すべてのアスリートにとって重要なカリウムについて

21 3月, 2020
今回は、アスリートの食生活において欠かせない、カリウムの真の重要性について説明します。また、食事や栄養プランを作る時に役立ついくつかのヒントもご紹介します。

カリウムは、アスリートだけでなく、スポーツや運動をする人にとって重要なミネラルです。

今回は、ミネラルの一つであるカリウムの利点とカリウムが多く含まれている食品をご紹介します。

実は、専門家が推奨するカリウムの必要摂取量を毎日摂取するのは、さほど難しいことではありません。

特にサプリメントなどの栄養補助食品を使用すれば、より手軽に摂取できます。

身体の回復に不可欠な栄養素

運動をすると、汗とともに多くの栄養素が失われるため、激しい運動を行う場合は特に、栄養素の補給が必要です。

また、激しい運動中に失うカリウムを補給して体を回復させるために、運動を少し休む必要があるかもしれません。

カリウムの補給に最も良い方法が、カリウムが豊富な食品を食べたり飲んだりすることです。

カリルムが不足した時に正しい方法で補給しないと、筋肉は神経インパルスを生成する能力を失い、私たちが必要とするフィットネスニーズに体が十分に応えることができません。

つまりスポーツや運動パフォーマンスに影響を与える可能性があります。

カリウムを補給する方法は、自然に摂取する方法とサプリメントなどの栄養補助食品を使用する方法の2つがありますが、可能な限り、食品から摂取することをお勧めします。

これは食品源からカリウムを摂取することで、私たちの身体はよりカリウムを吸収するからです。

筋肉のけいれん効果を発揮する

激しい運動を長時間行うと、筋肉がけいれんして足がつるなどの症状が現れます。

例えば、テニスの試合などで選手の足がつって試合が中断したのを見たことはありませんか?

また、テニス選手がバナナを食べているのを見たことがある人も少なくないでしょう。

これは、カリウムに筋肉の痙攣を予防する効果があると考えられているからです。

すべてのアスリートにとって重要なカリウムについて 足の痙攣

カリウムが豊富に含まれているバナナは、より効果的に多くのカリウムを摂取する時に最適な食品の一つです。

けいれんを防ぎ、筋肉をリラックスさせて、神経インパルスを生成し続けることができる自然な方法です。

カリウムが豊富な食品

アスリートにとってのカリウムの利点を学んだ後は、カリウムが豊富に含まれている食品をご紹介します。

カリウムというミネラルは、毎日の食事に手軽に取り入れることができる食品に含まれているため、必要摂取量を毎日食事に取り入れるのはさほど難しいことではありません、

バナナ

カリウムを多く含む食品をあげてくださいというと、「バナナ」と最初に答える人は多いでしょう。

実際にバナナには多くのカリウムが含まれている食品で、バナナ100グラムあたり358ミリグラムのカリウムが含まれています。

食べやすく、スポーツバッグなどのカバンの中に手軽に入れて持ち運ぶことができるバナナは、スポーツの試合中に食べている選手を見ることが多いことからも、その人気がわかるでしょう。

カルドンチェッロ

イタリア料理に使われることが多いカルドンチェッロには、100グラムあたり400ミリグラムのカリウムが含まれています。

冬に収穫される野菜で、健康的で美味しく簡単に調理できます。

塩とハムを加えてフライパンでソテーするだけで、バランスの取れた一品が完成します。

じゃがいも

じゃがいもにカリウムが豊富に含まれているのを知らない人も少なくありませんが、じゃがいも100グラムには420ミリグラムのカリウムが含まれています。

じゃがいものレシピは多彩なので、あえてここで言及する必要もないかもしれません。

万能な食材であるじゃがいもを、ぜひ多様な料理でお楽しみください。

芽キャベツ

芽キャベツは好き嫌いが分かれる野菜かもしれませんが、カリウムが豊富に含まれていることを覚えておく必要がある野菜です。

芽キャベツには、100グラムあたり約450ミリグラムのカリウムが含まれています。

アボカド

バナナとともに、カリウムが豊富に含まれている果物として知られているアボカドには、100グラムあたり約490ミリグラムのカリウムが含まれています。

サラダや最近人気のアボカドトーストとして、生のまま食べることができます。

すべてのアスリートにとって重要なカリウムについて アボカド

定期的にスポーツをする場合、カリウムは食事に加える必要があるるミネラルです。

今回ご紹介したのは、カリウムを含む食品のほんの一部です。

毎日の食生活の中に必要なカリルムを取り入れることで、パフォーマンス力と運動からの回復時間が改善され、すぐに効果を実感することができるでしょう。