美味しく健康的なグリークサラダを作ってみよう!

23 6月, 2019
グリークサラダは多くの人に好まれ食べられているサラダです。

グリークサラダはギリシャで生まれたサラダで、ギリシャでよく食べられているさまざまな野菜などをふんだんに使って作られます。基本的に使われるのは、トマト、きゅうり、ピーマンと赤玉ねぎです。また塩、黒コショウ、オレガノで野菜を混ぜ合わせ、オリーブオイルをかけて食べるのが一般的に好まれています。

これに加えて、フェタチーズ、ケッパー、またカラマタオリーブを加えることもあります。グリークサラダに、一般的なサラダで使われるレタスが入っていることは珍しいです。

レタスを使ってグリークサラダを作ることもできますが、通常のサラダとはまた違ったサラダになります。この場合、レタス、ねぎ、新鮮なイノンドを使用し、オリーブオイルと酢、またはレモン果汁で味付けをします。

いろいろなグリークサラダ

材料

  • トマト
  • きゅうり
  • 玉ねぎ
  • コショウ
  • ピーマン
  • フェタチーズ
  • ブラックオリーブ(カラマタ)
  • オレガノ
  • オイル
  • ケッパー

作り方

他のサラダ同様、作り方は簡単です。四角く切ったトマト、皮を剥きスライスしたきゅうり半分、皮をむいて細かく切った玉ねぎ半分、ブラックオリーブ、ピーマン、ケッパー、スライスしたフェタチーズ、そしてオレガノ少々をボールに入れます。

そして黒コショウ、オイルと塩で味付けをします。グリークサラダは栄養満点で夏の暑い日には最適なレシピで、体を冷やす効果があります。またヘルシーな野菜を使ったサラダなので低カロリーで美味しいサラダになります。

フェタチーズ

フェタチーズは、ヤギと羊のミルクを混ぜたチーズでギリシャで生産される伝統的なチーズになります。優れた風味と、加工されていない真っ白で綺麗な色をしたこのチーズは、美味しく低カロリーのチーズです。

熟成させるために、木製、またはアルミニウム製のコンテイナーに入れて保存します。この熟成過程は2つの過程を経ます。1つ目は、湿気の多い場所に15日間程置きます。2つ目は、30日間一定温度が保たれた冷蔵庫で保存します。一切このフェタチーズには保存料は使用されていません。

カラマタオリーブ

このカラマタオリーブの名称は、同じ名前のギリシャにある地域の名前から来ています。この地域でこのオリーブの栽培が盛んになりました。

またこの肉厚なオリーブは甘さと塩気の両方の味を持ち、アーモンド形をしています。また他のオリーブと違うのはその色です。熟れて摘む季節になると、色が紫になります。特に塩水、油、ワインビネガーにつけるとさらにその色が変わります。

この独特で風味の良い味は前菜に最適です。前菜だけではなくさらにサラダ、パスタ、また米料理にも使われ、風味や色を添えてくれます。

美食家をうならせるほど美味しいこのカラマタオリーブはさらにとっておきの効果があります。私たちの体内のコレステロール値を正常にする働きがあり、またビタミンEと体に効果的なカルシウムやミネラルも多く含むため栄養豊富な食べ物です。