がさらに美味しくなります。
  • サラダのドレッシングとしても使用できます。ココナッツオイルを簡単に使うもう1つの方法は、サラダにかけて食べることです。オリーブオイルの代わりにココナッツオイルを大さじ数杯かけると良いでしょう。

ここで紹介した3つの方法だけではなく、ココナッツオイルを野菜のソテー、シェイクやシリアルバーにも使うことができます。このオイルは多くの料理に使用でき、また多くの効果があるため、ぜひ日常で使用してみて下さい!