ベンチプレスのテクニックと効果

21 6月, 2019
筋肉を肥大させ、抵抗力と強度を上げるベンチプレスは、主にボディビルダーが使用します。しかし、この運動はリスクを伴うことがあることを知っておきましょう。怪我を避けるためにも、技術を身に付けることが重要となります。

ベンチプレスはジムで最も人気のある運動の一つで、その効果も絶大です。しかし、やり方を熟知して気をつけて行わなければいけません。そこで今回は、ベンチプレスのテクニックとその効果についてお伝えします。さあ、一緒に勉強しましょう!

ベンチプレスは、胸と腕の筋肉を強化する運動です。デッドリフト、スクワットと並んで、パワーリフティング競技の3種目のうちの一つです。これは誰もができる訳ではありません。ベンチプレスの準備ができていることを証明するには、それまでの経験と体調が整っていることが条件となります。

テクニックに関するポイント

難易度に関係なく、すべての動きを正確に行うことが大切です。そうすることで、痛み、怪我、骨折を防ぎ、筋肉が誤った動きを記憶することも防げます。

ベンチプレス

つまり、テクニックがすべてなのです。あなたも、自分のやり方を疑わずに長年ベンチプレスを続けていませんか? これから紹介するポイントをチェックして、間違いを見つけて正しい方法を身に付けましょう。

足の位置

スクワットほどベンチプレスでは足の位置は重要ではありませんが、正しいフォームを知っておくことは大切です。しっかり踏ん張るために足は土台となります。

足を平行に保ちます。片方の足を前後に出さないでください。また近すぎたり離しすぎたりもよくありません。足の裏を完全に床につけることで、床から体の他の部分に向かって力が生み出されます。

バーの下

バーに対する体の位置は、個々の体型によって変わってきます。バーを外しやすい場所に座りましょう。ただし、ピンを叩ける場所まで下がってはいけません。背中はまっすぐ。運動中は可能な限りまっすぐに保ちます。最も重要なのは、バーベルを上げる際に、首を曲げたり首に力を加えないことです。

バーベルの握り方

決意と自信を持ってバーを掴みましょう。腕はまっすぐ伸ばし肩幅に広げます。手のひらでバーを掴み、指をバーに完全に巻き付けます。バーが手のひらより指の方に乗っている場合、手首が後ろに曲がる可能性が高くなります。これは大きな間違いです。

楽にベンチプレスを行うには

ベンチプレスを成功させるには呼吸も重要な要素です。バーを掴んだらラックから外し胸の近くでしっかりと持ちます(前腕が90度に曲がるようにします)。ここで息を吸ってバーを持ち上げます。安定性を維持するには、床を押すようなイメージで足で踏ん張るといいでしょう。

ベンチプレス

試してみる価値があります

ベンチプレスは多くの努力を必要とする過酷な運動ですが、やってみる価値があります。だからジムで人気があるのです。バーを持ち上げることを怖がることはありません。自信を持って試してみてください。

ベンチプレスをすることにためらいを感じているなら、次に挙げる効果を読んでみてください。きっと気が変わることでしょう。

  • ベンチプレスをすると推力が増します。
  • 胸筋と上腕三頭筋が引き締まります。
  • 筋肉を鍛えることで骨が健康になります。
  • 前鋸筋が強くなります。
  • 筋肉を大きくしたければ最適なエクササイズです。

そして、Tシャツが似合うようになります! こうした効果を得るには、正しい技術でベンチプレスを行うためのステップを守ることが重要です。しっかり栄養を摂ることはもちろん、筋トレの前にしっかりウォームアップすることも忘れずに。これであなたもパワーリフティングの世界へ仲間入りです!

  • Chulvi Medrano, I., & Díaz Cantalejo, A. (2008). Eficacia Y Seguridad Del Press De Banca. Revisión. Revista Internacional de Medicina y Ciencias de La Actividad Fisica y Del Deporte8(32), 338–352.
  • Roberto, H.-R., Juan Manuel, G.-M., Fajardo Julio, T., Santana Francisco, O., Melián Francisca, V., & Marrero Ignacio, G. (2001). Actividad electromiográfica del músculo pectoral mayor en los movimientos de press de banca inclinado y declinado respecto al press de banca horizontal. Apunts. Medicina de l’Esport36(136), 15–22. https://doi.org/10.1016/S1886-6581(01)75989-0
  • J . Azael Herrero Alonso, D. G. L. (2002). FUERZA MÁXIMA ISOMÉTRICA EN PRESS DE BANCA. Psicología de La Actividad Física y El Deporte: Perspectiva Latina, (1990), 271–279.