パドルテニスにおける水分補給の役割

17 10月, 2019
多くのスポーツや運動と同様、パドルテニスを行う時には水分補給が欠かせません。トレーニングの前、トレーニング中、そしてトレーニング後に正しい方法で水分を補給する方法をご覧ください。

私たち人間の体は、およそ60%が水で構成されているため、水分補給が不可欠です。

一日を通じて私たちは水分を失うため、正しい量の水分をこまめに補給する必要があります。

パドルテニスに関しては、基本的に屋外で行うスポーツなので、体内から失われる水分はかなりの量になる可能性があります。

今回の記事では、スポーツ全般、特にパドルテニスにおける水分補給の果たす役割をご紹介します。

スポーツを行う時には、いつ水分補給をするべきか、そしてどのくらいの量を飲むべきなのかを確認してください。

水分補給の重要性

誰もが、一日中適量の水分を補給する必要があります。

トイレに行くたび、または汗をかくたび私たちの体は体液を失うため、しっかりと補給することが大切です。

1日に2リットルの水を飲むべきだという説を聞いたことがありますか?

これは「目安」であり、簡単に2リットル飲むことができる人もいれば、本当に辛く飲みきれない人もいます。

水を飲むのが簡単ではなく「難しい」と考える人は、他の液体などと合わせるのもお勧めです。

この場合は、アイソトニック飲料か天然ジュースが最も良い選択肢でしょう。

ただし、すでに加工されて包装されているジュースや炭酸飲料は、砂糖や添加物の過剰摂取につながるため避けてください。

体に必要な水分を飲まないと、熱中症や日射病、そして失神など、体に深刻な悪影響を及ぼす可能性があることを、真剣に考えてください。

常に水筒などに入れた水を持ち歩くことで、脱水症状が起こる前に常に水分を補給することができます。

今回の記事では、スポーツ、特にパドルなどの強度が高く激しいスポーツを行う場合の水分補給について説明します。

パドルテニス時の水分補給について

パドルテニスにおける水分補給

屋外で行うスポーツであるパドルテニスは、水分補給が必要なスポーツの1つです。

夏の間は、その暑さでめまいや失神などが起こるリスクが高まるため、選手の健康とパフォーマンス力を維持するため、常に身体に水分を補給することが大切です。

ここからは、パドルテニスを行う場合に従うべき水分補給のガイドラインをご紹介しましょう。

 

トレーニング前

パドルテニスを行う前に、まずは体を準備する必要があります。

トレーニング前には、少なくともコップ2杯の水またはアイソトニック飲料を飲みましょう。

運動中に胃が重くならないためにも、運動を行う1時間以内に飲む必要があります。

トレーニング中

トレーニング中に飲む水の量は、トレーニングの長さによって異なります。

運動を行う時間が長くなれば失われる水分も増えるため、より多くの水を飲む必要があるでしょう。

運動の種類を変えるタイミングで、一口ずつ飲むのをお勧めします。

少しずつ飲むことで、体が重くなるのを避けながら、失われがちな体内の水分を補給することができます。

運動中に水を飲むとガスが出るという人もいますが、この事実は科学的に証明されていないため、現時点では間違った情報です。

トレーニング後

ここまででご紹介したトレーニング前とトレーニング中の水分補給を正しく行った場合は、トレーニング後の脱水は中程度になります。

トレーニング後は、失った水分をしっかりと補給する時間です。

ここまでで2回水分補給をしているので、ここでは、リラックスして体を休めながら、水や天然果汁を飲みましょう。

パドルテニスは比較的激しい運動なので、失われた水分やミネラルを十分に補給する必要があります。

体の健康維持のためにも、常に適量の水分を補給することを忘れないようにしましょう!